2014年09月30日

【マッサン】初回視聴率21.8%の好スタート

【マッサン】初回視聴率21.8%の好スタート
2014年9月30日

9月29日よりスタートしたNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』(月〜土 前8:00 総合ほか)の初回平均視聴率が21.8%だったことが30日、わかった。前々作『ごちそうさん』(全150回、期間平均22.4%)、前作『花子とアン』(全156回、期間平均22.6%)の2作連続で最近10年間の最高を更新するなど、ここ数年、期待に応え、期待を超えてきた“朝ドラ”。『花子とアン』の初回と同じ21.8%の好スタートを切った。関西地区の初回は19.8%(『花子とアン』は18.1%)だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ(記載がないものはすべて関東地区)。

「外国人の嫁は認めません!」朝からピン子!最強の姑登場

 シリーズ第91作目にして初の海外からのヒロインを迎えた“冒険作”ともいえる今作は、ニッカウヰスキーの創業者であり、日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝さんと妻のリタさんをモデルにした“夫婦の奮闘記”。俳優の玉山鉄二(34)と、米女優シャーロット・ケイト・フォックス(29)が主役夫婦のマッサンとエリーを演じる。

 物語は、国産初のウイスキー製造のために、本場スコットランドへ渡ったマッサンこと亀山政春が、2年の修業を終え、本場の技術と知識、そして嫁さんエリーを連れて意気揚々と帰国するところから始まった。広島・竹原で代々日本酒の造り酒屋を営むマッサンの実家の母(泉ピン子)は大激怒し、「外国人の嫁などありえん!きっぱり別れて家業を継げ!」と、いきなり大波乱の幕開けとなった。

 王道にして斬新なストーリーを紡ぐのは、脚本家の羽原大介氏(49)。映画『パッチギ!』や『フラガール』のヒット作で知られ、同局ではドラマ『とんび』『かすてぃら』などを手がけている。音楽は、映画『わが母の記』(2012年)で第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞した新鋭・富貴晴美(29)が担当。そして、中島みゆきが優しく、力強く歌い上げる主題歌「麦の唄」が、日本の朝に元気を届けていく。

 放送開始にあたって、櫻井賢チーフプロデューサーは「ドラマのテーマは“あきらめない”こと。ウイスキーづくりに生涯をかけたマッサンと、夫の夢を支え異国で生きることを決意したエリーには、次々と困難が押し寄せます。“朝ドラ”初の海外からのヒロインを迎え、撮影現場も“あきらめない”挑戦への熱気があふれています。二人の愛と冒険の物語、最後まで大いに笑って大いに泣いて楽しんでいただければ幸いです」とコメントを寄せた。

◆最近のNHK連続テレビ小説(ヒロイン女優)の初回視聴率

2014年前期 『花子とアン』(吉高由里子)21.8%

2013年後期 『ごちそうさん』(杏)22.0%

2013年前期 『あまちゃん』(能年玲奈)20.1%

2012年後期 『純と愛』(夏菜)19.8%

2012年前期 『梅ちゃん先生』(堀北真希)18.5%

2011年後期 『カーネーション』(尾野真千子)16.1%

2011年前期 『おひさま』(井上真央)18.4%

2010年後期 『てっぱん』(瀧本美織)18.2%

2010年前期 『ゲゲゲの女房』(松下奈緒)14.8%

【マッサン】玉山鉄二、朝ドラ初出演にして初主演「自分に期待している」


タグ:マッサン
posted by ぴかまま at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

「花子とアン」視聴率22・6% 関東では過去10年で最高

「花子とアン」視聴率22・6% 関東では過去10年で最高
2014.9.29 11:45

27日に放送が終了した NHKの連続テレビ小説「花子とアン」の全156回を通じた平均視聴率が関東地区22・6%、関西地区21・6%で、関東地区では過去10年で最高を記録したことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東地区での20%超えは、「あまちゃん」「ごちそうさん」に続き、3作連続。最終回の平均視聴率は関東地区22・3%、関西地区22・8%だった。

 3月31日放送の初回視聴率は関東21・8%、関西18・1%だった。

 主役の村岡花子を演じた吉高由里子さんは「半年間、朝の貴重な15分を『花子とアン』のためにさいてくださった皆さま、本当にありがとうございました。花子として過ごしてきた時間は心から、いとおしい日々でした。多くの皆さまに支えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。また、お会いできるときまで、心を込めて『ごきげんよう、さようなら』」とのコメントを出した。

吉高由里子、花子にお別れ「さよなら」 ツイッターで感謝の気持ち綴る
「花子とアン」クランクアップ 花子役の吉高さん「本当に幸せな毎日でした」

仲間由紀恵:7年愛育み「機熟した」14歳差田中哲司と結婚
タグ:花子とアン
posted by ぴかまま at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2014年09月26日

フジ・ショーパン「めざまし婚」 番組で入籍報告

フジ・ショーパン「めざまし婚」 番組で入籍報告
2014.9.26 10:06 [結婚&交際]

“ショーパン”の愛称で知られるフジテレビの生野(しょうの)陽子アナウンサー(30)が、同期入社の中村光宏アナウンサー(30)と26日に結婚したと発表した。2人が出演する同局朝の情報番組「めざましテレビ」内で報告した。

 この日は平成22年10月からメーンキャスターを務めるなど7年間、同番組を担当した生野アナの最後の出演とあって、番組後半にはこれまでの活躍を映像で振り返った。その後、中村アナが「本日婚姻届を提出してまいりました。これからもさらに助け合って、努力してまいります」と結婚を報告。2人で頭を下げた。

 生野アナは29日から「スーパーニュース」(月〜金曜、午後4時50分)のメーンキャスターを務めることが決まっている。

 2人が連名で、同局を通じ発表したコメントは次の通り。

 「2007年にフジテレビに入社して以来、アナウンサーとして同じ目標に向かい邁進し、励まし合い、支え合って参りました。また、どんな時でも明るく前向きな時間を共有する中で、ごく自然な流れで交際が始まり、本日結婚に至りました。ともに30歳を迎え、これまで以上に仕事に励んで参ります。今後も変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます」
posted by ぴかまま at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ

2014年09月24日

『HERO』、全話平均21.3%で今年連ドラトップ! スタッフ「励みになった」

『HERO』、全話平均21.3%で今年連ドラトップ! スタッフ「励みになった」


木村拓哉が主演を務めたフジテレビ系ドラマ『HERO』の最終回(21:00〜22:24)が22日に放送され、視聴率22.9%を記録したことが24日、明らかになった。
全11回の平均視聴率21.3%は、2014年ゴールデン、プライムタイムに放送されている全レギュラー番組の中でトップの記録。瞬間最高視聴率25.3%は22時7分頃のクライマックスシーンで、南雲被告の公判において久利生が真実と正義を求める発言を受け止めた後、証人の国分(井上順)が15年前の真実について告白を終え、久利生が「検察からは以上です」と発言を締めくくる場面だった。

2001年以来13年ぶりに復活した同作は、東京地検城西支部を舞台に、木村扮する検事・久利生公平とそこに所属するメンバーの群像劇を描いたシリーズ。故・児玉清さんが演じていた鍋島利光の後任として牛丸豊(角野卓造)が次席検事に昇格し、13年前と変わらず事務官を務める末次(小日向文世)と遠藤(八嶋智人)、警備から事務官に昇格した井戸(正名僕蔵)のほか、北川景子、杉本哲太、濱田岳、吉田羊、松重豊らが新キャストに加わった。

2014年7月14日の初回放送は、視聴率26.5%、瞬間最高視聴率28.6%。その後も、20%前後を推移し、全10回平均で21%を記録していた。有終の美を飾ったことを受け、プロデューサーの渡辺恒也氏は「13年ぶりの連ドラにも関わらず、シリーズを通してこれほど多くの方に支持していただけて、スタッフ・キャスト一同、本当に励みになりました。『HERO』は検察という現場で働く人たちの物語でしたが、このドラマを通じてそれぞれの仕事や日々の生活の中で、前向きでいることの力強さを感じてもらえていればうれしいです。最後まで応援してくださってありがとうございました!」と喜びのコメントを寄せている。


『HERO』最終回、検事のあり方を描き抜くも"余力残し"? 麻木が検事を目指すもう一つの理由とは | マイナビニュース

9月22日、ついにドラマ『HERO』(フジテレビ系)第2シリーズが終了した。最終回はラストシーンまで大いに盛り上げてくれたが、そこにはどんなメッセージや"含み"が込められていたのか。城西支部メンバーの名言や、久利生(木村拓哉)と麻木(北川景子)の関係を含めて、検証していく。


最終回の目玉は、シリーズ初の法廷シーン。クライマックスを含め、実に4回も久利生(木村拓哉)が法廷に立つ姿が描かれた。いつになく真剣な表情の久利生。服装は全身黒でジャケットをまとい、検事バッジもきちんと胸元についている。両腕を組んで被告人を上から見下ろすなど戦闘モードに入っていたのだが、それでもペンをクルクル回すなど、久利生らしい自由奔放さは相変わらず。木村拓哉に限らず、城西支部メンバーの演技はディテールが細かい。役作りはもちろん、現場でのアイディアやアドリブが飛び交っているからだろう。

圧巻だったのは、久利生と元検事・国分(井上順)が対峙したシーン。久利生が質問をはじめてから「検察からは以上です」と締めるまで、実に12分50秒ものやり取りがあった。当初、久利生は国分に強く迫ろうとしていたが、城西支部のメンバーを見渡すと考えを改め、まず裁判員に問いかけはじめる。「裁判員のみなさん、思いませんか? 裁判って、何てこんなくだらないことやってるんだろう。僕はいまだにそう思っちゃうんですよ。本当のことは真犯人が全部分かっちゃってるんですから。本当のことを話してくれたら裁判は必要ないんです」と身振り手振り交えて語りかけた。

久利生は続けざまに「国分さん、お答えください。今あなたが何かおっしゃりたいとするなら、それは誰に対してですか?」と問いかける。持論を振りかざしてねじ伏せるのではなく相手の心に問う。言わばイソップ童話『北風と太陽』のような戦法をとったのだ。

一方、制作サイドの戦法は、無機質で動きが生まれにくい法廷シーンを盛り上げるべく、久利生、国分、検事バッジのアップ連発。あの『半沢直樹』を思わせる"寄り"の映像でシリアスさを醸し出していた。

常に「検事とは何か?」を問いかけてきた同作品らしく、最終回は城西支部のメンバーに加え、元検事、特捜部、検察上層部、裁判員、ジャーナリストなど、さまざまな立場から見た検事のあり方を描いていた。"平等の象徴"である天秤が8度に渡って映されていたことからも、それが分かる。

久利生と麻木の恋がようやくスタート!?

もう1つ忘れてはいけないテーマは、城西支部のチームワーク。全4コンビのお出かけ捜査にはじまり、久利生&麻木以外の3コンビが山梨の国分宅を訪れ、川尻部長(松重豊)は上層部から叱責されながらも部下を守っていた。

なかでも印象的だったのは、久利生と牛丸次席(角野卓造)のシーン。久利生から「記者会見、見ました。すみません、オレのせいで」と詫びられた牛丸次席は、「気にすんな、どうってことない、あんなもん。検察ってのはな、とかく批判されるんだ。特に今はな。でもな、検察や警察がいなければ世の中の人は安心して暮らせない。われわれには悪人を絶対に許さない正義ってやつがある。オレたちは被害者とともに泣く検察でなきゃいけないんだ。それだけは忘れちゃいかん。思い切ってやれ、久利生。これはお前たちの裁判だ。最後の責任はオレが取ってやる」と即答。鍋島元次席(児玉清さん)のダンディさが乗り移っていたようだった。ただ、「謝ることには慣れてんだよオレは」とグチって医者から止められている大福を食べる牛丸らしさも忘れない。

結局、久利生と麻木が鍋島元次席の墓参りをした以外、旧メンバーは登場せず。待望された雨宮(松たか子)も、牛丸次席そっくりの娘(ハリセンボンの近藤春菜?)も現れなかった。

久利生と麻木の関係も、やはりというべきか進展なし。前話で麻木はいつになくストレートな思いを久利生にぶつけていただけに肩すかしだった。しかしその思いは、オープニングから3度チラ見せしていた『司法試験ドットコム』発行の『逐条テキスト商法』『短答式過去問集憲法』という形でつながる。

麻木に検事になった理由や猛勉強したことを伝えた久利生は、そのときに何か感じたのか、彼女を鍋島元次席の墓参りに誘った。麻木の「検事を続けてよかったですか?」に、「もちろん。どんなことがあってもブレずにいられるから」と伝えたのは、「待ってるぞ」という久利生なりのエールだったのかもしれない。鍋島元次席のお墓を見つめて決意を固める麻木……「検事の魂は脈々と引き継がれていく」ということだろう。

麻木が検事を目指すことになったのは、間違いなく久利生の影響。それは検事や正義というよりも、久利生への憧れの方が大きいのかもしれない。いずれにしても、検事を目指しはじめた麻木は、久利生にとっては同志。その意味では、最終回になってようやく雨宮のライバルに名乗りを上げられたのではないか。今後もし2人の恋があるのなら、「ようやくスタートラインに立てた」ような気がする。

メンバーの名言、通販、「あるよ」は?

今回も最後に、"メンバーの名言"と"通販グッズ&「あるよ」"をおさらいしておこう。

名言は最後なのでドーンと5つ。

検察上層部に呼び出された川尻部長は、「しかるべく手順を踏まなかったことは申し訳ないと思っております。われわれは確信を持って起訴を決めたわけでして、刑が確定しているという理由で平成11年の事件だけを外すわけにはいかなかったんです。われわれの目的は連続通り魔事件の犯人を罰すること、それだけです」と謝りつつも果敢に宣言。

伝説の元検事・国分のもとを訪れた末次(小日向文世)は、「検事がごう慢だなんて思っていませんよ、僕は。私だって真実を知りたいと思っています。私も検事バッジはつけていません。司法試験に通った法律家でも何でもない。でもそこで犯罪が起こっているのに、それを見過ごすことはできませんよ。国分さん、もしあのときの起訴が間違っていたとしたら、無実の人が罰せられて真犯人は犯行を重ねて、とうとう27歳の若者が殺されちゃったんですよ。自分は関係ないなんてそんな道理が通りますか。法律がどうとかじゃないでしょ。『人としてどうなんだ』って話なんですよ、これは!」。珍しくキレた表情で見せ場を作った。

マスコミからバッシングを受けた牛丸は、「城西支部の検事、事務官たちは責任を持って起訴を決めたんです。私は彼らの判断を信じます。検察内部に対立があったとしても、犯罪の真実をあぶり出し、犯罪者を正しく罰することができれば、そんなこと大した問題じゃない」と力強く宣言。どんどん理想の上司像になっていく。

元恋人の田村(杉本哲太)に向けて馬場(吉田羊)は、「確かに人生は予定通りにはいかない。でも、これも悪くないと思っているんだけど。孤軍奮闘の城西支部。でも私たちは正しいと信じたことをやってる。自分は検事なんだってこれほど実感できたことないかも。負けちゃうかもしれないけど、私たちは間違ってない」と持ち前の凛々しさを見せた。

最後は久利生の「正義は1つじゃないんです。僕たち検事には悪人を『絶対に許さない』という正義があります。弁護人には『依頼主を守る』という正義があります。裁判員のみなさんには法と良心に基づいて公平な判決を下すという正義があります。みんなそれぞれの正義を信じて、それぞれの立場から被告人に光を当てることによって真実を浮かび上がらせる。それが裁判なんです。そこにはすごい大事なルールがあって、犯人はウソをつくかもしれませんけど、それ以外のこの法廷にいる人全て『絶対に正直でなければならない』ということ。正直でまっすぐな光を当てなければ真実は見えてこないんです。裁判が成り立たなくなっちゃうんです」。法廷にいる全ての人に問いかけた熱い言葉だった。

3週ぶりとなった通販グッズは、「ムービングシェイパー」。さらにエンディングでは、通販番組の出演者が登場。「今日の商品はこれだ。イエーイ!」の"ビッグスマイル"を見せるサービスぶりだった。

一方、マスター(田中要次)の「あるよ」は、麻木から「マスターはまだ夢ってあるの?」と聞かれて「あるよ、あるよ」の2連発。また、麻木から「警察につかまったことがあるんですか?」と聞かれた久利生が「あるよ」のモノマネを披露していた。


前シリーズと同じ"並木道に全員集合"カットなど、最終回はフィナーレにふさわしい要素がてんこもりだったが、ファンが気になるのは「続編や映画版はいつなのか?」。旧メンバーや恋愛などにふれず、あっさり終わってしまったのは、今後を見据えた"余力残し"であり、ファン、キャスト、スタッフ、いずれも望んでいるだけに実現は間違いないだろう。それがいつ、どんな形になるのか? フジテレビのマネジメントとセンスが再び問われそうだ。
posted by ぴかまま at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画★HERO(ヒーロー)

2014年09月23日

【マッサン】玉山鉄二、朝ドラ初出演にして初主演「自分に期待している」

【マッサン】玉山鉄二、朝ドラ初出演にして初主演「自分に期待している」

来週29日よりNHK連続テレビ小説『マッサン』(月〜土 前8:00 総合ほか)がスタートする。ウイスキーづくりに生涯をかけたマッサンと、彼を支え続けたエリーという、国際結婚の主役夫婦が織りなす愛と冒険の物語。熱血漢だがどこか脇が甘い、でもキラキラした瞳で夢を語るマッサンを、俳優の玉山鉄二(34)が爽やかに演じる。

 「朝ドラの伝統、王道感を受け継ぎながら、どこかで自分の足あとみたいなものを残したい、攻めていきたい」

 数少ない夫婦が主役の作品だ。相手役で、シリーズ第91作目にして初の海外からのヒロインを演じる米女優、シャーロット・ケイト・フォックス(29)との共演も注目されている。玉山の熱を帯びた語りからは、自身のモチベーションを根底から支える使命感のようなものが伝わってくる。

 玉山にとっても一生に一度の“大役”になるに違いない。数多くのドラマ・映画でクールな二枚目から、朴とつな田舎青年まで、幅広い役柄で活躍。映画『ハゲタカ』(2009年)では中国人ファンドマネージャーという“悪役”を熱演して、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。連続テレビ小説は初出演にして初主演となる。

 「多くの人が抱いている『玉山鉄二』のイメージは、クールで無口だと思いますが、そういったイメージをぶち壊すような役を与えていただいた。マッサンを演じることで、新しい自分を見せられるのではないか、と自分自身に期待をしています」

 劇中でみせる爽やかな笑顔の裏では「僕も30歳を超えてだんだん“オッサン”に近づいている中、20代のマッサンの役作りで体を絞ってクランクインしたんですが、撮影が始まるとあまりの過酷さに、さらに痩せてしまいまして(笑)、トータルで10キロ以上痩せました」という現実も。

 「朝ドラは日本で一番過酷な現場だと思う。これをやり遂げることができたら、これから先の役者人生でどんな不安やプレッシャーと向き合うことになっても大丈夫。この作品が大きな武器になり、盾になり、僕の背中を押してくれるものになると信じています」

 例年通りであれば、撮影は来年2月頃まで続く。無事、クランクアップした暁(あかつき)には、「このドラマのモデルになった竹鶴政孝さんが愛用していたものと同じグラスでウイスキーを飲みたい」と玉山。グラスは竹鶴さんのご子息からの贈り物で、今は玉山の家のリビングの一番目立つ場所で、その日が来るのを待っている。

■連続テレビ小説『マッサン』

 主人公・亀山政春(玉山)は、広島・竹原で代々造り酒屋を営む亀山家の次男坊。醸造学を学びに大阪に出てウイスキーに魅せられる。1918(大正7)年、ウイスキー製造技術を学びにスコットランドへ単身渡り、異郷の地で悪戦苦闘する中、スコットランド人のエリー(シャーロット)と出会う。二人は恋に落ち、周囲の猛反対のなか結婚。「日本で国産ウイスキーをつくる」という夢を実現させるため、エリーを連れて帰国するが、国産初のウイスキー製造への道は遥か遠く、何度も苦境に立たされる。途方に暮れることもあるが、エリーの明るさと揺るぎない愛に支えられ、ウイスキーづくりに人生をかけていく。

【放送時間】
 総合:月〜土 前8:00〜8:15、後0:45〜1:00(再)
 BSプレミアム:月〜土 前7:30〜7:45、後11:00〜11:15(再)/毎週土曜 前9:30〜11:00(1週間分)

玉山鉄二(たまやま てつじ、1980年4月7日 - )は、日本の俳優。京都府城陽市出身。身長182cm。体重65kg。メリーゴーランド所属。

鉄二という名前は両親が名前を付ける時に神社の神主から「この子は長男らしいこと(家を継ぐなど)は何もしないから、あえて長男らしくない名前にして下さい」と言われたからである。もともと両親が付けるつもりであった「鉄」という字と長男らしくない字の「二」が合わさって「鉄二」になった。[1]

中学時代は陸上部。京都府立西城陽高等学校卒業。高校在学中に姉の知り合いの美容師から「カットモデルをやらないか?」と誘われ、軽い気持ちで受けてみたものの、モデル業は思っていたよりも楽しいもので、その後事務所の先輩(当時)の俳優・柏原崇に憧れて雑誌モデルに応募し、雑誌『CHECKMATE』などのモデルを務めた。

1998年オーディション情報誌『月刊デ・ビュー』(オリコン・エンタテインメント刊)掲載のオーディションを通じて現事務所に所属。高校卒業と同時に東京へ。

1999年6月、ドラマ『ナオミ』で俳優デビュー。2001年、ドラマ『百獣戦隊ガオレンジャー』の追加戦士、ガオシルバー/大神月麿(おおがみつくまろ)役で知名度を広げた。2002年 - 2008年まで、P&G衣料用洗剤「ボールド」のCMに出演。2003年、映画『ROCKERS』にてリップオフのボーカル桜井役を演じたとき初めて歌声を披露した(後にサントラに収録される)。2005年、映画『逆境ナイン』で初主演。

2012年2月14日、公式サイトにてかねてより交際していた一般女性と結婚したことを発表。同年8月8日に第1子(長男)が誕生した

玉山鉄二 - Wikipedia
posted by ぴかまま at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

木村拓哉『HERO』、今夜最終回!拡大版で「正義のための最終決戦」


木村拓哉『HERO』、今夜最終回!拡大版で「正義のための最終決戦」2014年9月22日(月) 19時47分

SMAP木村拓哉が主演するフジテレビ月9ドラマ『HERO』が、22日、最終回の放送を迎える。フジテレビの公式サイトで、最終回は「正義のための最終決戦」と題され、30分拡大版で放送されることが公開されている。

 ドラマ『HERO』は、2001年に連続ドラマとして人気となり、2006年のスペシャル版の放送を経てその後劇場版も公開された、一連の作品の最新作。木村が演じる型破りな検事、久利生公平(くりゅう・こうへい)を中心に描かれる個性的なメンバーの群像劇が話題を呼び、今シリーズはフジテレビ開局55周年記念ドラマとして放送されてきた。ドラマとしては13年ぶりの放送となっている。

 最終回では、裁判員裁判での法廷シーンが描かれる。この法廷シーンは、裁判員制度が始まってから『HERO』では初めて描かれる過去のシリーズにはなかったもの。連続通り魔事件にまつわる冤罪の真相に踏み込むため、久利生検事が正義のための最終決戦に挑む……という筋書きだ。

 すべての撮影を終えて、木村は、「いつも作品では、最後の撮影日には『これで最後だな、このカットで終わっちゃうんだな』という、ラストへの“秒読み”のようなメンタリティーになるが、不思議と今回の『HERO』では、その“秒読み”感覚には全くならなかった」という。「気がついたら収録が終わっていた、という感じだった」と語る。

 『HERO』という作品を、木村は「“大好物”かもしれない」と表現する。「キャストもスタッフも、全員がお互いを尊敬し合え、性別や年齢に関係なく言いたいことを言い合える、他のドラマではあまりない、とても不思議で居心地の良い大好きな場所」と現場への愛を示している。

 最終回の放送に臨んでは、「(監督以下スタッフが)毎話、丹念に作り上げているので、隅から隅までを楽しんで、あますことなく見てほしいと思っている。最終回も、その気持ちは変わらない」と、ドラマ全体のの完成度の高さを誇った。

 月9ドラマ『HERO』最終回は、22日午後9時より、フジテレビ系列で放送される。
タグ:HERO 木村拓哉
posted by ぴかまま at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画★HERO(ヒーロー)

仲間由紀恵:7年愛育み「機熟した」14歳差田中哲司と結婚

仲間由紀恵:7年愛育み「機熟した」14歳差田中哲司と結婚2014年09月19日

女優の仲間由紀恵(34)が18日、俳優の田中哲司(48)と結婚したことを、報道各社にファクスで報告した。この日午前9時すぎ、田中が東京都内の区役所に婚姻届を提出した。

2007年のTBSドラマ「ジョシデカ!−女子刑事−」で共演後、仲の良い友人として交際が始まったと説明。以来7年にわたり、14歳差の愛を育んできた。

 仲間は「機が熟しこのたび結婚の運びとなりました。大人な2人のつもりですので、今まで通り仕事に励み、協力して謙虚でささやかな家庭を築いていきたいと思っています。公私にわたり1+1が2以上の結果を残せるよう精進してまいります」とコメント。この日は、都内のスタジオで撮影に臨んだが報道陣への応対はなかった。

 一方、田中は東京芸術劇場(豊島区)で舞台「背信」の初日公演後に単独で会見した。「最近一緒に生活を始めました」と報告。あらたまったプロポーズはしなかったというが「1年前くらい……記念日だったかな?指輪を渡した。僕は何かモゴモゴ言っちゃって覚えてないんですが、彼女はまあうれしそうではありましたね」とのろけた。

 仲間の魅力について、「性格が、見てもらえば分かるがすごくいい。素朴な面がいっぱいあって、そこが大好きなところです」とニッコリ。国民的女優を独り占めにした感想を聞かれると、「申し訳ないです」と控えめに話した。

 関係者によると妊娠はしておらず、挙式、披露宴も行わない。婚姻届提出の日取りは、かねてこの日に決めていたという。仲間が、主人公の親友・蓮子役を演じているNHK連続テレビ小説「花子とアン」がクライマックスの今、「祝っていただける方が増えるのではと考えた」と関係者は話している。

 10月には仲間主演のTBSドラマ「SAKURA〜事件を聞く女〜」が放送開始。新妻として、演技面でも新たな境地が見られそうだ。

 ◆仲間 由紀恵(なかま・ゆきえ)1979(昭54)年10月30日、沖縄県生まれ。2000年、テレビ朝日ドラマ「TRICK」でブレーク。02年の日本テレビ「ごくせん」は代表作になった。05年以降、NHK紅白歌合戦の司会を4回担当。

 ◆田中 哲司(たなか・てつし)1966(昭41)年2月18日、三重県生まれ。日大芸術学部卒業後、舞台を中心に名脇役として活躍。放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では主人公の盟友、荒木村重を熱演し話題を呼んだ。(スポニチ)

2009年11月18日 仲間由紀恵初ロマンス13歳上の俳優と
posted by ぴかまま at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2014年09月15日

8人に1人が75歳以上 65歳以上が3300万人


8人に1人が75歳以上 65歳以上が3300万人
朝日新聞デジタル 9月14日(日)17時0分配信

 総務省は14日、「敬老の日」に合わせて15日現在の高齢者の人口推計を公表した。65歳以上の高齢者人口が3296万人(総人口の25・9%)、75歳以上が1590万人(同12・5%)となり、いずれも過去最高。「団塊の世代」の1949年生まれが65歳になったのが一因で、4人に1人が高齢者、8人に1人が75歳以上となる。

 70歳以上は2383万人(総人口の18・7%)、80歳以上は964万人(同7・6%)。男女別では、男性の高齢者が1421万人(男性人口の23・0%)、女性が1875万人(女性人口の28・7%)だった。

 また、5年ごとに行われる住宅・土地統計調査(2013年)によると、高齢者のいる世帯は2086万で、初めて2千万世帯を超えた。うち高齢者の単身世帯は552万世帯に達した。
.
朝日新聞社
posted by ぴかまま at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2014年09月10日

江角マキコ、ブログで謝罪 落書き騒動は“寝耳に水”

2014年9月9日 19:52 (ORICON STYLE)

江角マキコ、ブログで謝罪 落書き騒動は“寝耳に水”



女優の江角マキコ(47)が9日、自身のブログを約2週間ぶりに更新し、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂宅への落書き騒動について「先日来、一部週刊誌等の報道により、様々な関係者の皆様に大変なご迷惑とご心配をお掛け致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 江角は「私自身、週刊誌でこの件を初めて知った次第」と寝耳に水だったと説明。「その後、元マネージャーから私に対し、このような事態をおこして迷惑をかけたとして謝罪の連絡がありました」と事情を明かした。

 その上で「立場上、私の責任も重く感じ、長嶋様には心から申し訳なく思っております」と陳謝。今回の報道内容を受け、長嶋や学校関係者に対し「これ以上のご迷惑をお掛けしないよう、また、現在も心療内科で治療中の元マネージャーや私の子供たちへの配慮」のため、詳しい説明は「差し控えさせていただく」とした。

 これまで1日に数回など頻繁にブログを更新していた江角だが騒動後は沈黙。8月27日以来、13日ぶりの更新で「ご説明が遅れたことを重ねてお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪している。

著作権はオリコンNewS株式会社に属します。
コピーライトマーク 2014 Oricon Inc. All rights reserved.

CM打ち切り・レギュラー降板検討…江角マキコ、落書き事件で芸能界追放の危機
タグ:江角マキコ
posted by ぴかまま at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

沢尻エリカ、綾瀬はるかとのドラマ対決に余裕の笑み「ひとつの楽しみ」

2014年9月8日 12:10 (ORICON STYLE)

沢尻エリカ、綾瀬はるかとのドラマ対決に余裕の笑み「ひとつの楽しみ


女優の沢尻エリカが8日、都内で行われたフジテレビの改編説明会にサプライズ出席した。10月15日スタートの同局系ドラマ『ファーストクラス』(毎週水曜 後10:00)に主演する沢尻は、裏番組の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)に主演する綾瀬はるかとの“視聴率対決”が注目されていることを受けて、「ひとつの楽しみとしていいと思う」と余裕の笑みをみせた。

 同ドラマは、4月期に土曜深夜に放送された『ファースト・クラス』の続編。前作の出版社からファッションブランド業界へ舞台を移し、新進気鋭のデザイナーとして働く沢尻演じる主人公・吉成ちなみの半年後を描く。

 仁義なき“マウンティング=女同士の格付け”バトルを描く同ドラマ。前作は沢尻が8年ぶりに連続ドラマに主演することでも注目を集め、午後11時台の放送にもかかわらず、最終回の視聴率は10.3%を獲得した。

 沢尻は「前作が始まる時は、『沢尻、大丈夫か』と思ったと思いますが、ご安心ください。いい大人なので、お仕事はちゃんとやらせてもらいます」と笑いを誘い、「これまで死んでしまう役が多かったので、続編ドラマができることが素直にうれしい」と話した。

 前作は「私以外、全員悪女」だったのが、新ドラマでは「私含めて全員悪女。今回は戦わせてもらいます。ちなみが成長するにしたがって、ただのいい人ではいられない。キャストもパワーアップして、悪を持って悪を制す勢いでやっていきたい」と意気込みを語った。

著作権はオリコンNewS株式会社に属します。
コピーライトマーク 2014 Oricon Inc. All rights reserved.


posted by ぴかまま at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

ナイナイ・岡村隆史「錦織選手はゆとり」発言が物議……矢部浩之ラジオ降板は“相方のご意見番化”が原因か

2014年・・「『勝てる』が見え、集中できなかった」 錦織、悔しさと手応え 一問一答

2014年9月8日 17:30 (サイゾー)
ナイナイ・岡村隆史「錦織選手はゆとり」発言が物議……矢部浩之ラジオ降板は“相方のご意見番化”が原因か


テニスの錦織圭選手の活躍に対するナインティナイン・岡村隆史の発言が、物議を醸している。

 岡村は7日、司会を務める『THE MANZAI2014 認定漫才師50組大お披露目SP』(フジテレビ系)の会見に登場。全米オープン・男子シングルス決勝に進出した錦織について、「ゆとり教育でアホが増えた分、スポーツでガンッていく人が出たのかなと思います」と発言。さらに「『勉強したほうがええやろ』と思ってましたけど、早いうちに世界に目を向けてると、そんな結果出んねんなあ……」と語った。

 これに、ネット上では「ゆとり教育の目的は勉強以外に目を向ける時間を作ることだから、一理あると思う」と、一定の理解を示す声もあるが、一方で「錦織選手は早いうちから留学してるし、何より勝てたのは本人が努力したからでしょ」「これじゃあ、錦織選手がアホみたいじゃん!」といった反論や、「最近の岡村さんのご意見番気取りには、がっかりする」「岡村さんの、上からモノを言う感じが嫌い」「復帰してから、岡村ってこんなことばっか言ってるよね」という声が目立つ。

 約2年半前、ロンドン五輪にカンボジア代表で出場しようとしていた猫ひろしに参加資格がないと判断された際、岡村はラジオ番組で国際陸上競技連盟を批判。これを皮切りに、時事ニュースに関する発言が増え、中でもドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)への批判に対し、岡村が「これで放送中止になったら、もうテレビの未来はない」などと熱く語った際には、大きな話題となった。

 しかし、「的外れ」だと反感を買うことも少なくない。昨年4月、コーヒー飲料のCMで、AKB48・島崎遥香演じるOLが、同僚のICカードを借りてオフィスのゲートを通過するシーンが「セキュリティの観点で問題がある」として物議を醸した際、岡村は「島崎さんはAKB、芸能人で、芸能人はいつも(テレビ)局は顔パスですから。ぱるる(島崎の愛称)はOLじゃないですし、あそこに勤めてませんから。そんな(批判を)言ってたら、なんにもできなくなる」と擁護。ネット上では「そういう問題じゃない」「論点がずれてる」という声が相次いだ。

「岡村は、『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で持論を展開してきたが、その際、相方の矢部浩之は岡村の暴走を止めたり、ツッコミを入れて緩和する役目だった。しかし、同番組は10月に、岡村がピンでパーソナリティーを務める『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』へ改編される。矢部は、岡村の発言がスポーツ紙などに取り上げられ始めた頃、同番組内で『変わってきたなぁ、ナイナイのオールナイト……』と感慨深げに語っており、彼の降板の一因を“岡村のご意見番化”だと勘ぐるリスナーも少なくないようです」(芸能記者)

 かつては、芸人らしい“動きの笑い”が支持を集め、「ポスト志村けん」との呼び声も高かった岡村。彼は今後、どこへ向かっていくのだろうか?

著作権は株式会社サイゾーに属します。
コピーライトマーク 2014 CYZO Inc. All rights reserved.

posted by ぴかまま at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2014年09月05日

雨宮塔子 離婚協議中を認める「共有できるものがない寂しさに…」

雨宮塔子 離婚協議中を認める「共有できるものがない寂しさに…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00000104-spnannex-ent
スポニチアネックス 9月5日(金)16時54分配信

元TBSアナウンサーで現在はフリーキャスターとして活躍する雨宮塔子(43)が5日、報道各社にFAXを送付。スポニチ本紙既報通り、夫でパティシエの青木定治氏(46)と離婚に向けた話し合いを行っていることを認めた。

雨宮は「離婚に向けた話を切り出したのは昨年の春で、実際に別居してから一年以上が経ちます」と、青木氏と既に別居していることを告白。「こんなにも時間が過ぎてしまったのはフランスでの離婚手続きには時間がかかることと、子供がいることもあり、前向きな離婚に向けてじっくりと時間を取ってきたことがあります」と11歳の長女と9歳の長男を第一に考え、話し合いを続けていることを明かしている。

 2人はフランス・パリで暮らしているが、パティシエとして世界的にも評価の高い青木氏はパリに4、日本に5、台湾に2店舗を出店するなど事業を拡大している。雨宮は「日本に彼がお店を出してから十年目を迎えますが、それ以来、離れている時間が多くなりました」と破局の原因は多忙な夫との“すれ違い”にあるし、「彼は家族のためにも一生懸命働いてくれているのですが、パリでの子育てに孤軍奮闘している私には、彼と共有できるものがまったくない寂しさに堪え切れませんでした」と心情を吐露。「十年間、それでも添い遂げたいと思ってやってきましたが、結婚十年目を迎えた節目の年に、変わらぬ現実を前についに答えを出した次第です」と苦渋の決断だったことを明かしている。

 雨宮と青木氏は02年6月に雑誌の取材で出会い、同年10月26日にゴールイン。03年に長女、05年には長男をもうけ、現在もパリで生活している
posted by ぴかまま at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2014年09月03日

9月1日がなぜ防災の日なのか知らない NHKあさイチ司会・イノッチは「無知すぎ」か

2014年9月1日 17:59 (J-CASTニュース)

9月1日がなぜ防災の日なのか知らない NHKあさイチ司会・イノッチは「無知すぎ」か


日本では、9月1日は「防災の日」として、日頃から災害に備えるようさまざまな活動が行われる。1923年のこの日に発生した関東大震災にちなんで、60年に制定された記念日だ。

 「防災の日は関東大震災に由来する」ということを授業などで教わった記憶があり、常識として知っているという人も少なくないだろうが、NHK「あさイチ」司会のV6・井ノ原快彦さん(38)は「知らなかった」と発言した。視聴者からは驚きや呆れる声が上がってしまっている。

■「知らない」イノッチ発言に解説委員も「えっ?」

 2014年9月1日放送の「あさイチ」では、柳澤秀夫解説委員が冒頭から「今日は防災の日ですよねー」と司会の2人に話を振った。

 柳澤氏が「地震だけじゃなくて、広島でも土砂崩れがあったし、なかなか普段防災のことを意識しないけど、今日くらいは防災のこと、身の回りのことを考えるきっかけにしたいなと」と話すと、井ノ原さんがこう言った。

「何で今日防災の日になったのか僕は知らないですけども…」
 これを聞いた柳澤氏は「えっ?」と少々驚いた様子で、「関東大震災が昔あった日」と教えた。井ノ原さんは「あ、そうなんですか?あっ、だから防災の日になってんのか」と本当に初めて知ったようだった。

 有働由美子アナウンサーからも「だから今日改めて、身の回りでちゃんと自分で防災のこと(を考える)」と言われ、「なるほど〜」とうなずいていた。

■「解説を引き出すための台本」説も

 井ノ原さんが「防災の日は関東大震災が発生した日」だったことを知らなかったと聞いて、視聴者もびっくりしたようだ。ネット上では、「イノッチが防災の日の由来(関東大震災)を知らなかったのには本当に驚いた。小学校あたりで習いそうなものなんだけど」「おらでも今日が関東大震災だから防災の日って知ってるよ?」「30代でもその位の認識なのかな?時代が移ろってるのかなぁ」などと書き込まれ、中には「なにやっているんだコイツ!」「無知無教養」「ジャニーズの無学っぷりは異常」など井ノ原さんを厳しく批判する投稿もみられた。

 「あさイチ」の前に放送されている朝の連続テレビ小説「花子とアン」でも14年7月28日から8月2日の第18週で関東大震災の描写があったため、「朝ドラでもやってたのに…」との声もあった。

 一方で、柳澤氏の解説を引き出すために井ノ原さんが由来を知らないふりをする台本だったのでは、とみる人もいた。

 ちなみにJ-CASTニュースの編集部では、30代以上の記者の間では「常識」「小学校で習うだろう」といった声が上がったが、20代では「知らなかった」「授業ではやっていない」「関東大震災といえば朝鮮人暴動について詳しく習った記憶しかない」という記者ばかりだった。

著作権は株式会社ジェイ・キャストに属します。
コピーライトマーク 2014 J-CAST, Inc. All Rights Reserved.

タグ:あさイチ
posted by ぴかまま at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2014年09月01日

<中秋の名月>今年は9月8日 38年ぶりの早さ

<中秋の名月>今年は9月8日 38年ぶりの早さ毎日新聞2014年9月1日(月)10:46

 古来、日本人が観月を楽しんできた「中秋の名月」。例年は9月中旬〜10月初旬だが、今年は9月8日と、38年ぶりとなる早い時期に訪れる。まだ暑さも残るなか、秋の風情を楽しもうと、異例に早い十五夜イベントが、各地で企画されている。

 国立天文台(東京都三鷹市)によると、昨年の中秋の名月は、9月19日、2012年は30日だった。21世紀に入って最も早かった中秋の名月は03年の11日。9月8日となるのは1976年以来だ。その前は57年、さらに前は1900年にまでさかのぼるという。

 また、今年9月の満月は9日に迎え、少し欠けた「名月」となるのも特徴だ。天文学上、満月とは、地球から見て月と太陽が反対方向になる瞬間で、中秋の名月と決め方が異なるためだ。2001年以降の20年間に満月と一致するのは、昨年を含む7回にとどまっている。

 各地の行事も異例に早まっている。日本科学未来館(東京都江東区)は1日、「未来館でお月見!」を始めた。8日まで館内に展示する有機ELパネルを張った直径6メートルの球状ディスプレーに、月周回衛星「かぐや」の画像を映す。同館科学コミュニケーターの谷明洋さん(33)は「月見イベントは毎年恒例だが、こんなに早い時期に実施するのは初めて。月や宇宙に興味をもってもらうチャンス」と期待する。

 東京タワー(東京都港区)は8日夜、月明かりを引き立てるため、タワー上部を消灯し、下部を青色に輝かせる「ダイヤモンドヴェール」を実施する。

 嵯峨天皇ゆかりで観月の名所と知られる大覚寺(京都市右京区)では6〜8日の夜、境内の大沢池に映る月を楽しむ「観月の夕べ」を開く。【千葉紀和】

 【ことば】中秋の名月

 別名十五夜。旧暦8月15日の夜に出る月のこと。現在のグレゴリオ暦(新暦)では9月7日〜10月8日の間になる。旧暦では月の満ち欠け(周期は29.5日)を基に1カ月を決めるために、新暦との差が生じる。1年ごとに11日程度早まる一方で、旧暦で季節を調節する「うるう月」(およそ19年に7回)が挿入されると、大幅に後ろにずれる。

 ◇最近の中秋の名月◇

 2001年 10月1日

   02年 9月21日

   03年 9月11日

   04年 9月28日

   05年 9月18日

   06年 10月06日

   07年 9月25日

   08年 9月14日

   09年 10月03日

   10年 9月22日

   11年 9月12日

   12年 9月30日

   13年 9月19日

   14年 9月8日

   15年 9月27日

   16年 9月15日

   17年 10月4日

   18年 9月24日

   19年 9月13日

   20年 10月1日
タグ:中秋の名月
posted by ぴかまま at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象

「城島渋滞」「ハチマキは明雄さん」TOKIO・城島茂の『24時間』マラソンに感動の声

2014年9月1日 12:00 (サイゾー)
「城島渋滞」「ハチマキは明雄さん」TOKIO・城島茂の『24時間』マラソンに感動の声

 8月30〜31日に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。お茶の間の関心を一身に集めていたチャリティマラソンランナーのTOKIO・城島茂は、午後8時48分に無事ゴールを果たした。43歳、運動経験なし、がに股による股関節やひざへの負担が心配されていた中での101キロ完走に、ネット上は祝福の声であふれ返っている。

 30日の午後7時に神奈川県足柄上郡からマラソンをスタートし、途中で休憩ポイントを挟みながら、26時間後に武道館へゴールインした城島。放送終了まで残り1時間となった午後8時の段階では、時間内ゴールはギリギリ、もしくは厳しいとされていたが、残り5キロから猛追い上げをみせて見事完走。また、ゴールまで残り260メートルの地点からはTOKIOメンバーの4人が合流、城島と併走し、武道館の入口まで見送った。

「マラソンの応援に集まったギャラリーの数は歴代トップではないでしょうか。国道246号は城島の走行ルートに沿って渋滞が発生し、“城島渋滞”という言葉も生まれたようです。TwitterやSNSで城島の位置がリアルタイムにわかるため、応援に駆けつける人が多かったみたいですね。それだけ国民に愛されている存在だということでしょうが、今後のチャリティマラソン実行に際してはSNS対策も必要になりそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 番組では、『ザ!鉄腕!DASH!!』(同)でTOKIOに農作業を指導してきた三瓶明雄さんへの思いも明かされた。城島が今回走ることを決めた理由の1つに、「明雄さんのために走りたい」「自分が姿を見せるだけで生きる気力を取り戻してくれる」という思いがあったという。ランナー決定から数週間後の6月6日に死去した明雄さんだが、城島のその思いはマラソン中の頭に巻いたタオルに込められていたようだ。練習中や本番でも帽子を被らずタオルを巻くスタイルを貫いていた城島は、「タオルのハチマキをしたかったんです。このハチマキは明雄さんなんです。明雄さんと一緒に走っているんです」と語っていた。

「病床の明雄さんを見舞う城島&山口達也の写真や、山口が明雄さんの自宅へ挨拶に伺う映像が流れたことには、賛否両論の意見がネット上で出ています。『24時間じゃなくて「鉄腕」でやってほしかった』『ここまでちゃんとした明雄さんのドキュメンタリー映像があるってことは、明雄さんがああいう状態だったからランナーにTOKIOを選んだとしか思えない』という意見や、一方で城島がTOKIOや農家、漁師、そして明雄さんに宛てた手紙の内容に『リーダーかっこよすぎ』『この番組で泣くことになるなんて』と人柄を讃える声があふれています」(同)

 番組最後には、メインパーソナリティの関ジャニ∞から城島へねぎらいの言葉が送られた。「先輩に頼りっぱなし、リーダーに頼りっぱなしの24時間でした」(村上信五)「リーダーのような年の重ね方をしたい。TOKIOの背中を追っていきます」(横山裕)とメンバーが感謝を伝える中、丸山隆平は「いつか、ぼくもリーダーみたいに走りたいな、と思いました」とマラソンへの意欲をチラリ。城島は驚いた表情で、「ウソやろ!? バトン渡すわ、来年」と返していたが、果たして来年のランナーはまたしてもジャニーズから選ばれることになるのだろうか? ひとまず、城島にはゆっくり体を休めてもらい、来週のTOKIOコンサートで、また『ザ!鉄腕!DASH!!』で元気な姿を見せてもらいたい。

著作権は株式会社サイゾーに属します。
コピーライトマーク 2014 CYZO
posted by ぴかまま at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24時間テレビ

CM打ち切り・レギュラー降板検討…江角マキコ、落書き事件で芸能界追放の危機

2014年8月31日 14:00 (サイゾー)
CM打ち切り・レギュラー降板検討…江角マキコ、落書き事件で芸能界追放の危機

週刊誌に「落書き事件」への関与が報じられた女優・江角マキコ(47)が芸能界引退の危機に陥っている。CMの打ち切りやレギュラー番組の降板が検討されるなど芸能活動に大きな影響が出ており、もはや挽回が難しい立場にまで追い込まれているようだ。

 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、江角が2012年末に当時の男性マネジャーA氏に、長嶋一茂(48)の自宅に「バカ息子」などと落書きをするように命じたとスクープ。落書きされた長嶋宅の壁や白ペンキがぶちまけられたガレージのシャッターなど証拠写真も掲載され、スポーツ紙やワイドショーでも相次いで報じられた。

 これが事実であれば「器物損壊罪」または「建造物損壊罪」というれっきとした犯罪であり、江角とA氏は主犯・実行犯という共犯関係として逮捕される可能性もある。これだけ重大な報道がガセであれば、当然ながら江角サイドは猛烈に反論するはず。だが、いまだ江角は公式にコメントを出しておらず、頻繁に更新していたブログも動きがない。

 二人に接点があるように思えないが、江角と長嶋の娘は同じ名門小学校に通っている同級生で、両家は家族ぐるみの付き合いをしていた。ところが、4年ほど前から子ども同士の関係が悪化したことから長嶋の妻・Hさんと江角のいがみ合いが始まり、ママ友バトルに発展。そんな中、江角が「娘が長嶋の子どもにイジメられている」とA氏に相談し、落書きを指示したとされている。

「子ども同士のいさかいがなくとも、Hさんは元高級ホステスで気位が高く、さらに仕切り屋タイプ。自由奔放で気が強い江角と犬猿の仲になるのは当然の結果。まさにドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)のような女のバトルが繰り広げられた。しかし、ドラマと違ってスカッとするような闘いではなく、陰湿なママ友バトルでした」(週刊誌記者)

 それにしても、なぜ二年前の出来事が今さら蒸し返されているのか。一部では、江角が今年3月に大手事務所「研音」から独立したため、嫌がらせをされているのではないかとの憶測も飛び交っている。

「社員が犯罪に関わっていたとなれば、研音も事件と無関係ではいられなくなりますから、それはないでしょう。この騒動の発端は江角のブログです。江角は7月末に『ママ友イジメ』を受けていたとブログで突然告白し、世間の同情を買った。そのママ友グループの中心人物こそが、長島の妻・Hさんだったのです。これに激怒したHさんはママ友たちと連携して週刊誌上で反論し、さらなる報復として今回の落書き事件のネタをメディアに流した。ちょうど江角が独立し、後ろ盾をなくしたタイミングだったのも、ママ友グループに有利に働いている」(前同)

 この騒動の影響は大きく、一部メディアによると江角がイメージキャラクターを務める「花王」のテレビCMが次々と同社の別商品のコマーシャルに差し替えられ、打ち切りが濃厚になっているという。

 花王も「一連の報道を受け、現在は事実確認中」と騒動の影響であることを認めており、江角は大きな仕事を失いそうな気配だ。それだけでなく、現在レギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)『私の何がイケないの?』(TBS系)『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)を降板させられる危険性もあるという。

「花王といえば、テレビ局にとって超有力スポンサーの一つ。その同社が『もう使わない』と判断すれば、その波は広告業界全般に影響し、局側は江角を起用しづらくなる。レギュラー出演している番組でも、すでに局上層部が『キリのいいところで降板させられないか』と検討しており、影響は避けられない状況。もし江角の納得のいく説明や会見がなければ、今年中にも芸能界から追放される」(芸能関係者)

 独立をきっかけに今まで無関心だったブログを今年7月に開始し、開設から2週間で約100回更新するなど驚異的なペースでブログを書きまくっていた江角。お約束のすっぴん画像をはじめ、不仲説がささやかれたビッグダディとのツーショット写真を掲載したり、モデル時代やOL時代のエピソードを綴るなど話題づくりに躍起だった。だが、その一つとして「ママ友イジメ」に触れたことがが運の尽きとなったようだ。

 着実にキャリアを積み上げてきた江角が、ブログやママ友バトルで立場を失うとは本人も夢にも思っていなかっただろう。04年に発覚した年金保険料未払い騒動の窮地を乗り切った経験のある江角だが、今回ばかりはイメージの悪化もあって逆転は難しそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)
タグ:江角マキコ
posted by ぴかまま at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

秋元康氏の手腕!? AKB卒業組が凋落する理由

2014年9月1日 08:30 (TOCANA)
秋元康氏の手腕!? AKB卒業組が凋落する理由


お洒落リーダー」と評されていた篠田麻里子のプロデュースするブランド「ricori(リコリ)」が自己破産するなど、AKB48卒業組の凋落が始まっている。

 また、板野友美は歌唱力や身長とファッションのアンバランスさが際立ち、過去のブランド力を失い始めている。現状を打破するために、演技にも興味を示し始めたそうだが、業界の評価は低い。河西智美に至っては、所属事務所であるホリプロの力で、卒業当初は『アッコにおまかせ』(TBS)などに出演していたが、今や華やかな舞台で見ることは皆無に等しい。

 卒業後に光明があるとされていた大島優子も、臨んだ女優としての成功は難しそうで、むしろ「バラドルへの方向転換をすべき」(業界関係者)という声が多い。

 モーニング娘も卒業後に苦労したように、AKB48が同じ道をたどるのは予想通りではあるが、あまりにも早い凋落である。

 なぜ、パっとしないのだろうか?

 というよりも、「パっとしないというのが、秋元康さんの目利きの凄さです」と業界関係者は指摘する。

「そもそもで、AKB48は『クラスで10番目に可愛い女の子』の集まりです。その10番目ばかりを集めて、そこからファンが順位をつけていく。10番目ばかりなので、ファンもルックスで選ばず、総合的な評価をする。その総合的な評価が生まれるのが、握手会などでの対応です。だから、ファンは熱狂的になっていった。しかし、卒業すれば、10番目との競争ではなくなります。大海に放り出される訳です。さらに、卒業と同時に、ファンとの距離感が出来る。ファンのエネルギーも減ります。また、本人たちも、元々は10番目だったのに、自らが2〜3番目に可愛いと立ち位置を勘違いしてしまったように思います」

 それに気づき、軌道修正を始めたように見えるのが前田敦子だ。前田は、今年に入り、演技指導の激しさで知られる蜷川幸雄氏の舞台に挑戦した。また、個性派俳優の柄本時生と「ブス会」を作るなど、どこか吹っ切れた感がある。

 卒業組凋落の象徴のようになっていた前田だが、『10番目』という立ち位置を理解したことで、輝きを取り戻したようだ。
(TV Journal編集部)

著作権は株式会社サイゾーに属します。
コピーライトマーク 2014 CYZO Inc. All Right Reserved.


posted by ぴかまま at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。