2008年06月16日

“世界の小澤”の長男・征悦はどんな男か

“世界の小澤”の長男・征悦はどんな男か 2008年6月15日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 世界的に有名な芸術家の御曹司が、美女と密着してイチャイチャして、ハシャイでいる様子を写真誌に撮られた。

 小澤征悦ゆきよし)(34)――。

大河ドラマ「篤姫」西郷隆盛を演じている役者と聞けばピンとくるはずだ。

小澤の父は指揮者の小澤征爾、母は元モデルの入江美樹、姉はエッセイストの小澤征良、ミュージシャンの小沢健二はいとこという有名人一家でもある。

 発売中の「フラッシュ」によると、小澤は東京・恵比寿のシャンパンバーで元「SPEED」の上原多香子(25)と密着。店内ではほかの仲間も一緒だったが、解散してからタクシーで上原を自宅まで送って帰ったという。

 小澤は米サンフランシスコ生まれ、成城大卒。“小澤征爾の息子”として知られている一方で、NHK御用達の俳優の一面がある。デビューは98年の大河「徳川慶喜」。その後は連続テレビ小説「さくら」、大河「義経」と立て続けに出演。今年は「篤姫」で、来秋からはNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」で夏目漱石を演じる。

 セレブ一家の生まれでNHKの常連とくれば、女性にモテそうだが……。小澤を知るNHK関係者がこう言う。

「彼は女性にはモテないタイプ。だって浮いたウワサは一度も聞いたことがありませんから。実は演技力もイマイチで、俳優としての存在感も薄い。それは小澤本人もよく自覚しているようです。自分が小澤征爾の息子だからNHKに頻繁に起用されると思っているんですよ。もっとも、謙虚かというと、そうでもなく、マイペースなタイプ。ロケ先で“部屋が気に入らないから替えてくれ”と言い出して周囲を困らせたこともある。お坊ちゃま育ちで、空気が読めないKYタイプなのかもしれません」

 結局、上原とも最後まで何事もなく終わった。仕事でも遊びでも貪欲(どんよく)さが欠けているようだ。

【2008年6月12日掲載】

NHK大河ドラマ篤姫


posted by ぴかまま at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。