2008年06月16日

栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK

栄倉奈々ダンス特訓1年の成果…一発OK
2008年6月14日(土)9時35分配信 日刊スポーツ

連続テレビ小説」の収録で笑顔を見せる栄倉奈々

 女優栄倉奈々(20)が13日、NHK連続テレビ小説」のダンスのクライマックスシーンの収録を終えた。

ダンサーを目指す瞳を演じながら実はダンスは得意ではなかった。

ヒロインに決まってから約1年間、猛特訓を積んで、最も難易度の高いシーンの収録を一発でクリアした。

共演するダンス&ボーカルユニットEXILEの真木大輔(MAKIDAI=32)は「ダンサーとしてもいける」と褒めた。
 全国のダンサーが目指す大会「ダンスビート」という設定のシーン。

約3分間のダンスを終えた栄倉の息は切れ、両肩は激しく上下した。

パーカの袖口で汗をぬぐうと一緒に踊った2人とハイタッチ。「あっという間だな、と思いました。今日のために1年弱ぐらい練習してきたようなものなので、これで終わりかと思うと何かさみしいですね」。感極まったのだろう、声がちょっと震えていた。

 主演したフジテレビ系ドラマダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(06年)や映画「阿波DANCE」(07年)はダンスシーンが多く、ダンスが得意とみられがちだが実はそうではなかった。

1608人が応募した昨年の「」のオーディションでは、ヒロイン候補者が8人に絞られた段階で最もダンスが下手だったという。

山本敏彦プロデューサー(42)は「あのころからしたら、あり得ないぐらいに上達した。うるうるきた」と涙ぐんだ。

 過密な収録やリハーサルのスケジュールの合間に1回約90分のレッスンを週1〜2回受けた。慣れない動きに腰に痛みが出て、1週間ほど収録を休んだこともあったという。そんな栄倉の頑張りはスタッフや共演者に伝わっていた。

 共演の真木は「撮影に入ってすぐのころとは別人。キレや動きは前と比べたら倍以上。EXILEのプロモーションビデオに出てほしい」。

その発言を伝え聞いた栄倉は「いやあ〜。冗談だと思います。EXILEさんのは踊れないです」と、屈託なく笑った。

 収録されたシーンは8月上旬に放送される

NHK朝の連続ドラマ小説

<榮倉奈々>「ダンサーでもやっていける」MAKIDAIが太鼓判 NHK朝ドラ「瞳」ダンス大会収録

榮倉奈々さん(瞳)★競い合うのはイヤ

朝ドラ「瞳」は低空飛行だが、中身は○

榮倉奈々「結婚願望 今はない」

<NHK朝ドラ>「瞳」初回視聴率はワースト2位

榮倉奈々けんかで爆笑

来春のNHK連続テレビ小説『瞳』クランクイン! 2007年11月19日(月)

榮倉奈々、ダンスは吹き替えじゃない 「阿波DANCE」

“顔グロヒップホップ女王”榮倉奈々 映画「阿波DANCE」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。