2008年06月17日

堤真一、「撮影中がクライマーズ・ハイだった」

堤真一、「撮影中がクライマーズ・ハイだった」

会見した尾野真千子、堺雅人堤真一、原田眞人監督 

俳優の堤真一(43)が17日、都内で主演映画クライマーズ・ハイ」(7月5日公開、原田眞人監督)の完成会見に出席した。

 横山秀夫氏のベストセラー小説を原作に、85年の日航機墜落事故に直面した地元新聞記者の壮絶な1週間を描く。事故取材の全権を任されたデスクを演じた堤は「撮影後に体がドドっと疲れて、何週間も何もしたくなかった。撮影中がクライマーズ・ハイだった」。

 県警キャップを演じた堺雅人(34)は実在の新聞記者を“取材”し役作り。「みな焼き肉が好き。物を追いかける狩猟の本能かな」と話していた。ほか尾野真千子(26)が出席した。

(2008年6月17日12時53分 スポーツ報知)

堤真一「NHKスタジオパークからこんにちは」に生出演


posted by ぴかまま at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。