2008年06月18日

地味な謎解き映画が異例のヒット!!大泉洋の快哉が聞こえる

地味な謎解き映画が異例のヒット!!大泉洋の快哉が聞こえる
2008年6月2日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 してやったり――。大泉洋(35)の心境はこんな感じに違いない。

 先週24日から主演映画アフタースクール」が公開され、土日2日間で興収7043万円を記録した。同映画は独立系が配給する単館拡大公開作品で、総スクリーン数が72と少ない。1スクリーンあたりの興収は週間興収トップの「ナルニア国物語/第2章」を上回っているからすごい。

「練り込まれた脚本や痛快な謎解きが公開前から密かに話題になっていましたが、主要キャストは大泉、佐々木蔵之介堺雅人と地味。大作ではないから大々的な宣伝は展開できず、コケるという声もありました。そんな中、大泉は普段は出演しないバラエティーにも顔を出して必死に映画をPRした。それが報われました」(マスコミ関係者)

 大泉は今クールの日本テレビの連ドラに蒼井優との共演で出演するはずだった。だが、企画されていた「悪魔くん」の内容に蒼井サイドが難色を示してポシャってしまった。

結局、蒼井主演の「おせん」が放送され、大泉は1回のゲスト出演のみになった。その「おせん」は1ケタ視聴率が続いて苦戦している。大泉は、「見たか、蒼井優!」と叫んでいるかもしれない。

【2008年5月30日掲載】

蒼井優が女将に・日本テレビ系「おせん」(

★★★

大泉洋、女子高生のタメ口にブチ切れ?教員免許はあるけれど…
2008年5月23日(金)10時0分配信 シネマトゥデイ

すっかりその気の大泉洋と、女子高生のみなさん

-PR-
 22日、渋谷シネクイントで映画アフタースクール』の学生限定試写会が開催され、主演の大泉洋が出席。同作で教師役を演じる大泉が、スクリーン前に設置された教壇に立ち、学生相手に放課後(アフタースクール)のホームルームをするというユニークなイベントとなった。

 本番前、若い世代にはあまり人気がないと思い込んでいた大泉だったが、ふたを開ければ、場内は制服姿の中高生たちで超満員。しかも客席からは絶叫にも近い歓声が沸き起こった。そんな予想外の大盛り上がりに大泉本人は「中高生イケる! バラエティーやめて、アイドル的にシフトしようかなぁ」とまんざらでもない様子だった。

 しかし客席とのQ&Aコーナーでは、「洋ちゃんみたいに自分に自信を持ちたい!」「洋ちゃんが教員免許を持ってるってホント?」などことごとくタメ口をたたかれ、大泉がブチ切れる一幕も。実際、大泉は高校の地理と歴史の教員免許を持っており、教育実習の経験もあるが、生徒たちをコントロールするのはなかなか難しいようだ。

 イベント終了後の囲み取材では、冷静さを取り戻したのか「学生さんがみんな、リハ通り盛り上がってくれた(笑)。おかげですっかりカン違いさせてもらった」と束の間のアイドル気分を堪能した大泉だった。なおこの日の模様は、渋谷駅前のスクランブル交差点の大型ビジョン4台で生中継された。

『アフタースクール』は人の良い中学校教師(大泉)が、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)と出会ったことから事件に巻き込まれるサスペンス。二転三転するスリリングな展開と驚きのドンデン返しが話題になっている。

映画アフタースクール』は5月24日より、渋谷シネクイントほか全国公開

オフィシャルサイト http://www.after-school.jp/index.html


posted by ぴかまま at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。