2008年06月23日

堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判

堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判6月23日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●芝居にのめりこんで早大中退
“隠れたヒットメーカー”堺雅人(34)が注目を浴びている。
 

 出演中のNHK大河ドラマ篤姫」がついに視聴率25%を超えた。

15日25.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

主役は宮崎あおいだが、準主役の堺がこれに大きく貢献していて、演技では宮崎以上に評価されているのだ。

 堺が演じているのは篤姫宮崎あおい)が嫁いだ第13代将軍・徳川家定

普段は“うつけ”のフリをしているが、実は明晰(めいせき)な人物という設定だ。奇行を繰り返している時のとぼけっぷりと、時折見せる鋭い表情の対比を堺は見事に演じていて、ほとんど“主演男優”といっていい。

 他にも堺は公開中の映画アフタースクール」にも出演。同映画は総スクリーン数が70館ながら、最終興収が5億円前後を見込めるヒットになっている。

来月2日からは映画クライマーズ・ハイ」が公開される。堺は主人公(堤真一)の同僚で、県警キャップの社会部記者を熱演している。

 いまや“ヒットの陰に堺あり”といえるほどだ。
「堺は早大中退で、演劇研究会を母体にした劇団の看板俳優として活躍していた。いつもほほ笑んでいるような表情が持ち味。“喜怒哀楽をすべて笑顔で表現できる”といわれ、幅広い演技力には定評があります。04年の大河ドラマ『新選組!』では、総長の山南敬助役を演じて知名度がアップした。山南が切腹する回の放送は視聴者からの反響が大きく、その1話だけ特別に再放送されたほどでした」(マスコミ関係者)

 01年には富田靖子との親密交際が発覚。一時は結婚秒読みといわれていたが、昨年1月に破局を迎えている。独り身で、仕事に没頭する堺の演技に注目だ。

最終更新:6月23日10時0分

NHK大河ドラマ「篤姫」

NHK大河ドラマ篤姫第25回「母の愛情」6/22

NHK大河ドラマ篤姫第24回「許すまじ、篤姫」6/15


地味な謎解き映画が異例のヒット!!大泉洋の快哉が聞こえる
大泉洋「小さい話ばっか」禁ネタバレで

堤真一、「撮影中がクライマーズ・ハイだった」


posted by ぴかまま at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。