2008年05月24日

加藤雅也 美人外科医とスピード婚

加藤雅也 美人外科医とスピード婚 (2006-05-24)

照れながら結婚会見を行う加藤雅也
スポニチ

 俳優の加藤雅也(43)が今月17日に都内総合病院に勤務する整形外科医の聖子(きよこ)さん(34)と結婚したことを23日、発表した。2枚目俳優と美人女医のカップルの誕生。神奈川県内のスタジオで会見した加藤は「付き合うことを前提に結婚してください」とユニークなプロポーズをしたことを明かした。

 聖子さんは身長1メートル60で色白、目鼻立ちのはっきりしたさわやかな美女。関係者によれば「女優の秋本奈緒美さんや、Winkの鈴木早智子さんに似ている」という。医師としては、かつてER(救命救急センター)などにも勤務しており、医療の最前線で活躍している現役バリバリの外科医。浜口京子ら女子レスリング日本代表の主治医も務めた。現在は、総合病院に勤務しており専門は背骨などの整形外科という。

 出会いは約2年前で、加藤が映画の撮影中にアクションでひじと足を続けてケガ。スポーツ医学に精通した人として友人に紹介されたのが聖子さんだった。その後、昨年11月に撮影で肩を痛めた加藤が、再び聖子さんに相談して交流を深めていった。

 加藤は「お正月に、お会いしませんかと誘い出しました。その時“この人だな”とピッと頭にきた」と運命の人と感じたよう。医師という職業柄、スキャンダルのように交際を報じられたら困るという聖子さんに「つきあうことを前提に結婚しませんか」といきなり結婚を申し込んだという。彼女は「おもしろいことを言いますね」と応じ、今月17日に婚姻届を提出するスピード婚になった。

 すでに同居しているが、聖子さんは妊娠はしていない。挙式、指輪の購入はこれからで、加藤は「急に所帯っぽくなりたくない。友達みたいにいられたら」と理想の家庭像を口にした。

 普段の2人の会話は、加藤が「松井(秀喜)のケガはどうなの?」などと質問し、聖子さんが専門的に説明。横浜国大教育学部で保健体育を専攻していた加藤にとって「そういうのを聞くとおもしろい」。知的な彼女にメロメロで「ケガの功名です」と笑顔がこぼれた。

 ◆加藤 雅也(かとう・まさや)1963年(昭38)4月27日、奈良県生まれ。ファッションモデルとして活動後、渡米して俳優の道へ。北野武監督の映画「BROTHER」などに出演し、注目を集める。出演作に映画「GODZILLA」、ドラマ「anego」など。現在は日本テレビ「プリマダム」に出演中。特技は英語、ボクシング。教員免許も持つ。1メートル83。

[ 2006年05月24日 19:43


タグ:加藤雅也
posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。