2008年06月30日

「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居

「篤姫」堺雅人 将軍の暗愚と正気…二面性使い分ける芝居
6月29日11時20分配信 産経新聞

俳優、堺雅人

■NHK日曜午後8時

 大河ドラマ篤姫」で篤姫の夫・徳川13代将軍家定を演じ、なんとも言えない存在感を出している。

 今回の徳川家定は奇妙キテレツな言動を繰り返している将軍。老中の前でせんべいを自ら焼いては皆に振る舞ったり、自分の口に運んで「アッチーッ」といきり立ったり。老中にみかんをぶつけたかと思えば、庭で真剣にアヒルを追いかける。おかめのお面をかぶってかくれんぼもする。まさに、うつけ将軍ぶり全開だ。

・ 「篤姫」のワンシーン

 収録に入ったばかりのころ、徳川家定の描きように「ここまでしたら徳川家の子孫の方に怒られないかな」と若干憂慮していたが、脚本家や演出の方針はそのままゴー。「将軍としての圧倒的な育ちのよさをみせてほしいとのリクエストもあって、どうしたものか」と頭を抱えもしたが、堺なりの家定像を作り上げてきた。

 「徳川家定は暗愚に見えるけど、そうでないときもあるという二つの要素がある。この二面性を使い分ける思わせぶりな芝居は、やっていて楽しかったです」

 将軍であるがゆえの宿命を受け入れた上での暗愚と正気。それが表裏一体となっているところが今回の徳川家定のミソだ。

 「徳川家定のニュートラルな状態って…と考えたとき、少し壁にぶち当たったことがありましたが、ずっと演じているうちに、家定は僕の中でどんどんリアルになっていって、今ではかけがえのない大好きな人物になっています」

 4年前の大河ドラマ新選組!」で、陽だまりのような微笑と心の中に鋭い切れ味の両面を持つ新選組総長・山南敬助を演じて注目された。徳川家定も山南も「初めはよくつかめなかった」が、演じていくうちにその人物の深みに触れて好きになっていったという。

 人間、誰しも自分の中にいくつかの異質な面を持っている。それを表現することは、役者の醍醐(だいご)味かもしれない。そういえば篤姫役の宮崎あおいも、自分が男性だったら演じてみたいドラマの中の役は家定だと話していた。

 徳川家定の真の姿を見抜き、彼の天に向けた叫びに触れた篤姫だが、心を通わせた2人に別れが訪れるのは悲しいくらい早い。その“結末”は7月13日に放送される。(萩原万貴枝)

 ■さかい・まさと 昭和48年10月14日生まれ、宮崎県出身。早稲田大在学中に劇団「東京オレンジ」に入り、役者の道へ。NHK連続テレビ小説「オードリー」で人気は全国区になる。テレビ以外に、舞台「喪服の似合うエレクトラ」「噂の男」「恐れを知らぬ川上音二郎一座」など。この夏は映画「アフタースクール」「クライマーズ・ハイ」「ジャージの二人」と出演作がめじろ押し。

NHK大河ドラマ篤姫第26回「嵐の建白書」(6/29)

NHK大河ドラマ篤姫

堺雅人 今や“ドラマ・映画のヒットの陰にこの男あり”と大評判

堺雅人、本当に新党立ち上げる!?…4・4スタート「恋愛新党」

NHK大河『篤姫』に堺雅人、玉木宏、松田翔太、堀北真希ら決定

堺雅人、映画「壁男」封切り1年半待った 

堺雅人、富田靖子が破局 生活すれ違い…双方事務所否定せず 

<篤姫>視聴率20%超 人気の秘密は「家族愛」


posted by ぴかまま at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ「篤姫」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。