2008年08月09日

松岡昌宏さん(ヤスコとケンジ)★「世の中、リズム」

松岡昌宏さん(ヤスコとケンジ)★「世の中、リズム」
 暴走族の衣装で、足早に歩いてくる姿に気おされた。31歳。「そりゃ、恥ずかしさはありますよ」。だが、カメラにすごみをきかせる表情は堂に入ったもの。泣く子も黙る元暴走族総長ながら、かわいい妹には過干渉な「兄バカ」。そんな役どころを心底楽しんでいるようだった。

 自身は一人っ子。子どものころのサッカー仲間でも、兄弟相手に練習できる子は上達が早く、うらやましかった。いつしか一人遊びと独り言が多い子どもになっていた。「それが今、ラジオのマイクに向かって、テンポ良く話すのに役立っていますね」

 「世の中、リズム」が身上。

毎朝サウナで気分を引き締め、立ち止まらずにスケジュールをこなして夜、1杯のビールで一日のスイッチをオフに。

そんなスタイルそのままに、インタビュー中、どの質問にも間髪入れずに答えを返す。

「ドラマもバラエティーも私生活も、ドラムスと一緒。テンポ良くストーンとやって、聞かせるところはじっくり聞かせる」。言い終わるや、さっと立ち上がって、次の現場に向かった。

 文・清岡央

Q ドラマの撮影に入る前に、どんな準備をしますか?(東京都・マボいろさん)

A 役に合わせて髪の長さと体重を調節します。体重は食べる量で増やしたり減らしたりします。

Q 料理が上手ですが、一番得意な料理は?(栃木県・ジャスミンさん)

A 特にないですが、あえて言えば魚料理ですね。北海道で育ったころ、身近に漁師がいたので。

Q もうすぐツアーが始まりますが、見所を教えてください。(東京都・アキさん)

A 鳥取や佐賀のように、今までTOKIOで回ったことのない土地にも行くので、初めての人にも、イメージ通りのTOKIOを感じてもらえる曲をやろうと思っています。

ヤスコとケンジ(12日から 日本テレビ系 土曜後9.00)
  高校生の沖ヤスコ(多部未華子)は、10年前に両親を亡くし、兄のケンジ(松岡昌宏)と2人暮らし。元暴走族のケンジは、今は売れっ子少女漫画家だが、妹思いのあまり、過剰にヤスコの生活に干渉する。

プロフィール
まつおか・まさひろ
 1977年1月11日、北海道生まれ。94年、TOKIOのメンバーとして本格デビュー。ドラムスを担当。ドラマでは「夜王」(TBS系)、「ナースマン」(日本テレビ系)などで主演。「ザ!鉄腕!DASH!!」(同)を始め、バラエティー番組でも活躍。

(2008年7月11日 読売新聞)

日本テレビ「ヤスコとケンジ」

TOKIO・松岡、同棲…しょこたん似の一般女性と5年前から熱愛

<ヤスコとケンジ>広末涼子、心機一転も般若顔で事務所からNG? 制作発表会見

松岡昌宏「命かけていいのは多部ちゃん」

TOKIOの山口達也が結婚


posted by ぴかまま at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。