2008年08月10日

「これからは主婦をしたい」…銅メダルの谷、引退示唆

「これからは主婦をしたい」…銅メダルの谷、引退示唆8月9日20時57分配信 産経新聞

銅メダルを手にして笑顔を見せる谷亮子

 銅メダルに終わった柔道女子48キロ級の谷亮子(32)は試合後、今後の身の振り方について、「家族のサポートなくして、チャレンジはなかった。これからは主婦がしたい。終わったばかりなので決められないが、みんなと相談して決めたい。母として五輪出場できるとは夢にも思わなかった」と述べた。

谷が「銅」獲得 日本、今大会初メダル

柔道女子48キロ級は9日、五輪3連覇を目指した谷亮子トヨタ自動車)が敗者復活戦でボグダノワ(ロシア)に一本勝ちし、銅メダルを獲得した。

谷は過去4回の五輪に出場しており、金2つ、銀2つを獲得。出場した5大会連続でメダルを得る快挙となった。日本にとっては、今大会初のメダルとなった。

 谷は準決勝で、ドゥミトル(ルーマニア)に優勢負けし、敗者復活戦に回っていた。

 谷は終始自分のペースで攻め、2分27秒、ボグダノワの一瞬のすきをついて、豪快に払い腰を決めた。

 谷は準決勝までに3試合を戦い、1回戦で日系人選手のサヤカ・マツモト(米国)に、2回戦は地元の中国・呉樹根に、3回戦はパレト(アルゼンチン)にいずれも優勢勝ちしていた。

 谷は五輪初出場のバルセロナと2回目のアトランタでは銀メダルに終わったものの、3回目の五輪となる2000年のシドニーで左ふくらはぎに故障を抱えながらも金メダルを獲得。2004年のアテネでも左足首の腱筋を損傷しながら連覇を果たした。出産を経て臨んだ今回は、「ママでも金」を掲げて臨み、大きなけがもなく順調な調整を行ってきたが、銅メダルに終わった。

谷、準決勝で敗れる 五輪3連覇ならず

北京五輪 3万発の花火で開幕 204カ国・地域が参加


posted by ぴかまま at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京オリンピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。