2008年08月12日

小池徹平さん(シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜)★役のイメージ自分に重ねて

小池徹平さん(シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜)
役のイメージ自分に重ねて


 今回、連続ドラマ初主演で挑戦するのは、中学生に間違われてしまうほど童顔の刑事、柴田竹虎役。原作漫画のキャラクターと見比べても、確かにそっくりだ。「僕もよく童顔だと言われるので、役のイメージと重なる部分は多いと思う」と言う。

 10代半ばで芸能界入り。「親や先輩、良い人たちに囲まれてここまで来られた。反抗期も特になかった」と少年時代を振り返る。

 それだけに、今回の刑事役を通して非行や犯罪に走る少年たちの心に、思いをはせるようになった。

 「愛情をもって接してくれる大人が身近にいれば、全然違ったかもしれない。だから、過ちを犯しても、すぐに悪いと決めつけず、彼らのバックグラウンドも見ていきたい、と思うようになったんです」

 インタビュー中、読者からかつてないほど大量に送られてきた質問の手紙とメールに、「わあ、うれしいです!」と目を輝かせて読み始めた。何より大勢のファンの愛情に支えられて、今の自分がある。そんな気持ちも、竹虎を演じる時の力になっているのだろう。

文・森重達裕

写真・多田貫司

Q 好きな女性のタイプを教えて下さい。(神奈川県、はんなり豆腐さん)

A 年齢は関係なく、しっかりしている女性にひかれます。あと、自分のことを分かってくれて、どんな時でもキレイでいようとする方です。

Q 子供のころに見ていたテレビ番組は?(千葉県、うさぎちゃんさん)

A 「ドラゴンボール」とか「スラムダンク」とか、アニメが大好きでした。大阪出身ですから、吉本新喜劇も見てましたね。お笑いは今でも好きです。

Q 初めて買ったCDは?(千葉県、まるぽんさん)

A ゆずの「ゆずマンの夏」です。今、ギターを弾いて歌っているのも、この時に買ったCDがきっかけになっているかもしれませんね。

シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜(7月8日から フジテレビ系 火曜後9.00)
 人気コミックが原作。純粋で正義感が強い童顔の警察官、柴田竹虎(小池徹平)が少年係の刑事となり、親友の古着店主、藤木小次郎(藤木直人)ら個性的な仲間の協力を受けて、少年事件を解決していく。

プロフィール
こいけ・てっぺい
 1986年1月5日、大阪府生まれ。2002年に芸能界入り、現在はウエンツ瑛士とのデュオ、WaTで音楽活動を展開。俳優としては、ドラマ「医龍」シリーズ(フジ系)、映画「KIDS」などに出演。

(2008年6月27日 読売新聞)

小池徹平「童顔で良かった」連ドラ初主演

小池徹平しみじみ「童顔で良かった」


posted by ぴかまま at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。