2008年09月06日

米倉涼子、悪女役で本領発揮も素顔は実にサバサバ…

テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル『氷の華』

★★★

米倉涼子、悪女役で本領発揮も素顔は実にサバサバ… 2008年9月5日(金)17時9分配信 夕刊フジ

「悪女役は面白い」米倉涼子の本領発揮だ

 悪女役がすっかり板についた女優、米倉涼子(33)。

テレビ朝日系の2夜連続ドラマ「氷の華」(6、7日午後9時)では、夫の不倫で殺人犯へと変貌する美人ピアニストを演じる。どんな心境で役にのぞんだのか。

 「またスタートを切った感じ。悪女の役はやっぱり楽しくて、やりがいがあります。何しろ普段はいいコなので(笑)。悪女なら、こんなことをやれるんだって気づかされる。とことんやれるのが面白いんです」


 笑顔で語り始めた米倉。ヒロインの恭子は、外科医の夫・隆之(堺雅人)と何不自由なく暮らしているが、不妊症が大きな悩み。そこに、隆之の子を身ごもったという女から、度重なる嫌がらせを受け、殺害を決意する。


 悪女をどう演じるか、答えは見つかっていない。


 「つっけんどんな話し方をしていても、それが悪女だとはかぎらない。男の人の前でいかにも女らしくて、かわいらしいコなのに実は…っていうのも実際、いますからね」


 共演者からも刺激を受ける。犯行後の恭子を執拗に追う戸田警部(舘ひろし)とのにらみ合い。互いの心理を探り合う事情聴取の場面は迫力十分だ。


 「舘さんは、言葉の区切り方が独特。“セリフ忘れちゃったんじゃないの?”って、思っていると、お芝居を続けてくる。油断できないんです。おかげで、本当に緊張した演技ができました」


 堺が演じる夫役は、NHK大河ドラマ「篤姫」“うつけ将軍”から一転、クールなインテリキャラ。米倉とはスタッフも交えて食事し、親睦を深めた。


 「お互いの日ごろの生活や行動について話したんですけど、私はアウトドア派、堺さんはインドア派で正反対。私みたいなのが堺さんの役を演じたら、全然違っていたと思います」


 恭子の過去を知るミステリアスな友人役には同い年の葉月里緒菜。元祖魔性の女も、現在は1児の母。撮影中の雑談で、「私は週刊誌を読む主婦よ」と話していたというから、おもしろい。


 ところで、自身は、もし恋人や夫の浮気を見つけたらどうするか?


 「私なら、どうぞ、持ってって−と言って別れます。だって、それがお互いのためにいいでしょ」


 実にサバサバ。プライベートでは華やかな話題に事欠かないが、ドラマでウエディングドレスを着る回想シーンについても、「モデル時代からたくさん着てきたんで、あまり感慨はないんですよねえ」。


 ドラマのカギを握るのが子供の存在。米倉も「子供は大好き」というが、「今すぐ欲しいとは思ってないです。その前に結婚しなきゃ」と願望をポロリ。案外、近い?


 【よねくらりょうこ】 1975年8月1日生まれ。神奈川県出身。モデルを経て、99年6月から女優に転向。テレビ朝日系ドラマ“松本清張3部作”で悪女役のイメージが定着。フジテレビ系「モンスターペアレント」(火曜午後10時)に主演。10月8日から、初のミュージカル「CHICAGO」(東京・赤坂ACTシアター)に主演で挑む。

米倉涼子 再び悪女役 2008年9月3日(水)15時0分配信 内外タイムス

米倉涼子 再び悪女役

 女優の米倉涼子(33)が2日、都内でテレビ朝日系ドラマスペシャル「氷の華」(6、7日午後9時)の完成披露試写会に出席。共演の舘ひろし(58)とトークを展開した。

 これまで何度も悪女役を演じた米倉。今回も頭脳的な悪女役だが、「今回でまた、(悪女役の)スタートをきった。今回は(ドラマの中で)悪いことをする量が多かった。やっぱり楽しいな」と満足そう。実生活で交際相手の浮気が分かったら、と聞かれると「相手がどんな人か見たい。でも見てガッカリしてもなぁ」。舘は「そんな時、男を追い詰めたり、(女性が)行動に出ちゃダメ。泣き寝入りするか笑って許すとかしてもらわないと…」とオトコの気持ちを代弁していた。

★★★

米倉涼子、ドラマ「氷の華」で舘警部と対決

“悪女”米倉涼子 夫の浮気相手に毒盛る

米倉涼子、悪女役に「楽しい」

徹子の部屋から・・「氷の華」の原作者・天野節子さん

天野節子さん ヒットの理由は「天涯孤独」


posted by ぴかまま at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米倉涼子「氷の華」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。