2008年09月13日

注目番組の視聴率(「太陽と海の教室」「氷の華」)

注目番組の視聴率 2008年9月12日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●福田辞任で笑ったフジ、泣いたTBS

《5.6%》
 1日、福田首相の突然の辞任劇。NHKも民放も21時20分台に番組を切り替えて、辞任会見を放送した。

 もっとも早かったのはNHKの「ニュースウオッチ9」で、視聴率も一番高くて17.1%。

とにかく慌てたのはフジテレビ織田裕二主演の看板枠のドラマ「太陽と海の教室」を放送中で、28分から20分間、会見に切り替え、その後ドラマに戻した。「太陽」の前半は12.1%、会見が13.0%、「太陽」の後半が16.3%と“会見効果”という結果だ。

 気の毒なのはTBSで放送された映画「嫌われ松子の一生」。24分で会見放送になり、その後は報道特番体制になり、途中打ち切りだ。それで会見が映画より低い5.6%では泣けてくるではないか。


●「氷の華」は2夜平均17%台
《16.8%》《18.0%》

 週末、2日間にわたって各2時間放送された特別ドラマ「氷の華」(テレビ朝日)。

米倉涼子が再び悪女を演じるというのも話題で、テレビ朝日の力の入れ方はハンパではなかった。

6日「第1夜」は16.8%、7日「第2夜」は18.0%と上々の視聴率になった。

 第1夜で犯人がわかったと思った人も多かったに違いないが、第2夜でドンデン返しが何度かあって、米倉は悪女ではなさそうに見せながら、最後は性根の据わっている悪女というのがオチ。第2夜の1.2ポイントのアップはそんな展開が影響したのだろう。

 ラストは続編がありそうな終わり方だった。期待したい。

(日刊ゲンダイ2008年9月9日掲載)

<テレビ視聴率>織田裕二ドラマ、中断・再開で4%アップ 首相会見が思わぬ効果

織田裕二がヘコたれない理由

注目番組の視聴率(四つの嘘)


posted by ぴかまま at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 視聴率
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。