2008年09月10日

第6回パーカッシオ美脚大賞に広末涼子・瀬戸朝香・真矢みき・菅山かおる

瀬戸朝香が「美脚大賞」でミニ姿披露 2008年9月9日(火)7時29分配信 サンケイスポーツ

 女優の広末涼子(28)、瀬戸朝香(31)らが美脚の持ち主を表彰する「第6回パーカッシオ美脚大賞」に選ばれ8日、都内で行われた授賞式に出席した。

 20代部門で受賞した広末は、自らデザインした深緑色のパンプスに、美脚が拝めるミニワンピース姿で登場し「こんな賞はほど遠いと思ってたので、とても恥ずかしい」とテレ笑い。30代部門の瀬戸はひざ上25センチ超のミニスカ姿で「年齢的に恥ずかしいけどミニスカートで来てしまいました」と大喜びだった。

かおる姫 華麗に転身!美脚で受賞 2008年9月8日(月)22時58分配信 スポニチ

 脚線美が魅力の著名人を年代別に表彰する「第6回パーカッシオ美脚大賞」が8日、都内のホテルで行われた。パーカッシオとは、クラレが開発した人工皮革の新素材で、これを使用するイナバなど靴メーカー6社が受賞者を選考した。

 20代は広末涼子(28)、30代は瀬戸朝香(31)、オーバーフォーティーは真矢みき(44)、スポーツ部門はバレーボールの元全日本選手で5月に現役を引退した菅山かおる(29)が選ばれた。ダンサー西島千博(36)との婚約を発表した真矢は「電話で報告したら“僕もきれいな脚をしているんだよ”と言ってました」とか。








posted by ぴかまま at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。