2008年09月04日

イタズラなKiss:ドラマ、アニメに続いて舞台化 主演・安倍麻美は「8回告白しました」

 少女マンガ家の多田かおるさんの絶筆となった人気作「イタズラなKiss」が舞台化されることになり4日、製作発表が東京都内で行われた。

主人公・相原琴子役の安倍麻美さん(23)は中学生の時に好きな男の人に8回告白してようやく恋が実ったという経験を披露し、「好きと決めたら一途なのは琴子も自分も一緒。楽しんで演じたい」と話した。

 「イタズラなKiss」は、女子高生の琴子が主人公。琴子は、超イケメンで成績もトップという同級生の入江直樹に思いを寄せ、告白するが激しく振られてしまう。

ところがある日、新築したばかりの自宅が地震で崩壊し、父親同士が親友でもある直樹の家に身を寄せることに。学校とは違う直樹の素顔を知って、さらに思いを募らせていくというラブコメディー。

90年から「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、96年にテレビ朝日系でドラマ化されたほか、台湾でもドラマ化された。

作者の多田かおるさんが99年に不慮の事故のため急逝し、同作は未完となったが、4月から放送中のCBC・TBS系で放映中のテレビアニメで、結末が描かれる。舞台版「イタズラなKiss 恋の味方の学園伝説」はコミックス1巻をベースに、学園祭をめぐる騒動を描くオリジナルストーリーになるという。

 入江直樹役の八神蓮さん(22)は、「直樹はクールで自分とは違うタイプ。原作をどんどん読み込んでものにしていきたい」と語っていた。会見には多田さんの夫で音楽プロデューサーの西川茂さんも出席。安倍さんと八神さんについて、「まるで琴子と直樹がそのまま現実になったみたい。こういうキャストで舞台化されるなんてうれしい限り。楽しみです」と期待を寄せていた。

 舞台は11月27日から12月7日まで、東京・新宿のシアター・サンモールで上演される。入場料は5500円。10月1日からチケットぴあなどで前売りを開始する。問い合わせは東京音協(03・3201・8116)まで。【渡辺圭】

 2008年9月4日(毎日新聞)

イタズラなKiss - Wikipedia


posted by ぴかまま at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花畑牧場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。