2008年10月25日

捜査押収品からメラミン=「花畑牧場」生キャラメル模造か−県が調査へ・埼玉

捜査押収品からメラミン=「花畑牧場」生キャラメル模造か−県が調査へ・埼玉10月25日1時20分配信 時事通信

 埼玉県警が不正競争防止法違反容疑の捜査で押収した生キャラメルから、有害物質メラミンが0.5ppm検出されたことが24日、分かった。県警は埼玉県に報告した。

健康被害は出ていない。県は製造過程で使用されたとみて、原材料の牛乳などの輸入経緯を調べるとともに、流通先を調べるため、関係自治体に調査を依頼した。

 県によると、0.5ppmは検出の限界基準値でごく微量の濃度。

 県警や県の話では、押収したのは商品名「生キャラメル」で、1袋10個入りの3袋。

民間機関に検査を依頼し、スーパー「ショッピングひまわり久喜本町店」が販売した1袋からメラミンが検出された。

 この生キャラメルについては、タレントの田中義剛さんが社長として知られる乳製品製造販売「花畑牧場」(北海道中札内村)が「類似品が売られている」として告訴。

県警が同法違反容疑で捜査し、9月25日に押収した。

 スーパーの経営会社「ショッピングひまわり」(同県鷲宮町)によると、問屋から北海道土産として有名な花畑牧場のキャラメルとして入荷し、7月から今月まで販売した。

 本物は木箱に入っているが、同社は袋入りで販売していた。購入客から問い合わせがあったが、同社は真偽の確認をしなかった。 

田中義剛「口溶け感が勝負!」 牧場スイーツPR・2007.6月/

株式会社花畑牧場(はなばたけぼくじょう)は、北海道河西郡中札内村に本社を置く、牧場経営・食品の製造販売などをする企業である。代表取締役はタレントの田中義剛

経営する牧場は本店所在地と同じ場所にあり、十勝地方の観光地のひとつとなっている。食品事業では、北海道内の観光地や百貨店等で、花畑牧場ブランドの生キャラメル・アイスクリーム・チーズ・プリン・ケーキ等を販売するショップを直接開設する

花畑牧場

花畑牧場 - Wikipedia

. 田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】| トップページ

. 【楽天市場】花畑牧場・生キャラメルセット(生キャラメル4/チョコ1 ...

. 田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】| 直営店紹介

. 【楽天市場】花畑牧場は、北海道発の牛乳にこだわった手造りブランド ...

. 【花畑牧場】手造り生キャラメル 田中義剛の『花畑牧場』からお届けし ...

田中義剛(たなか よしたけ、1958年3月13日 - )は、青森県八戸市出身のタレント、シンガーソングライター、酪農家である。所属事務所はアップフロントエージェンシー。

青森県立八戸北高等学校・酪農学園大学酪農学部卒。理科(生物)の教員免許を持っている。北海道を中心に活動。“半農半芸”をモットーとし、北海道十勝支庁河西郡中札内村(なかさつないむら)で『花畑牧場』を経営。

大学時代よりシンガーソングライターとしての活動を開始し、1980年にはフレッシュサウンズコンテストで審査員特別賞を受賞。以後北海道を中心に歌手・ラジオパーソナリティとして活動していたが、1987年に「オールナイトニッポン」のパーソナリティになったことをきっかけに東京進出。1990年前半にテレビのバラエティ番組にも数多く出演するようになり、全国的な知名度を得る。だが、この時期から彼に近い芸能人からネタ的に語られるほど、プライベートの傲慢ぶりが噂された。またバラエティ番組への出演増加と反比例して歌手活動は低調となり、一時演歌歌手への転向を図ったものの失敗に終わったため、現在は歌手としての活動はほとんど行っていない。現在はテレビのバラエティ番組やラジオのパーソナリティの仕事が多い。

『花畑牧場』の開業当初は失敗を繰り返す日々であった。チーズなどの自家生産にことごとく失敗し出品したが返品されたこともあった。合計4億の借金(2万坪の土地購入資金に銀行の融資が2億、傾きかけた事業の再生に向けて所属事務所アップフロントエージェンシーから1億円、損益が1億)をし、事務所の社長から「この詐欺師野郎!!」と罵倒されるなどどん底の日々で、一時は土地を売却し自己破産を迫られる危機的な状況に陥っていた。土地は査定の結果”資産価値無し”と審査され、起死回生しか路が無くなった所「カチョカヴァロ」というチーズや生キャラメルなどのヒット商品を生み出し、現在は年商50億円の規模にまで成長させ従業員は500人を超えている。(2008年10月現在)

「花畑牧場」ブランドをはじめ、北海道の農畜産物を道外へ売り込む等の「事業家」としても活動の場を広げている。この他、牛の種付け免許を所持している。「田中義剛のオールナイトニッポン」ではこれを生かし、自分で種付けして生まれた子牛をリスナーの家に届けるという企画を行った。

ハロープロジェクトのカントリー娘。をつんく♂とプロデュースしたこともある。

田中義剛 - Wikipedia

<生キャラメル>花畑牧場の商品として売らず…卸売業者反論<生キャラメル>花畑牧場の商品として売らず…卸売業者反論
2008年10月25日(土)12時15分配信 毎日新聞

 埼玉県内のスーパーで花畑牧場(北海道中札内村)製と偽った生キャラメルが売られていた問題で、スーパー側と仕入れ先業者の言い分が対立している。スーパーは「仕入れ先の卸売業者から本物と説明された」。これに対し、業者は「ブームの生キャラメルと説明したが、花畑牧場の商品として売ったことはない」と反論した。県警は不正競争防止法違反の疑いもあるとみて双方から事情を聴いている。

 スーパーに卸していたのは東京都練馬区の業者。業者側は25日朝、取材に対し「北海道の小樽の会社が製造した商品を東京の別の業者を通じ仕入れた」と説明。「商品を詰めた段ボールに製造元が記載され、他のスーパーにも卸している。花畑牧場産として売られていない」と答えた。

 一方、生キャラメルを売っていた「ショッピングひまわり」(本部・埼玉県鷲宮町)は25日から購入者への代金返還を始めた。レシートがなくても応じる。山崎輝光社長は店頭で客に謝罪。報道関係者に「卸売業者から花畑牧場の生キャラメルを扱ってみないかと持ち掛けられた。段ボールには小樽の会社名があったが、花畑牧場の生産が人気で追い付かず、外注していると業者担当者から聞かされた」と話した。

 商品は、7月から段ボール1箱あたり1万400円(200粒)で仕入れ、これまでに1袋(10粒)598円で820袋売ったという。【飼手勇介、西田真季子】


posted by ぴかまま at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。