2008年10月28日

西川かの子が離婚を発表

西川かの子が離婚を発表10月27日20時31分配信 スポーツ報知

 元参院議員のタレント・西川きよし(62)の長女でタレント・西川かの子(34)とパティシエ・林繁和氏(54)夫妻が27日、離婚届を提出した。西川が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーがファクスで発表した。会見などの予定はないという。

 事務所は「ふたりで話し合いを十分に重ねた上で出した結論です。今後は新しい人生を、一生懸命に歩んでいこうと思っております」とコメント。2人は2005年4月に挙式。07年には長女が誕生したが、今年に入り数か月前から別居状態に。いつ離婚届が出されてもおかしくない状態だった。

林繁和

大阪市出身。辻学園日本調理師学校にて料理を幅広く学ぶ。
1971年、洋菓子・パン・フランス料理の技術・知識の研鑚のためヨーロッパ諸国、エジプトを訪問。1978年再びフランスに渡り、ホテルパリヒルトンをはじめ、幾度か渡欧し研修を重ねる。又、1984年には神戸で行われた西日本洋菓子コンクールに入賞。
1989年全国洋菓子博覧会にて三笠宮寛仁親王名誉総裁賞受賞。
1993年ドイツ洋菓子職人世界選手権日本代表として出場。
1996年西日本洋菓子コンクール工芸菓子の部、最優秀賞受賞。
大阪/中之島 辻学園調理技術専門学校、及び辻クッキングの製菓・製パン教授として、プロ調理師の養成に専心し、西洋料理専門調理師技能検定、製菓衛生士などの資格を取得。
アメリカにもパン指導に向かう。
現在、大阪府洋菓子工業協同組合常務理事・大阪府洋菓子協会副会長・大阪府洋菓子技能士会会員として、若い技術者の育成に力を注ぐほか、食文化はやらし隊の代表として講演、講習会、ボランティア活動やテレビ、新聞などのメディアを通じて家庭の主婦を対象に「料理の基本」・「食材に対する知識」・「食の文化」・「食の楽しみ方」など、食に関する啓蒙活動に力を入れている。

◆主なテレビ・ラジオ出演番組
朝日放送「探偵ナイトスクープ」
読売テレビ放送 「ミヤネ屋
などにレギュラー出演。

◆その他の活動
各種講演、講習会講師として活躍。

林繁和の「週間林シェフ」

西川かの子(にしかわ かのこ、1974年7月27日 - )は、日本のタレント。吉本興業所属。西川きよし・西川ヘレン夫妻の長女。 

大阪府堺市堺区生まれで、箕面市育ち。血液型はA型。芦屋大学教育学部卒業。西川きよし・西川ヘレンの娘、兄は俳優の西川忠志と西川弘志。父親譲りの大きい目が売りで、「西川きよしの娘」という事で有名。親の七光りとの批判もあるが、本人は「西川きよしの娘」という目で見られるのを嫌い、時事問題や世相に付いての勉強を常に行っているといわれる。また祖父・祖母の介護を母と共に行った経験から、介護福祉問題に付いては実体験を元にした発言を行っている。2000年12月に芸能界入りしているが、以前には母の西川ヘレンとロート製薬の目薬「ロートV40」のCMに出演した事がある。2005年1月11日に辻学園調理技術専門学校主任教授の林繁和と婚約し、4月1日に結婚した。関西系の番組では、バラエティータレントとして夫婦、父娘または母娘、という形でテレビで活躍中。

2007年4月24日に第一子になる女児を出産。きよしとヘレンの孫としては4人目であるが、芸能ニュースで出生が初めて大きく題材として取り上げられた孫である。

しかし、2008年になって林と別居。2008年10月27日、正式に離婚した。

西川かの子 - Wikipedia



posted by ぴかまま at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。