2008年10月30日

「ハンサム★スーツ」脚本 鈴木おさむ

塚地が谷原章介に変身「革命的です」 2008年10月29日(水)19時37分配信 日刊スポーツ

 映画ハンサム★スーツ」(11月1日公開)の試写会が、東京・半蔵門のTFMホールで行われた。

出演する谷原章介(36)塚地武雅(36)北川景子(22)佐田真由美(31)佐々木希(20)と英勉監督が舞台あいさつ。

女優陣から男性陣に対し、キスのサービスもあった。

不細工な塚地が、ハンサムスーツを着るとかっこいい谷原に変身する、笑えて泣ける感動コメディー。

 谷原は「36歳でやっと塚地さんとダブル主演。素晴らしい作品と自信を持って言えます」。塚地は「邦画でここまでストレートなコメディーは、今までなかった。革命的な映画です」と話した。


「ハンサム★スーツ」脚本 鈴木おさむ 2008年10月29日(水)17時0分配信 産経新聞

 ■「ハンサムだってしんどいはず」

 不細工男が念願のハンサム男に変身して体験する悲喜こもごもを描いた英勉監督の映画ハンサム★スーツ」。巻き起こる騒動を、ユーモアあふれるおかしさも込めて脚本にしたのが、テレビなどで活躍中の鈴木おさむ。「単純に、かっこ悪い人がかっこ良くなるとどうなるかを表したかった」という。

 《優しい不細工男、大木琢郎(塚地武雅)は美人アルバイトの寛子(北川景子)に恋するもあっさり振られ、意気消沈。だが、立ち寄った紳士服店でハンサムになるスーツを手に入れ、光山杏仁(谷原章介)としてスターにのし上がる…》

 不細工男がハンサム男となり、もてもての日々を送る…。多くの男性が夢見る世界を、面白おかしく表した。だが、冷静な視点ものぞかせる。

 「かっこいい人って、本当はすごい努力をしていたり、コンプレックスも持っていたりするはず。そこを突然ハンサムになる琢郎に重ね、最初は喜ぶが、意外にしんどいことが分かる、という展開にしてみた」

 一見奇想天外な物語だが、幸せ探しなど、全体的に「温かい」ストーリー。厳しい社会に生きる私たちへの応援歌ともいえる内容だ。「娯楽番組などの放送作家のときもそうだが、楽しんでもらうことを考える。それは、前向きになったり、幸せを感じたり、人にとっていいことでしょう」

 「笑っていいとも!」「SMAP×SMAP」など人気番組を手掛ける超売れっ子の放送作家だが、おごりはない。「昔からコントやコメディーが好き。今後も、僕しかできない世界を作り続けたいですね」

 11月1日から大阪・梅田ブルク7などで公開。(福本剛)

映画ハンサム★スーツ』は11月1日より渋谷シネクイントほかにて全国公開

映画ハンサム★スーツ』オフィシャルサイト http://www.handsome-suits.com/

小悪魔スマイルの北川景子、塚地に「相方を変えたほうがいい」と痛烈ツッコミ!!

映画「ハンサム★スーツ」(英勉監督、11月1日公開)

北川景子 外見より中身…今秋公開「ハンサム★スーツ」ヒロイン
谷原章介、女児誕生に上機嫌「もうメロメロになってます」


posted by ぴかまま at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームオブハート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。