2008年11月15日

NHKをソデにした木村拓哉の品格

NHKをソデにした木村拓哉の品格 2008年11月13日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 先週、発表された2010年の大河ドラマの主役。

フタを開けてみたら、「龍馬伝」の主演は福山雅治(39)になり、当初、有力視されていた木村拓哉(35)ではなかった。

 そもそも今回の脚本の担当は「HERO」や「CHANGE」など木村の主演ドラマを手掛けた福田靖氏。それだけに、木村で決まりと思われていたから意外だし、NHKも必死だった。

 NHKは以前から木村に大河の主役を演じてもらいたがっていて、04年の「新選組!」で香取慎吾、05年の「義経」で滝沢秀明を主演に抜擢した。それもこれもすべて木村主演への布石だったといわれている。NHKにしてみれば、木村サイドに“三顧の礼”を尽くした格好だ。

 しかし、木村はこれをソデにしたわけだ。

「大河はギャラが安い上にスケジュールを1年近く拘束されるし、長期にわたる地方ロケも多い。木村はハリウッド映画からのオファーを待っているという話もあるし、大河は魅力的な仕事ではないのです。今年の『篤姫』が25%を超える高視聴率をマークしていることも影響しています。NHKが低視聴率に悩んでいる頃なら、木村は“大河の救世主”という立場に立てますが、『篤姫』のヒットでもくろみも外れてしまった。木村にしてみれば、宮崎あおいに負けるわけにはいきませんからね」(テレビ関係者)

 木村から断られたことで福山や織田裕二が候補に上り、最終的に脚本の福田氏がドラマ「ガリレオ」を手掛けていた関係で、福山に決まったようだ。木村側はオファーはないとし、NHKの鈴木圭チーフプロデューサーは「一切浮気はしてません。昨年の暮れから一心にラブコールを送ってきました」と福山を立てているが……。

 NHKもコケにされたものである。

(日刊ゲンダイ2008年11月10日掲載)

★★★2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」★★★

福山雅治、大河ドラマ「龍馬伝」に大抜擢の舞台裏
福山雅治がNHK大河ドラマ主演!…10年「龍馬伝」
2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」 主演は福山雅治か
2010年度の大河ドラマは『龍馬伝』に決定! 主役は「“大人”の俳優に・・・」


posted by ぴかまま at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木村拓哉 離婚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。