2008年11月16日

ローンと子育てのためにやっと本気になった江口洋介

ローンと子育てのためにやっと本気になった江口洋介 2008年11月15日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ
-
●3億円の豪邸を建設

 民放にとっては先行きが見えた秋ドラマより次のドラマということか。早くも年明けの連ドラが発表されているが、中でも注目は江口洋介(40)だろう。

 江口は1月6日スタートのフジテレビのサスペンスドラマ「トライアングル」で主演する。05年の「救命病棟24時パート3」(フジテレビ)以来の本格的な連ドラ出演で、過去の惨殺事件を追う刑事を演じる。広末涼子や稲垣吾郎との共演で、他にも主演級の俳優がズラリとキャスティングされている。

 今年の江口はシャカリキだ。珍しく人身売買や幼児買春をテーマにした社会派映画「闇の子供たち」で主演を務め、来年公開の映画「GOEMON」では大泥棒・石川五右衛門を演じる。ここ数年はスローペースで仕事をしていたから、周囲からは何があったのかという声が聞こえる。

「江口は去年、渋谷区内に90坪の土地に3階建ての豪邸を建てました。1階がガレージ、2階がリビング、3階が寝室という造りで総額3億円といわれています。妻の森高千里は“休業状態”だから江口が頑張るしかないのです」(女性誌記者)

 子供の教育にもお金がかかる。江口には今年8歳になる長女と6歳の長男がいて、長男は今月が“お受験”だった。受験先は長女と同じ大学までエスカレーター式に進学できる名門私立学校。初年度の学費が145万円でその他の寄付などのたびに数十万円かかる“セレブ校”だ。「2人の子供をお金がかかる私立に通わせるから、何かと物入りなんです」(女性誌記者=前出)という。

 ローンと教育費のために、仕事を選ぶ余裕がないのが実情か。その方が役者としても成長する気がするのだが。

(日刊ゲンダイ2008年11月12日掲載)



タグ:江口洋介
posted by ぴかまま at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。