2008年11月20日

「ミシュラン東京2009」、☆☆☆1店増えて9店に

「ミシュラン東京2009」、☆☆☆1店増えて9店に 2008年11月18日(火)19時22分配信 読売新聞

ミシュラン東京2009」の出版記念パーティーで勢揃いした三つ星シェフたち(18日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで)=吉岡毅撮影

 東京のレストランなどを星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2009」の出版会見が18日行われ、最高の三つ星評価に昨年より1店多い9店の飲食店が選ばれた。

 欧州を中心に22か国を扱うミシュランガイドのうち、東京版は昨年11月にアジアで初めて発刊され、約30万部を売り上げた。

 2年目の今回は173店の飲食店を掲載、昨年の150店を23店上回った。

 内訳は▽三つ星「そのために旅行する価値がある卓越した料理」9店▽二つ星「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」36店▽一つ星「そのカテゴリーで特においしい料理」128店。

 三つ星9店のうち8店は昨年と同じ顔ぶれで、新顔は「神楽坂 石かわ」の一店のみ。また二つ星の新顔が14店、一つ星の新顔が35店それぞれ加わった。

 同ガイドは21日に日本語版と英語版が発売される。

 三つ星店は次の通り。▽神楽坂 石かわ(新宿区神楽坂、日本料理)▽かんだ(港区元麻布、日本料理)▽カンテサンス(同白金台、現代風フランス料理)▽銀座小十(こじゅう)(中央区銀座、日本料理)▽玄冶店(げんやだな) 濱田家(はまだや)(中央区日本橋人形町、日本料理)▽ジョエル・ロブション(目黒区三田、現代風フランス料理)▽すきやばし次郎(中央区銀座、すし)▽鮨 水谷(同)▽ロオジエ(中央区銀座、フランス料理


東京、2年連続「食の都」に=三つ星は9店に増−09年ミシュランガイド 2008年11月18日(火)20時13分配信 時事通信

 世界各地でホテルや飲食店のガイドブックを発行している仏タイヤ大手ミシュランは18日、最新の東京版「ミシュランガイド東京2009」に掲載する格付けを発表した。それによると、前年より1店多い9店が最高評価の三つ星を獲得。全体でも23店多い173店に星が付き、東京は星の数が世界一多い「食の都」に2年連続で輝いた。
 ガイドは21日発売で、価格は2415円。今年は新たに台東区や世田谷区など5つの区を調査対象に加え、13区のレストランを掲載した。ジャンル別では日本料理が6割を占めた。
 新たに三つ星を得たのは新宿区の日本料理「石かわ」で、前年の2つ星から昇格。他の8店はそのまま残った。一方、前回の二つ星店の中には、食材の産地偽装が発覚して閉店、姿を消したケースも一店あった。二つ星は36店、一つ星は128店だった。

ミシュランガイド東京08、★★★は8軒(2007年11月19日)


posted by ぴかまま at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミシュランガイド東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。