2008年12月07日

女子アナブーム健在 最新潜在視聴率ランキング

女子アナブーム健在 最新潜在視聴率ランキング
2008年12月6日(土)15時0分配信 内外タイムス

 若者のテレビ離れがしばしば指摘される中、女子アナブームが終わる気配はまったくない。

いまやタレント以上に訴求力があるといわれる女子アナの潜在視聴率を今週発売の「週刊現代」が報じている。はたして上位に名を連ねたのは…!?

 同誌が掲載したのは、大手広告代理店が作成した「潜在視聴率」で、一人の女子アナがある番組に出演する場合、その一人の存在だけでどのくらい視聴率を稼ぐことができるかを独自に算出した数値。一般視聴者2000人への対面式アンケートなどから出され、男性、女性それぞれの視点から数値化している。各局男女平均上位3人を列挙すると、以下の通り。

 日本テレビ(1)西尾由佳理2・25%(2)夏目三久2・0%(3)鈴江奈々1・95%

 TBS(1)小林麻耶3・0%(2)出水麻衣1・4%(3)久保田智子1・35%

 フジテレビ(1)高島彩6・1%(2)中野美奈子4・4%(3)平井理央2・9%

 テレビ朝日(1)武内絵美1・3%(2)前田有紀3・5%(男性のみ)(3)竹内由恵1・0%(男性のみ)

 テレビ東京(1)大橋未歩2・15%(2)松丸友紀1・4%(3)大江麻理子1・0%

 ダントツ1位はフジテレビ高島彩アナ。潜在視聴率5%以上は、仲間由紀恵宮崎あおいなどのトップ女優と同等かそれ以上の数字だとか。
 
2位は同じくフジの中野美奈子アナ。華やかさは高島アナ以上だがアナウンサーとしての資質では劣るようだ。もしアヤパンが先に結婚すれば、順位が入れ替わるかも。それにしても、上位2人を独占したフジテレビはさすがというべきか。
 
3位はTBSの小林麻耶アナ。スキャンダルもなくバラエティーの仕切りも安定感抜群。ただ、ブログでのブリッ子全開ぶりが嫌みとの声もある。

 日テレでは西尾由佳理アナがトップ。“局の顔”的な存在だが、クライアントからの番組出演指名が意外に少ないそうだ。
 テレ朝は平均2・0%を越える女子アナがいない。前記の表からは分からないが、前田有紀アナは男性視聴者からの支持が高いものの、女性視聴者からはランク外で数値なし。竹内由恵アナも同様。
 テレ東のトップはやはり大橋未歩アナ。女性視聴者の数値でもトップだが、差は少ない。男性からの支持で、ほかの2人を引き離している。

 ちなみに女性キャスターの男女平均上位3人は、(1)小林麻央3・2%(2)皆藤愛子2・25%(2)滝川クリステル2・25%。

 「日本タレント名鑑」に掲載された女性タレント約4500人中、潜在視聴率1・0%以上は50人に満たないという。いかに女子アナが数字を持っているかがよく分かる調査結果だ。

★★女子アナの話題★★★

赤江珠緒アナ、番組放送中に結婚を報告

フジ佐々木アナ、「とくダネ!」で爆笑結婚報告フジ・佐々木恭子アナが再婚 すでに妊娠3カ月
渡辺真理キャスター結婚

内田恭子 寝過ぎで結婚生活の危機?

北川&高島アナが番組内デート?
マイナス情報ばかり流れて嫌われている平井理央

川田亜子アナ「自殺」の真相巡り 元恋人が事務所幹部を「提訴
川田亜子アナの悲惨な最期でわかった!フリーアナの厳しい現実
TBSの元女子アナウンサー、川田亜子さんが自殺

たむけん暴露!不機嫌沢尻in大阪

快進撃が止まらないキャスター小林麻央
クボジュン第2子妊娠!「ウチくる!?」収録中にポロリ
チノパン妊娠!テレビ生出演で報告だ
フジ菊間アナ 笑顔で最後の出演
テレ朝・堂真理子アナが4月結婚 Mステで出会い
フジテレビ「めざにゅ〜」の新お天気お姉さん、早くも話題に
<ショーパン>「パン枠」中断は中野アナが原因? 生野アナお披露目で“新事実”
TBS小倉弘子アナ妊娠
日テレ阿部アナら卒業…来月TV改編!行く人来る人
キクちゃんの後任決定!フジ長野翼アナが“夕方の顔”に抜擢



posted by ぴかまま at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。