2008年12月27日

<みのもんた>「腰の手術で弱気に」降板表明会見 「おもいッきりイイ〜」20年節目に

みのもんた放送中に降板発表!後任は中山秀征

<みのもんた>「腰の手術で弱気に」降板表明会見 「おもいッきりイイ〜」20年節目に
12月26日15時46分配信 毎日新聞

 日本テレビ系の昼の生活情報番組「おもいッきりイイ!!テレビ」の司会者、みのもんたさん(64)が番組を担当して丸20年となる来年3月末で降板することが26日わかった。この日の番組内でみのさんが「いい形で若い人たちにバトンタッチしようと思った」と話した。同局によると、今後の番組については現在検討しているという。

 みのさんによると、番組の“卒業”を考え始めたのは約1年前。「(06年の)腰の手術で弱気になったかな」と話し、体力的な衰えが気になっていたことを打ち明けた。最終的に、みのさんの衣装を担当し、すべての仕事に同行する妻に相談したところ「あなたはよくやった」と言われ決心したという。

 年内の放送は終わったが、来年も1月6日から出演し、最後の放送は3月27日の予定。残りの3カ月で「20年を振り返るだけでなく、国会を解散に追い込むような今の社会の現状を伝えるネタをやりたいね」と語った。また4月以降は「とりあえずジムに通って体作りをして。数年後には24時間テレビで最高齢ランナーとして走ろうかなあ」と話し、周囲を笑わせた。

 同番組の前身「午後は○○おもいッきりテレビ」は87年10月開始。89年4月にみのさんが司会者になると、「おもいッきり生電話」コーナーが相談する視聴者に説教するスタイルで話題に。健康を中心にした生活情報を紹介する「今日の特集」も看板コーナーになった。番組内で紹介した食材がスーパーで売り切れるなど社会現象にもなったが、同種の番組だったフジテレビ系の「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題以降は、健康情報を扱いづらくなっていた。昨年10月から現タイトルにリニューアルされ、番組内容を一新していたが、視聴率は低迷していた。

みのもんた「所得が増えるのでうれしくて仕方がない」
みの番組の視聴率低迷…3カ月で終了

テレビの影響で品切れ大騒動 バナナダイエット健康にいいのか

みのもんた放送中に降板発表!後任は中山秀征
視聴率もズンドコ上がる!?「紅白」大トリ氷川きよし



posted by ぴかまま at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。