2009年02月12日

オフィスで急増する“弁当男子”の評判

オフィスで急増する“弁当男子”の評判-

不況の影響か、オフィスに弁当を持参する男性が増えているという。いわゆる“愛妻弁当”ではなく、自分で作った弁当を職場で食べる“弁当男子”を、世の中はどう評価しているのだろうか?

「ブームに便乗して、お弁当持参を始めることにしました。弁当男子。」と宣言した『今日のお弁当』のブロガーは、毎日メニューと完成したお弁当の写真をブログにアップするほどの気合の入れようだ。「詰めるのって意外と難しいのね」と苦戦する様子に、コメント欄には励ましやアドバイスが続々と入っている。

一方、弁当節約効果について疑問を投げかけるのは『了吉通信』のブロガーだ。

外食やコンビニ弁当と比較して、さほど安上がりにはならないと指摘し、「みんなで外へ行って飯食ってコミュニケーションとった方が、長い目でみて、絶対リターン大きいと思うけどな」という。

しかし、マメに弁当を作る男性を「エラい!!」「いいねぇ」など、女性ブロガーを中心に好意的にとらえる人は多い。男性の家事能力が歓迎される時代、“弁当男子”の頑張りは、新たなアピールポイントになりそうだ。

(ははぎく)

不況下のリーマンランチ事情 自分で作る「弁当男子」増殖中
2009年2月8日(日)19時37分配信 J-CASTニュース

この不況のあおりを受けて、ランチはお弁当というサラリーマンが増えている。

オフィスに弁当を持参する独身サラリーマンは「弁当男子」と呼ばれ、現在、増殖中だとか。料理を作ることが好きだという男性が増えたのも一因だ。弁当箱の売り上げも好調だそうだ。

「やり始めるまでは結構抵抗あったんだけど」
マーケティングリサーチ会社のインテージが2008年10月30日に発表した調査によれば、ビジネスパーソンの昼食として最近増えたものは、「家から持参の弁当」(36%)。持参しはじめたのはここ1年くらいで、切り詰めている費用は「昼食費」(43%)「夜の飲み会などの費用」(42%)が挙げられている。08年10月17日〜21日、20〜59歳の男女2400人を対象に、インターネット上で実施した。

この調査を裏付けるかのように、弁当を持参する独身サラリーマンのことは「弁当男子」と呼ばれ、現在、増殖中だ。弁当を話題にしたネット掲示板には、次のように書き込まれている。

「既婚男性の弁当持参3割の会社(一応大企業)にいるけど、確かに独身男性で弁当持参もちらほら見るようになった。20代が多い」
「今は不景気だから時間はいくらでもあるんよ。作るのは最初面倒臭かったけど、毎日20分ほど。バイトやってると思う事にしたら何ともなくなった。事実、それで1万数千円ほど毎月手元に残るし 」
「俺一人暮らしだけど完全自炊。毎日タッパ一杯におかずを作り、3日前、2日前、昨日、そして今日作ったおかず。これが弁当になる」
個人のブログでは、写真とともに紹介するケースもある。ある39歳男性はこの1月、東急ハンズで恥ずかしながら弁当箱を購入し、弁当生活が始まったと書いた。「やり始めるまでは結構抵抗あったんだけど、やってみたら健康的だし経済的だし良いことだらけだね」と、感想をつづっている。

保温弁当箱は前年比2倍の売り上げ
弁当持参者の増加を反映
弁当持参者の増加を反映して、弁当箱の売り上げも大きく伸びている。ロフトによれば、保温弁当箱(ランチジャー)は前年比2倍、保温水筒も前年比1.6倍の売り上げだ。弁当箱の購入者は女性が多いが、1番売れているものは男性向け商品の「象印保温弁当(SZ-EC04XA)」。「お弁当をつくる奥様がご主人へ寒い冬は『せめてお昼は、あったかいお弁当を』と考えているのでは」とロフトの広報担当者はいうが、男性自らが買いに来るケースもあるようだ。

実際、男性が料理をすることは多くなった。男性向けの料理教室も開催され、07年ごろから話題だ。全国で料理教室を運営するABCクッキングスタジオでは07年2月から、男性を対象にしたコースを都内の2教室ではじめた。現在ではおよそ300人の生徒が在籍し、世代を問わずにぎわう。1日だけ参加できる「1dayレッスン」にも、男性が目に付くようになったそうだ。

広報の西沢貞子さんは、共働きや節約志向がきっかけで、男性も「食」への興味が増しているのでは、と指摘する。「弁当男子」が増えていることについては、次のように話す。

「一人暮らしや共働きで自炊している男性は多かったが、堅実派が増えて、弁当持参になったのかもしれませんね。いずれにしろ、料理好きな男性は増えていると思います。凝り性な方が多く、一度やると、はまるみたいです

. 男子高校生のお弁当

コムサイズモ:弁当男子
【トレニュー】『弁当男子』トレニュー簡単クッキング|おしゃれ ...
"不景気+エコ" オフィスに「弁当男子」が急増中 働くモノニュース ...

弁当男子入門か - 自転車 de ヘルシー&エコライフ - 楽天ブログ(Blog)

新たな男女関係は草食系男子と肉食女子?

ここ数年“草食系男子”が増えているらしい。

草食系男子とは、ウェブ連載「U35男子マーケティング図鑑」のマーケターの言葉から一般語になってきたキーワードで、性格はおっとりと穏やか。

美容やファッションに関心を持ち、女性的かつ堅実な消費傾向を持つのが特徴だとか。また恋愛に対しても淡白で、女性と普通に友達関係が成立する。つまり“異性の隣で草を食べる草食動物”の雰囲気をかもしだしている男性だという。

戦後60年も日本に平和が続いたお陰で、男は男らしくと言う既成の価値観が薄れたのではないかと評論される草食系男子。この現象に上の世代の男性からは「男の価値観がこんなに変わっているのか?」「納得できない」といった声があがっている。

一方、バブル期や高度経済期の若者男性と生き方が違うのは当然と、この状況を肯定する意見もある。そして、今年は草食系がモテるという予想を知り「わかるわかる。以前からのあたし好み」と草食系を歓迎する女性もいる(シュールな日常)。

さらに、草食系男子に積極的にアプローチする“肉食女子”なるものも出現!女性誌でも草食系男子の攻略法が特集されている。先の見えない時代に順応するべく進化したとも言われる草食系男子。それに対応し、狙いを定める肉食女子。男女関係にも新たな時代が来ているのかもしれない。

(はち)



posted by ぴかまま at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。