2009年02月17日

劇団ひとりと大沢あかねが結婚

劇団ひとりと大沢あかねが結婚2月16日20時7分配信 サンケイスポーツ

結婚を発表した劇団ひとり大沢あかね

 人気お笑い芸人の劇団ひとり(32)とタレントの大沢あかね(23)が16日、結婚したと所属事務所を通じ発表した。17日午後に都内のホテルで結婚報告記者会見を行なう。

劇団ひとりと大沢あかね、愛の軌跡!

 2人は連名で「平素より大変お世話になっております。突然このような報告を書面で致しますことを、お許しください。この度、劇団ひとりと大沢あかねは皆様に結婚のご報告をさせて頂くことになりました」

 「これからは二人力を合わせ笑いの絶えない明るい家庭を築けるよう努力を続けるよう努力を続けて参る所存です」

 「まだまだ未熟な2人ではありますが皆様にはこれからも、変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう重ねて申し上げます」とコメントした。

 大沢は今月5日の自叙伝発売記者会見で「近いうちにできればいいですけど。捨てられないように頑張ります」と結婚を示唆していた。

グータンヌーボ★大沢あかね&吉川ひなの 2009・1/28

ひとり&あかね“お泊まり愛”撮られた2008・3月7日

劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)、1977年2月2日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、作家。千葉県千葉市出身。身長176cm、体重73kg。血液型はA型。所属事務所は太田プロダクション。妻はタレントの大沢あかね。

父親の仕事が日本航空パイロット(母は元スチュワーデス)だった関係で、小学校2年から5年まで、米国アラスカ州アンカレッジに住んでいた帰国生徒。当時、同じように父親が日本航空のパイロットだったフィギュアスケートの村主章枝が近所に住んでいたため一緒に遊んだことがある。ただし現在の英会話能力は、日常会話程度であると自認している。
千葉市立幕張本郷中学校卒業後、金剛学園高等専修学校(現・桜林高等学校)に入学後数週間で中退、同年に編入扱いで千葉県立京葉工業高等学校(機械科)に入学するが(理由は「学ランを着たかったから」らしい)1年弱で中退後千葉県立船橋高等学校定時制普通科卒業。高校生活は計5年間になる。当時はヤンキーで、番組でヤンキー時代の写真が公開された。
高校1年の1992年に、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「お笑い甲子園」に、「バーテックス」というコンビを組んで出場。その後太田プロダクション(以下、太田プロ)に所属しデビュー。なお、単独での契約だったが、これはバーテックスで相方を務めた男性にプロ入りの意思がなかったことによる。
太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組み漫才を展開。当時より川島の才能や完成度は、コアなファンやお笑いライターに評価されていた。しかし、『ボキャブラ天国』『進め!電波少年』で、太田プロがU-turnや猿岩石などのグループをメインに売り出していたことや、川島自身の遅刻・ドタキャン癖が影響し、ブレイクの機会を逸したまま2000年5月に秋永の借金(『金スマ』によると1週間で8割の利子という法外なところから借りていたらしい)による蒸発を理由にコンビを解散、川島はピン芸人として再出発することとなった。
ピン芸人になるにあたり、優香を真似て芸名をネット掲示板で募り、そこに書き込まれた「カツカレー」を名乗ったことがある。しかし事務所に「カツ」という芸名の人物がいたために反対され、この芸名を使ったのは1週間ほどだった。
その後ライブや『新しい波8』『完売劇場』などのテレビ番組に出演。2004年2月『めちゃ²イケてるッ!』の「笑わず嫌い王決定戦」に出演以降、メディアでの露出が次第に増える。また、俳優としてテレビドラマや映画などに活躍の場を広げる。
2006年1月、小説『陰日向に咲く』で小説家デビュー(2008年1月、実写映画化となる)。
2006年ザ・ヒットメーカーの出版部門を受賞。
2006年11月13日、「最も万年筆が似合う著名人」に贈られる「万年筆ベストコーディネート賞2006」を受賞。同賞は、輸入・国産筆記具メーカーや日本筆記具工業会など28社(協会)が共同で行っているプロジェクト。
2007年3月1日、「第44回ゴールデン・アロー賞」放送賞(バラエティ部門)を受賞。
2007年、エランドール賞新人賞を受賞した。
2008年10月からテレビ朝日系で始まった番組「学べる!!ニュースショー!」でキャスターに初挑戦。
2008年10月25日、フジテレビ系「我はゴッホになる! 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜」でドラマ初主演。
2009年2月16日、タレントの大沢あかねと結婚。
2009年3月11日に発売される、CHEMISTRYのアルバム「the CHEMISTRY joint album」に収録される曲「キミマツボク」で作詞家デビュー。

日課は、盆栽に水をやることと、日能研の中学受験用ドリルを解くこと。中学受験に失敗した過去があり、学力をつけいつか落ちた中学の合格ライン以上の点数を取りたいと考えている。

ルービックキューブが得意で、6面を42秒で合わせることが出来る。しかし、2006年7月30日に行われた「ルービックキューブ東京大会2006」に参加したものの133人中68位と予選落ちし、「今日でルービックキューブを置きます」と「引退宣言」を行った。

劇団ひとり - Wikipedia

太田プロダクション:劇団ひとり
. 劇団ひとり.com
. YouTube - 劇団ひとり-M男

. 大沢あかね Official web | 日記
. 大沢あかね Web Site
. 大沢あかね|東原亜希オフィシャルブログ 『ひがしはらですが?』
. 大沢あかね ブログ・掲示板一覧 - フレッシュアイニュース
. 大沢あかね - ブログの殿堂


posted by ぴかまま at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。