2009年03月11日

いとうまい子結婚 愛犬がキューピッド

いとうまい子結婚 愛犬がキューピッド3月10日8時3分配信 サンケイスポーツ


 愛犬が取り持つ縁で結婚−。女優いとうまい子(44)が今年1月20日に5歳下の男性会社員と結婚していたことが9日、分かった。元々は、お互いの犬を介した近所の飼い主仲間。独身のアラフォーからアラファイブも見えてきたいとうに、人生の春が来た。

 関係者によると、お相手は電気通信事業の会社に勤める39歳のAさん。顔は俳優の佐野史郎(54)似で眼鏡をかけており、おなかがぽっこり出ている。いとうはAさんのことを「知的でユニーク、優しくて頼りになる方です」と話しているという。お互い初婚で、いとうは妊娠していない。

 知り合ったのは10年ほど前で、都内の近所に住む犬の飼い主仲間数人の一人だった。いとうは当時、オスのゴールデンレトリバーを飼っていたが、6年前に死んだ。そのため、一時疎遠になったが、3年ほど前、いとうがたまたま連絡を取ったことがきっかけで食事などをする友人としての交際が始まった。

 自然の流れで1月17日にどちらからともなく「一緒になろうか」と結婚を決め、すぐ入籍しようとしたが、2人とも戸籍謄本が必要なことを知らず、その日は断念。Aさんが互いの戸籍謄本を取り寄せ、3日後の1月20日に2人で婚姻届を提出したという。

 入籍後、Aさんは都内に新居の豪華マンションを購入。婚約・結婚指輪は買わず、挙式・披露宴も行わない。元々は愛犬が運んできてくれた縁に感激さめやらないいとうは「一生結婚できないと思っていたのに、本当にうれしい。子供もほしいし、温かい家庭を築きたい」と話している。仕事は今後も続ける。

いとうまい子(本名・芸名:伊藤 麻衣子(いとう まいこ)、1964年8月18日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の女優・タレント・元アイドル歌手。血液型はB型。 代表作は『高校聖夫婦』『不良少女とよばれて』(ともにTBS)、『愛しのハーフ・ムーン』(にっかつ)

元々本名である「伊藤麻衣子」で活動していたが、女優の川上麻衣子と混同されることが多くなったため、芸名を「いとうまい子」に変更した。(公式ホームページの記述より)2009年3月10日、ブログ内で1月20日に5歳年下の39歳会社員男性と結婚していたことを発表した。[

愛知県名古屋市にある大手芸能興行会社のオーナー家に出生。金城学院中学校、金城学院高校を経て、大妻女子大学に入学。しかし、大学へは一度も登校しないまま中退[要出典]。

1982年、ミスマガジンコンテストの初代グランプリを受賞。1983年、シングル「微熱かナ」で歌手としてデビュー。その後、シングルとアルバム(いずれもレコード盤、発売元はCBS・ソニー)を多数リリース。同年デビューの歌手に大沢逸美、森尾由美、松本明子、小林千絵、THE GOOD-BYE、岩井小百合、桑田靖子、原真祐美、小出広美などがおり、「不運の83年組」といわれた。

1984年、大映テレビ制作のテレビドラマ『不良少女とよばれて』(TBS)のヒロインを演じ、好評を得る。その際、いとうは自ら主人公を演じたいと製作側に電話で直談判したが、既に別のアイドル(名前は明かされていない)が決まっており、諦めかけた時に、「ヒロインをやる予定だった子が急に『アイドル路線で行きたいから』との理由で断ってきたんだけど、やってみるか?」と誘われ、急遽いとうのヒロイン役が決まったという。(TBSチャンネルで不良少女とよばれて特集をやったときの本人の発言より)

1985年の初出演映画『愛の陽炎』でキスシーンを披露。相手役の萩原流行に本番でいきなり舌を入れられたとのこと(『徹子の部屋』(テレビ朝日)、『カミングダウト』(日本テレビ)での発言より)。また、萩原と他の女優とのラブシーンを見て、萩原の腰の動きに笑いが止まらなくなったという(『徹子の部屋』より|放送日を明記すべき)。

映画『愛しのハーフ・ムーン』ではヌードを披露。本人はヌードシーンの撮影を事前に知らされておらず、現在でも相当根に持っているといい(『ダウンタウンDX』(日本テレビ)などでの発言より)、自身のウェブサイトのQ&Aでは「ヌードシーンなんて必要ない」と言い切っている。また前張りを付けて濡れ場を経験した事をあるバラエティー番組で打ち明けていた。

1990年頃、日本テレビの新春特別番組『ねるとんね紅鮭団』(当時の人気番組『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ)のモジリで芸能人限定大会)で、人工雨の降る中デビット伊東に告白され、断られても何度も告白し続けるデビットに、いとうが泣いて「ごめんなさい」と謝るシーンがあった。

最近では、バラエティータレントの仕事が増えている。『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日)の「1ヶ月1万円生活」に不定期で出演し、飯尾和樹や波田陽区らお笑い芸人と1万円生活をしたり、NHK名古屋放送局の『お昼ですよ!愛・地球博』に初回のゲストとして出演したほか、同局ならびに名古屋ローカル局の愛・地球博関連番組に多数出演したりしている。

デビュー以来独身を通していた。人気絶頂期に日本舞踊関係者との縁談が成立したこともあったが、後に破談となった。しかし、2009年1月20日に5歳下の男性会社員と結婚。
実年齢を感じさせない童顔のルックスが特徴である。
タレント自身が公式ウェブサイトを設けたのは、日本ではいとうまい子が先駆けとされている。
mixiを友人の橋本志穂に紹介されたという(2007/3/6放送の『なるトモ』にて発言)。
中日ドラゴンズの熱烈なファンであり、とりわけ中尾孝義選手の大ファンであったという。2007年11月1日の同球団の53年ぶり日本一の当日には記念番組(NHK総合・東海地区限定)のアシスタント出演。
キューピーを集めており、携帯電話にも袋に入れたまま付けている。袋に入れたままにする理由は「汚れるから」。出来ればその袋も売って欲しいと言う。数は300体以上ある。中日ドラゴンズのファンである為、ドアラのキューピーも持っている。いとうまい子 - Wikipedia

1. いとうまい子ホームページ


posted by ぴかまま at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。