2009年03月25日

<陣内智則>「女性問題は報道の通り」 藤原紀香との離婚を正式発表

<陣内智則>「女性問題は報道の通り」 藤原紀香との離婚を正式発表3月24日11時48分配信 毎日新聞

会見で、藤原紀香さんとの離婚を正式に表明した陣内智則さん=2009年3月24日午前11時すぎ

 お笑いタレントの陣内智則さん(35)が24日午前、所属する吉本興業の東京本部で会見を開き、女優の藤原紀香さん(37)との離婚を正式に認めた。

原因については「女性問題は報道の通りです。昨年の夏に僕の浮気が発覚して、もう一度やり直そうとしましたが修復できませんでした」などと説明した。

 陣内さんは「このたび、私陣内智則と藤原紀香さんは正式に離婚しました。僕の未熟さと心の弱さ、家庭を持つという自覚が足らず、独身のように振る舞って彼女を深く傷つけてしまった。すべては僕の責任です。紀香さん、ご両親、紀香さんのファンの皆さん、結婚を祝福していただいた皆さんに深くおわびします」と話した。ドメスティック・バイオレンス(DV)については否定した。

 藤原さんの所属事務所によると、19日に離婚問題が明らかになる前から2人とも離婚届に署名、押印していたという。藤原さんは仕事で海外滞在中で、藤原さんの家族が20日からの連休中に離婚届を兵庫県内で提出していた。

陣内智則&藤原紀香離婚へ・・わずか2年
陣内、紀香に「結婚生活続けるの無理や」 

カップルが選ぶベストカップルは陣内智則&藤原紀香5月21日
紀香の披露宴ソングCD発売 子供は「将来いい報告できれば」12月21日

妻・紀香の給料は、夫・陣内智則の13倍!?7月14日
紀香&陣内披露宴は平均視聴率40%★2007/5/31

藤原紀香

藤原紀香 セクシー画像
藤原紀香に不倫疑惑!?元カレと密会か
YouTube - 藤原紀香
YouTube - Norika Fujiwara 藤原紀香打籃球

. YouTube - 陣内智則 ぷよぷよ
. YouTube - 陣内智則 クイズタイムショッキング(フル版)
. 陣内智則 - Wikipedia
. 内外タイムス - 陣内智則 休業危機!?
. ユーチューブ〔youtube〕お笑い無料動画天国: 陣内智則「ニュース番組」

陣内智則(じんないとものり、本名同じ、1974年2月22日 - )は、日本のお笑い芸人である。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本社。

兵庫県加古川市出身。加古川市立別府中学校、兵庫県立高砂南高等学校卒。

身長168 cm。血液型O型。

1人コント形式で舞台装置を用いた音声や映像に対してツッコミを入れるという独特なスタイルに定評がある(バッティングセンター、校歌など)。あだ名は「陣さん」「陣くん」「陣」「陣ちゃん」など

陣内孝則、陣内貴美子とは遠戚。2人と共演した番組「陣内家」(関西テレビ、2004年2月14日放送)で、それぞれの家系図を調べて判明した。

陣内智則 - Wikipedia

お笑いタレントの陣内智則さん(35)が24日、所属する吉本興業東京本部(東京都新宿)で会見を開き、女優の藤原紀香さん(37)との離婚を正式に認めた。一問一答は以下の通り。【細田尚子】

 わざわざお忙しい中、ありがとうございます。私、陣内智則と藤原紀香さんはこのたび正式に離婚いたしました。原因は報道にもありますように自分の未熟さ、心の弱さ、家庭を持つということの責任を果たせず、独身のように浮気をしてしまい、彼女を深く傷つけてしまいました。それでもやり直そうとしてくれた彼女のために(間があって)少しでも傷を癒してあげようと、これまで努力をしてきましたが、やはり彼女の気持ちが戻ることがなく、このような結果になりました。すべては僕の責任です。この場をお借り致しまして、紀香さん、そしてご両親、紀香さんを応援してくださったファンの皆様、そして2人の結婚を祝福してくださった皆様、本当に申し訳ございませんでした。(深々とお辞儀)

 −−具体的に女性の問題とかDVとか伝えられてますが、そのへんは本当はどうですか。

 女性問題にかんしては報道の通り、事実です。DVにかんしてはそのようなことは全くございません。

 −−誓約書まで書いた?

 いや、そのようなことはまったくございません。

 −−女性というのは名前が挙がってますが。

 それは相手がいることなので、控えさせていただきます。

 −−そのようなことで彼女(藤原さん)が悩んで、離婚に至ったと理解していい?

 原因は僕の浮気で彼女が傷ついて、もう一度やり直そうとお互い頑張ったんですが、やはり修復できなかったということです。

 −−悪くなった時期から直った時期がありましたよね。そこからまたなんで悪くなったのか。

 そうですね。去年の夏ごろに僕の浮気が発覚しまして、そこでお互い話し合いをしまして、もう一度やり直そうという話になりまして、僕も彼女の、そこで愛情に気付きまして、努力をしてきたつもりですけれども、やはり彼女は許せなかったということだと思います。

 −−男女の認識のずれというか、陣内さんに甘えというのがあったのでしょうか。

 そうですね。僕の心の弱さというか、誘惑に負けてしまったということです。

 −−結婚生活は短かったですが、紀香さんはどんな存在ですか?

 本当に、本当にすばらしい人でした。たくさん愛情をもらいましたし、本当にたくさんのことを教えていただきました。本当に感謝しています。

 −−結婚したことに後悔は?

 してないです。

 −−2人で話し合いを重ねていたと思うんですが、離婚届を提出したというのはちゃんと連絡がありましたか?

 もちろん、19日に報道があった段階では、僕はもちろん離婚の話はしてましたし、別居にしてもお互いにうまくいくためにやっていた行動なので、びっくりしましたし、そのようなことはないと僕はテレビで伝えました。でも、彼女がケニアから連絡があり、離婚届を私が持っていれば、彼女も未練があったと思うので、自分じゃ出せないということで、ご両親に預けたと。それをご両親が20日に提出したというのを、その提出した時に僕は聞きました。

 −−お笑いを続けるためには女性にモテないとという発言があったようだが。

 その時は浮気をしてしまっていた自分がいたので、そうですね。

 −−その場面でももう一回やり直そうという気持ちがあったんですか。それがどうしてこういうことになったんですかね。

 そうですね。やはり僕の弱さだと思います。未熟だった完全に甘えてしまった。それが一番の理由です。

 −−(陣内さんの)ご両親が「この2年間、いい夢を見させてもらったと思う」と言っているそうですけど、陣内さん自身はいい夢を見たのか。

 2年間、短い間でしたけれども、本当に僕は、このような結果になりましたけれども、たくさん勉強になりましたし、彼女の愛情もたくさんもらいました。これから新しい人生が僕も彼女も待っていると思いますので、僕は今回のことはすごく彼女が僕に教えてくれたことだったと思います。だからすごく大きかったと思います。

 −−最後に話したのは?

 彼女がケニアに行く前に。

 −−どんな話を?

 その時は、またこれからうまく行くような話をしながらも、やはりちょっと彼女も許せない気持ちもあったと思うので、けんかもしながら、でもいつものような感じでした。

 −−浮気という話がありましたが、2、3人ではなく、もっと多いと聞きました。それとも(浮気ではない)1人の人(の存在)が紀香さんにとって許せなかったのか。

 そこは僕はわかんないんですけれども、やはり浮気をしたという事実があったので、それが許せなかったのかなと。

 −−ということは1人の人ということでは?

 いや、そうではないと思います。

 −−(浮気でなく)本気だっていうことでもない?

 そうですね。はい。

 −−去年の2月に4時間の大げんかをしたということが報じられましたよね。その時にご両親のところに行くのに洋服の色がっていうことが原因だったようなんですけれども、そのあたりの心のすれ違いのようなものはどう考えてますか。

 その時もちろんけんかもしましたし、でもそこは夫婦なので、お互い歩み寄っていこうねという話し合いをした結果なので、すごく前向きなけんかだったので、それが原因ではないです。

 −−風水が離婚の一因とも言われていますが、陣内さんは紀香さんに歩み寄ろうという、気持ちだったんですか?

 もちろんそうですね。お互い歩み寄ろうという気持ちもありましたし。よく風水(が原因)と雑誌やワイドショーに書かれてますけれども、それは本当に関係ないと思います。先生にはよくお世話になってますし。風水で離婚だとかいう報道も出てますけれども、すべて僕の責任なんで、それはないと思います。

 −−浮気は誘惑されたからということですか?

 そうです。

 −−そうすると相手の女性がすごく悪いように聞こえてしまいますが。

 いや〜。そうですね。誘惑された僕の未熟さというか、本当に自覚がなかったという。

 −−離婚届なんですけれども、紀香さんに預けるのはどういう話でいつの話なんでしょうか。

 3月7日に僕と紀香さんとお互いのご両親、6人で話し合った時に、もちろん僕はそこで浮気のことを謝罪しまして、もう一度やり直したいという気持ちを伝えました。そのときにお互いに離婚届に判を押しまして、僕は彼女に預けて彼女が離婚届を出すまで……というか、僕はこの先、頑張っていくので、無理だったらそれを出してくださいとそういう気持ちで預けました。

 −−6者会談では、どういう話が出た?

 僕の浮気のことと、これから頑張っていきたいということをする話し合いです。

−−離婚ですからお互いですけれども、陣内さんが耐えられなかったことは? 髪型とかファッションなどそういうことが陣内さんに負担だった?

 それは一切ないです。僕のことを一番に考えてくれている、それにかんしてはありがたいなと。

 −−男って言われすぎると、うっ積したものがあったのかなと。

 もちろんそういうけんかはたくさんして来ましたけれども、それは本当にお互いを思う結果なので、そこが浮気に走った原因ではないです。

 −−息苦しさはないですか。

 夫婦の間にたくさんもめごとがありましたけれども、彼女が押しつけて来たという感じはなかったです。

 −−離婚の調停とか、慰謝料とかは。

 そういう話はまだしてないです。

 −−お子さんがいればこれは避けられた問題だと思います?

 実際にいてなかったので、僕はなんとも言えませんが。

 −−離婚が確定した今の心境の正直なところを聞かせてほしい。

 もちろん、やり直すつもりでこれから先も頑張って行こうと思っていましたので、もちろん、未練はありますけれども、だらだらという感じではなくて、新たな人生のためにお互い、頑張って行きたいなと思いますね。そういう前向きな気持ちです。

 −−去年、「なるとも」を降板しました。あれは修復をしたいという意志の表れだったんですか。

 いえ、それは違います。東京で頑張りたいという気持ちと、そういわれてましたけど、東京と大阪でというのが確かにありましたけれども、それは彼女がいろいろと本当に頑張ってくれていたので、それが原因というか、そのために「なるとも」を卒業した訳ではないです。

 −−家庭を作るという意識のないまま、ただ好きとか愛してるとかそれだけで結婚してしまったなという気持ちはありますか。

 今、振り返れば、本当にそういう甘さはあったなと思います。これから先、築いていけたらいいなと思いながら、結婚生活をしていたような気がします。

 −−紀香さんは、もうすぐ日本に戻ってくると思いますが、この世界(芸能界)で会うこともあると思いますが、これから先の2人の関係はどういう風になると思いますか。

 今は本当に2人では連絡も取ってますし、お互いに仕事のことも話しましたし、今日も2人の未来の為に頑張ってねという言葉もいただきましたし。僕はそのためこの場にいてるので、今以上のいい関係でいられたらいいなと僕は思います。

 −−慰謝料はこれから払う?

 その話はまだ一切してないので。その時の話によって。僕は彼女とその話は一切してないので分からないです。

 −−払う必要があれば、払う?

 それはその時の状況においては。

 −−両家がやるの?

 もちろん本人同士だと思います。

 −−紀香さんに最後におっしゃりたいことを。

 まずは、本当に……(絶句)感謝の気持ちで(涙声)。

 −−芸人としてこの離婚はプラスにできますかね。

 僕は本当にしないといけないと思うので、僕はこれからプラスにできるように頑張って行こうと思います。(おわり)

陣内智則:離婚会見詳報(3止)紀香さんには「感謝の気持ち(涙声)」 - 毎日jp(毎日新聞)


posted by ぴかまま at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。