2009年04月11日

長澤まさみ新作映画に落胆の声

長澤まさみ新作映画に落胆の声
2009年4月10日(金)15時0分配信 内外タイムス

長澤まさみ新作映画に落胆の声

 女優・長澤まさみ(21)の主演映画群青」(6月27日公開)といえば、公開前から長澤が大胆な濡れ場に初挑戦と、話題になっていた。

ところが、先日の完成披露試写会でフタを開けてみるとビックリ。ほとんど濡れ場はなく、以前から注目されている“隠れ巨乳”もほぼ封印。期待していた男性ファンはちょっとガッカリ!?

 「長澤は同世代のライバルとされた女優のひとり、宮崎あおいに差をつけられてしまった。その差を埋めるためにも、『群青』での脱ぎっぷりが注目されていたのですが…」(映画ライター)
 「群青」は作家の宮本あや子さんが書き下ろした同名小説を映画化。 「原作には、随所に官能的なシーンが散りばめられていることから、長澤の大胆な濡れ場が大いに期待されていた」(同) ところが、完成披露試写会でついにベールを脱いだ作品には“落胆の声”が寄せられている。
 「試写会には多くの男性ファンが訪れ、立ち見が出るほどの盛況ぶり。ところが、映画が終わると、『なんだ、あの程度か』とか『がっかり』との声が聞こえました」(映画会社関係者)

 その理由は、もちろん、長澤の濡れ場がなかったことだ。
 「原作で描かれていた官能的なシーンはなく、濡れ場はゼロ。キスシーンや下着姿すらなかった。どうやら、事務所の厳しいチェックが入り、台本を練りに練ったら濡れ場がなくなってしまったようだ」(同)
 デビュー以来、清純派を売りにしている長澤だけに、濡れ場挑戦は抵抗があったようだが、もうひとつ気になる“隠れ巨乳”はわずかに拝めるようだ。
 「細い道を走り抜けるシーンで推定90センチのEカップともいわれる巨乳をプルプル弾ませています。さすがに、その程度の“サービスカット”はないとファン離れが予想されるため、事務所も仕方なく認めたようです」(同)

 そんな長澤だが、このところ、女優としての“壁”に悩んでいるという。
 「口の悪い関係者は『涙そうそう』(06年公開)が長澤の全盛期だった、と言っています。確かに、あのヒロインのイメージが強すぎて、清純な役しかできなくなっています。しかし、息の長い女優になるには幅広い役をこなせなくては難しい。実際、このところ、映画もドラマもあまり当たっていない」(芸能ライター)
 ここはひとつ、今までのイメージを一度壊すつもりで、大胆な濡れ場に挑戦してほしいものだ。

まさみ&オダジョー兄妹役で初共演

長澤まさみ Fカップ巨乳解禁!?


posted by ぴかまま at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。