2009年04月17日

北野誠活動休止、芸能関係者中傷が原因か

北野誠活動休止、芸能関係者中傷が原因か nikkansports.com

 人気タレント北野誠(50)が芸能活動を休止することが10日、分かった。所属事務所の松竹芸能が無期限謹慎処分を下す方針をこの日までに決め、各関係先と話し合いに入った。すでに降板を決めた番組もあり、契約の残る番組についても順次、降板する方向。松竹芸能はこの日、日刊スポーツの取材に「謹慎処分を下したのは事実です」と話した。処分の理由は明らかにしていないが、関係者によると、ラジオ番組などで特定の芸能関係者を中傷をしたことが問題視されたとみられる。
 [2009年4月11日6時10分]

北野誠の不適切発言? - Yahoo!知恵袋

★★★

北野誠にファンがエールココログニュース:@nifty- 2009.04.14 17:02

芸能活動休止が伝えられている北野誠に、ファンから熱いメッセージが届けられていた。

メッセージが多数書き込まれていたのは、ラジオ番組『サイキック青年団』で共演していた竹内義和のブログ『竹内義和のどきどきブログ』。11日に、番組の突然の中止や北野誠について、竹内が語り、その記事に多数のコメントが寄せられていた。

コメントは、「ずっと応援していきます」「信じて待ってます」「番組が聴けなくなって、とても辛い」など、北野や竹内を励ますものや番組打ち切りを悔やむものがほとんど。

北野の芸能活動休止は『サイキック青年団』の発言が原因とされているが、どのような問題発言であったかは不明。毒舌が売りの北野だっただけに、発言の特定が困難で様々な憶測を生んでいるが、ファンは突然の活動休止に戸惑いを隠せない様子だ。

(秋井貴彦)

北野誠 打ち切り騒動の波紋ココログニュース:@nifty- 2009.04.14 11:01

関西ローカルの日曜深夜番組でありながら、濃いトーク内容でaikoや大友克洋などの有名人をはじめ「サイキッカー」と呼ばれる熱狂的なリスナーを獲得していたABCラジオ「誠のサイキック青年団」。1988年4月開始という放送20数年を誇る長寿番組であったが、今年3月8日をもって打ち切りとなり、そればかりかパーソナリティの北野誠の芸能活動休止が4月12日に発表されたことから、ネットユーザーの間でも大きな波紋を呼んでいる。

もともと「誠のサイキック青年団」は3月29日をもって放送終了する予定だったが、「番組内で北野が不適切な発言をしたこと」から前倒しで打ち切りとなり、その後北野自身も「探偵!ナイトスクープ」などの人気番組をはじめ、すべての番組を降板する「無期限謹慎処分」となったことを所属事務所の松竹芸能が4月12日に発表した。彼の公式ブログ「サイキックブラザーズ1号」も、4月13日までに削除されている。

番組のもうひとりのパーソナリティ、放送作家の竹内義和は自身のブログで「北野誠と、20数年付き合ってきて、おそらくはこのあとの20数年も同じように付き合っていくだろう僕。そんな僕なのに、なんとも抽象的な言い方しか出来ないけれど、今は無心で前を見つめる時だと思う。(中略)一番気になるのは、やっぱりリスナーのこと。心配かけっぱなしですいません。いつか二人の声が、届けられたら。何回も言いますが、この世に下ネタがある限り喋り続けたい、声がなくなるまで……。」と書いており、サイキッカーたちからも「北野さんに頑張ってくださいと伝えてください。どんな圧力がかかったか知らないけど、ここで終わっちゃ北野さんらしくない。応援してるよ!!」と4月13日12時現在で245件もの応援コメントが寄せられている。

「ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!」のブロガーは、「以前、このブログで『誠さん、「サイキック」だけで済めばいいけど。心配だ。』と書いた。嫌な予感が的中してしまった模様」と事件の経過に触れた上、「ただ、リスナーの立場から静かな意思表示を行おうという動きが盛り上がって来ていることに言及しておきたい。」と、北野の自伝『死んだら、あかん!』(メタモル出版、2009年)の「amazon.co.jp ランキング頂上作戦」がファンの購買行動によって行われており、既にAmazon.co.jp のランキング総合37位(13日12時現在は30位)にまで順位を上げてきていることに、「このような誰にも迷惑をかけない良識的な意思表示は、物騒な示威行動よりもよい。趣旨に賛同したかたには参加をお勧めします。ちなみに、私は参加しようと思う。」と「静かなる支援行動」を呼びかけている。

あなたも参加してみますか?

(黒田由美)

竹内義和のどきどきブログ

北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ スポニチ Sponichi Annex ニュース

タレントの北野誠(50)がラジオで不適切な発言をしたとして、所属事務所「松竹芸能」が10日までに、処分の検討を始めた。テレビとラジオの全レギュラー番組を順次降板する方向で調整したいと、複数の放送局に申し入れがあったという。レギュラーはテレビ朝日「やじうまプラス」、同局系「探偵!ナイトスクープ」(関西ローカル)、TBS「噂の!東京マガジン」、日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」とラジオ番組(名古屋ローカル)の計5本。

 関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」(朝日放送)で不適切な発言があったとされ、先月16日の放送で突然、打ち切りとなっていた。同局は理由について明かしていない。北野は同番組で93年にも歌手・山本リンダ(58)のヌード写真集を酷評した後、謝罪会見を開いている。

北野 誠北野誠きたのまこと、1959年1月25日 - )は、日本のお笑いタレント。所属事務所は松竹芸能。旧芸名はMAKOTO。血液型はA型

大阪府大阪市鶴見区出身。大阪市立高等学校卒業後、京都産業大学経営学部在学中に、高校時代の同級生だった東野博昭(現在は構成作家)と共に、漫才コンビ「誠&がっしゃん」を結成。「ヤングプラザ」(朝日放送)、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)などの番組に出演。

大学卒業後に芸能界入りするが、東野は教員になるべく引退、同時にコンビ解散。北野のみ松竹芸能に所属する。

コンビ解散後は、MAKOTOの芸名で活動していたが、関西地方以外では知名度が低かった。北島三郎の息子が、ロックバンド「First Blood」のボーカルMAKOTOとして活動を始めたのを機に、彼に芸名を譲る形で本名の北野誠で活動、現在に至る。

実家は農業を生業とし、姉が一人。幼少時、腎盂炎にかかり幼稚園を中退。家の近くにあった木造校舎が火事で炎上、その光景にショックを受けた北野は高熱を出して寝込み、高校生になるまでライターの火にも竦んだ。ひよこの時から飼育していた鶏がある日、父親の手により水炊きにされてからは、ケンタッキーフライドチキンに出会うまで鶏肉が食べられなくなる等、何かと脆弱な子供だった。ジョギングやストレッチなど健康に人一倍気をつけている現在でも、下痢をしやすいなど虚弱体質な一面があるという。何とか小学校に入学するも、幼稚園時代の話題がほとんど無く、友人作りに苦心。その後、学級委員に選ばれたことを機に学校でも有名になり、副生徒会長、生徒会長にも選ばれた。少年時代はテレビ番組「サンダーバード」に夢中となる。思春期には母屋から飛び出し、離れで暮らしていた。

高校時代は成績優秀で、推薦で京都産業大学に合格。本人は同大学に行くつもりはなく、関関同立といった有名私立大学を受験したが、結果は全滅で京都産業大学に入学、同校落語研究会に入会。九州出身の先輩部員に大阪弁のイントネーションをけなされたことに激怒、ケンカし退会。それから一年あまり、無為の日々を過ごす。プロレスや格闘技に造詣が深く、大学のゼミで「アントニオ猪木 新日本プロレスにおける経営戦略」なる卒論テーマを提出するも、あえなく講師が却下。自身もボクシング経験者である。

実家は農家であったが、後年、父親は株式投資の失敗を苦にして焼身自殺した。北野がタレントになって間もない頃、フグ料理を食べに行こうと誘ったその日のことであった。「いつみても波瀾万丈」(日本テレビ)にゲスト出演した際にこの事実に触れ、同じ境遇にある人からの感動と激励の手紙をもらうが、その中には「私はこれで救われた」など宗教勧誘まがいのものも多々含まれていたため、げんなりしたという。
現在の住居は東京都にあり、妻、娘、息子の4人家族である。家族との会話は少なく、語る相手は愛犬のみだという

北野誠 - Wikipedia

YouTube - 北野誠の評判
誠のサイキック青年団 - Wikipedia
倖田以上の失言だった?北野誠の山本リンダ発言 - Ameba News ...



posted by ぴかまま at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。