2009年04月22日

元タレント清水由貴子さんが死亡=霊園で硫化水素自殺か−静岡

元タレント清水由貴子さんが死亡=霊園で硫化水素自殺か−静岡
2009年4月21日(火)22時25分配信 時事通信

 21日午後1時すぎ、静岡県小山町の富士霊園で、元タレント清水由貴子さん(49)=東京都武蔵野市=が死亡しているのが見つかった。

80歳前後の女性が一緒におり、病院に運ばれたが命に別条はない。高齢の女性は清水さんの母親とみられ、県警御殿場署は現場の状況から、2人が自殺を図ったとみて調べている。
 県警や消防によると、霊園の男性職員が墓石前で横向きに倒れた清水さんと、車いすに乗った高齢女性を見つけ、119番した。2人の近くには遺書のようなものと洗剤の容器などが入ったポリ袋があり、硫化水素を発生させたとみられる。 

清水由貴子(しみず ゆきこ、本名同じ、1959年9月7日 - 2009年4月21日)は、東京都出身の歌手、女優。

1976年2月18日(放映は同年3月14日)、NTV「スター誕生!」第16回決戦大会最優秀賞(ピンク・レディーが同じ大会で合格。獲得の意思を示したプロダクション、レコード会社の数はピンク・レディーをはるかに上回っていた)。1977年3月1日、「お元気ですか」でCBSソニーから歌手デビュー。第3回日本テレビ音楽祭新人賞、第4回横浜音楽祭新人賞、第6回東京音楽祭国内大会優秀新人賞、第10回新宿音楽祭銅賞、第4回FNS歌謡祭優秀新人賞、第8回日本歌謡大賞新人賞等を受賞。同期の高田みづえ、榊原郁恵と「フレッシュ三人娘」と呼ばれる。2006年にデビュー以来所属していた芸映を独立。1980年代に出演していたヤクルトのCMでは、気の強い母親役を演じる。

2006年3月、実母の介護を理由に芸能界を引退。2009年4月21日、静岡県駿東郡小山町の冨士霊園にある父親の墓前で死亡。硫化水素を用いて母親と無理心中を図ったものと見られる清水由貴子 - Wikipedia[

きっこのブログ: 清水由貴子さんが自殺

電車男の弟の俳優“自殺”…
ロス疑惑の三浦容疑者が自殺
川田亜子アナの悲惨な最期でわかった!フリーアナの厳しい現実


posted by ぴかまま at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。