2009年04月29日

北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」

北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」4月28日19時3分配信 産経新聞

所属する松竹芸能から無期限の謹慎処分を受け、活動を休止することになったタレントの北野誠さん(50)が28日午後6時から、松竹芸能の安倍彰社長とともに、大阪市内のホテルで記者会見した。
午後6時ちょうど、神妙な表情で2人が会見場に姿を現した。記者やカメラマンらテレビクルーを合わせて計約60人が見守る中、会見が始まった。部屋はカメラのフラッシュで昼間のような明るさに。

 北野さんは黒いスーツ姿にめがねをかけ、口を結んで立ったまま。

 会見の詳報は次の通り。

 安倍社長「本日は忙しい中ありがとうございます。このたびは誠のサイキック(青年団)、あるいは関連で北野の不適切な発言によりまして、対象の方々に多大な迷惑をかけました、ここに深くおわびを申し上げます。特に本来、仲間のタレントや関係者に(関する)発言があったことは、ゆるすわけにはいきません。たいへん申し訳ありませんでした。本日の会見では北野誠の発言に対しては、言及をさしひかえさせていただきます。また、弊社は20年にわたり、北野の発言を見過ごしてきたことを深く反省しております。たいへん申し訳ございませんでした。外部の団体、企業の強い要請により番組降板が行われたように報道されていますが、決してそうではない。北野の発言がきわめて不適切であると自主的に判断して降板させた。今後は人を傷つけるようなことをしないよう教育を徹底してきっちりやっていきたいとおもいます。最後に関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。まことに申し訳ございませんでした」

《北野さん、神妙な顔でマイクを握り話し出す》

 北野「北野誠です。本日このような記者会見をしたのはあらためておわびをさせていただきたかったからです。私は朝日放送ラジオ番組関連イベントで事実に基づかない不適切な発言をし、タレントの皆様、プロダクション、リスナーにたいへんなご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします。一部マスコミで外部の団体の要請で謹慎が決まったかの報道があったが、北野誠と松竹芸能が協議した結果、本日をもって芸能活動を謹慎させていただきます。もう一度ご迷惑をかけたかたがたにお詫びを申し上げます。ほんとうにご迷惑をおかけしました」

 《最初の発言までに、すでに6回も頭を下げる北野さん。表情もいくぶんかやつれている》

 《続いて質疑応答に入ったが、先に安倍社長が『発言の内容は控えたい』と話したこともあってか、北野さんの今後の芸能活動についての質問が中心に。北野さんはやや憮然(ぶぜん)とした表情ながらも、記者の質問に答え続けた》

−−北野さんはこれまで長い間、芸能活動をしてきたが、まったくやめてしまうのか

 北野さん「辞める、辞めないの問題ではない。深く反省し、反省する期間にさせていただく」

 −−謹慎の期間は

 安倍社長「本日からで、まったく分かりません」

 −−(北野さんに)正直なところを

 北野さん「芸能活動を振り返ってみたら至らないところばかりだった。自分の何が至らなかったのかを分かるためにも、謹慎処分は自分で決めたことです」

 −−これまでの北野さんのしゃべりっぷりはかなり受けていたが

 北野さん「毒舌家というレッテルに自分自身が縛られていた。謹慎の期間で、自分自身を見つめなおしたいです」

 −日本音楽事業者協会(音事協)から調査依頼があって調査したと思われるが、事実はどうだったのか

 安倍社長「3月上旬にリスナーから事実に基づかない発言をしたという、投書が寄せられて調査をしました。3月中旬に謹慎を内定し、音事協に謝罪しました」

 −−音事協は脱会したのか

 安倍社長「3月31日付で自主退会しました」

 −−不服の部分もあったのでは

 北野さん「不服ではなく、自分自身を見つめなおす機会を与えてもらった。不服などは一切ない」

 −−宗教団体に対する何か発言はあったのか

 北野さん「まったくありません」

 −−芸能プロダクションに対する発言はあったのか

 《質問者を凝視し、北野さんはしばらくして返答した》

 北野さん「…ありません」

■(3)宗教団体、芸能プロ社長への誹謗中傷は…

−−宗教団体への誹謗(ひぼう)とかはあったのか

 北野さん「まったくないです」

 −−芸能プロダクション社長への誹謗中傷は

 北野さん「いえ、ないです」

《週刊誌などで報道されている話を否定し、北野さんはあくまでも『自主的な謹慎』を強調した》

−16年前にも謝罪会見をやりましたよね、山本リンダさんで。2度目ですよ

 北野さん「重々注意していたつもりですが、慢心とかがふと出てきました。日々、注意しないといけないと」

 −−暗い顔をみたくないですね

 北野さん「すみません。ありがとうございます」

 −−これからの芸能活動は

 北野さん「具体的にどうしようこうしようはまだ何も考えてません。自分を見つめなおすにはそれなりの時間があると思います。まったく白紙です」

 −−全レギュラーの降板はいかがなものかという声がファンにあるが

 安倍社長「不適切発言を重く受け止め、各番組に迷惑がかからないようにするのが適切だと思っています」

 −−収入は減るし、家族もいますけど

 北野さん「先月末、正式に決定したとき、嫁、娘、息子、年老いた母にも、招いた結果なので、しばらく収入はとだえるかもしれないが、しばらく辛抱してほしいと伝えた。本当につらかったです」

 《家族の話になると、北野さんは言葉を詰まらせ、上を向き、涙をこらえた》

 北野さん「母も、嫁も、僕からの説明で一応納得してくれました」

 −−仕事したいでしょう

 北野さん「いまは、本当にとりあえず、北野誠という人間を、反省の上において再構築させていただきたい。仕事うんぬんより自分自身を再構築したいと思っている」

 《思わず涙をぬぐう北野さん》

 −−つらいですよね

 北野さん「子供に迷惑かけたと思っています」

 −−4月から通販の番組は

 北野さん「ないです、そういう話は出てないです」

 −−復帰はどのくらいから

 安倍社長「まったく」

 −−やめるということも頭においているんですか

 安倍社長「そうではございません。謹慎です」

 −−ひとつの区切りがあってしかるべきだと思うが。どこにおいているか

 安倍社長「まったく考えておりません」

 −−このままの状況は辛すぎるんじゃないですか

 《安倍社長は返答に詰まったのか、しばし沈黙した》

■(4)悪かった理由の説明なし

−−松竹芸能の東京事務所からはやめるという話もあったのではないか

 安倍社長「まったくありません」

 −−無期限というのはどうでしょうか

 社長「・・・」

 《神妙な表情で、北野さんが答える》

北野さん「待ってくださる方がおられるのはうれしいことだけど、今の僕自身の本当の気持ちでは、普段の北野誠を出すのは無理。だから、北野をみつめなおす時間は必要だし、その間みなさんに待っていただきたい。今日を機に謹慎するので、(今後については)何も具体的には考えられない。芸能活動に直結するかどうかわからない。僕自身明確なことは分かりません」

 −−何が悪かったという説明はないのか

 北野さん「今改めて、蒸し返すことになるので、すいませんが容赦願いたい」

 −−昨日でラジオも最後になったということだが心境は

 北野さん「辛くなかったといえばうそだ。長年芸能活動をやってきて…。謹慎は重く受け止めている。もういちど北野を見つめ直して再構築しなければ、という決意はした」

 −−家族にも伝えたといっているが、家族からは

 北野「具体的にどうのこうのはなくて、辛い状況になったが、家族全員がわかったといってくれた。息子もいってくれたし、母も『おまえのしでかしたことやから責任を取りなさい』といわれた」

 《やはり家族の話は辛いのか、再び言葉を詰まらせ、涙をぬぐう北野さん》

 −−こうなる前に打つ手はなかったのか

 安倍社長「・・・」

 −−本人への助言は

 安倍社長「会社としても責任を感じていたが、もう少し何か他の方法が、という反省はある」

 −−会見設定日が今日になったのはなぜか

 安倍社長「昨日、最後の番組を終えて全ての番組を終了したので、報告と謝罪をする。一つひとつの番組を降り、関係者に迷惑をかけないようにしたら今日になった」

■北野誠さん“不適切”説明なし「容赦して」







posted by ぴかまま at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。