2009年05月14日

織田裕二、「踊る大捜査線」青島俊作に続く当たり役ゲット!?

織田裕二が“刑事と外交官”二束のわらじ
2009年4月30日(木)22時54分配信 スポニチ

 フジテレビ開局50周年記念映画アマルフィ 女神の報酬」の製作報告会見が30日、都内で行われた。

主演は織田裕二(41)。

同局製作の「踊る大捜査線」での刑事・青島俊作から一転、外交官・黒田康作を演じた。

イタリアの日本大使館に着任早々、邦人誘拐事件が発生する物語。

「踊る…」同様、シリーズ化の構想もあり「黒田は掘り下げていくと面白い男。ぜひやりたい」と意欲的。邦画初の全編イタリアロケを行った作品で、7月18日の公開を目指して編集中。共演は天海祐希(41)、佐藤浩市(48)、戸田恵梨香(20)ら。

★★★

織田裕二、「踊る大捜査線」青島俊作に続く当たり役ゲット!?
2009年4月30日(木)21時20分配信 シネマトゥデイ

ひと皮むけて渋みが増しました
-
 映画アマルフィ 女神の報酬』の製作報告会見が30日、東京・帝国ホテルで行われ、主演の織田裕二天海祐希戸田恵梨香、佐藤浩市、原作者の真保裕一、西谷弘監督が出席した。

 本作は、日本映画として初めてとなる全編イタリアロケを敢行したサスペンス超大作。ローマで発生した日本人少女誘拐事件を発端に、外交官の黒田康作(織田)がイタリア全土を巻き込む大規模連鎖テロの真相を突き止めようと奔走する。

 信念を貫き、周囲から孤立してしまう黒田を演じた織田は、「非常に可能性を感じる男」と役柄に思い入れタップリ。西谷監督は、40代を迎えた大人の男性の柔らかさを引き出すことを目的に、撮影中、「目力(めぢから)を抜け!」という指示を出し、織田のトレードマークともいえる目力を封印したこと明かした。熱くエネルギッシュなイメージが先行する織田だが、イタリア語のセリフを披露するなど知的で繊細(せんさい)なヒーロー像を作りあげ、新境地を開拓した様子で、コメントや表情の端々に自信をにじませた。

 織田の言葉が示すように、製作陣はすでにシリーズ化を視野に入れている。この作品がヒットを記録すれば、邦画実写映画の歴代1位の興行収入記録173.5億円を持つ映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』などの「踊る大捜査線」シリーズの青島俊作に続く織田の当たり役になる可能性がありそうだ。

 本作はフジテレビ開局50周年作品で、同局の豊田晧代表取締役社長、亀山千広執行役員常務映画事業局長らも出席した。

映画『アマルフィ 女神の報酬』は7月18日より全国公開

織田裕二×福山雅治、初共演「アマルフィ」3
織田裕二がヘコたれない理由

<テレビ視聴率>織田裕二ドラマ、中断・再開で4%アップ 首相会見が思わぬ効果
織田裕二 3年半ぶり熱血教師で月9に帰ってきたぁ〜

★★★

キムタクが亀梨に迫った!夢の初共演
草なぎ剛 28日の「スマスマ」収録で仕事復帰
NHK、大河ドラマ「天地人」でサブリミナル的?演出

女子アナユニットが人気でも喜べない中野美奈子の胸の内

マック、給付金で8000円お得な商品券(2009.5.14)

★★★


posted by ぴかまま at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。