2009年05月19日

元アナウンサーの頼近美津子さんが死去

元アナウンサーの頼近美津子さんが死去5月19日15時45分配信 産経新聞

 NHKフジテレビのアナウンサーとして活躍し、クラシックコンサートの企画や司会で知られる頼近美津子(よりちか・みつこ、本名・鹿内キャサリーン美津子=しかない・きゃさりーん・みつこ)さんが17日午後1時46分、心不全のため千葉県柏市の病院で死去した。53歳。葬儀は近親者で済ませた。後日お別れの会を開く。喪主は長男、鹿内雅雄(しかない・まさお)氏。

 所属事務所によると、先月10日まで仕事を続けていたが、その後体調不良で入院していた。

 広島県生まれ。幼少のころ、ピアノとチェロを学ぶ。東京外国語大卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。2年目に大型バラエティー番組「テレビファソラシド」に起用され、「女性アナが芸能番組に主役で登場するのはNHK開局以来」と言われた。

 昭和56年にフジテレビに移籍。「小川宏ショー」のアシスタントを経て、「FNNニュースレポート11・30」のキャスターとなり、露木茂キャスターとコンビを組んだ。59年、当時フジテレビ副社長だった鹿内春雄氏(後にフジサンケイグループ会議議長)と結婚し、退社した。

 63年に夫と死別後、平成5年にテレビ司会の仕事に復帰。8年には、NHK大河ドラマ「秀吉」で女優デビューも果たした。

 一方、プロ級とされるピアノの腕前を武器に、コンサートプランナーとして独自の境地を開く。同年、フジテレビの「来日直前!三大テノール」のキャスターを務めたほか、産経新聞にクラシックコンサートに関する連載「頼近美津子が聴く」を執筆した

頼近美津子よりちかみつこ、本名・鹿内キャサリン美津子[旧姓:頼近]、1955年8月1日 - 2009年5月17日)は、コンサート・プランナー、司会者、女優。元NHK、フジテレビアナウンサー。広島県安芸郡府中町出身。広島大附属高校、東京外国語大学卒業。NHK時代に『ばらえてい テレビファソラシド』で共演していたタモリからは「キャサリン(本名のミドルネーム)」と呼ばれていた。最近では「鹿内美津子」と表記されることが多い。

父親は広島市の日米合同研究施設「原爆傷害調査委員会」(現・財団法人放射線影響研究所)に長らく勤務していた日系アメリカ人二世(現在は退官)。幼少時からピアノとチェロを学ぶ。1978年東京外大卒業後、NHK入局。すぐに永六輔の『テレビファソラシド』に抜擢されピアノの弾ける新人アナウンサーの異名を取り、その美貌で一躍人気アナウンサーとして脚光を浴びた。田丸美寿々らと共に美人女子アナウンサーのはしりで、当時の「TVガイド」の表紙を飾ったこともあった。泉麻人は、女子アナウンサーが、一種のアイドルとしてとらえられるようになった、今日いう"女子アナ"の登場は頼近からではないか、と述べている。

その後『ニュースワイド』などでキャスターを務めていたが1981年4月、NHKからフジテレビへ当時25歳での移籍は大きな話題を呼んだ(移籍金は3000万円と言われた)。同時に、彼女はフジテレビ史上初の女性正社員となった。

1984年、フジサンケイグループの創始者鹿内信隆の長男鹿内春雄に見初められて結婚(春雄は再々婚)、同年フジテレビ退社。いわゆる玉の輿アナのはしりでもあったのだが二児をもうけるも1988年、春雄が43歳で病死。1990年、失意のうちに2人の息子と共に渡米。米ワシントンD.C.に居住。1993年、NHKでテレビ復帰。1996年には、NHK大河ドラマ『秀吉』に出演。同年12年ぶりにフジテレビ『来日直前!三大テノール』のキャスターとして復帰。現在はコンサートプランナーやクラシックコンサートの企画構成なども手がけ、ナレーション、執筆など幅広い活動を行っている。2009年5月、53歳で死去。

頼近美津子 - Wikipedia

都響 // 頼近美津子(司会)
頼近 美津子さん | Interview | No.47 | 広報誌ymf | 財団法人ヤマハ ...
頼近美津子への講演会依頼-コンサートプランナー 写真・プロフィール ...
頼近美津子 - テレビドラマ人名録 - テレビドラマデータベース
頼近美津子 - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
頼近美津子/Mitsuko Yorichika
63.「想ひ出の、あの"美人アナ"は今?」
頼近美津子(よりちかみつこ)の画数 運勢
頼近美津子 プロフィール/スケジュール/出演情報
頼近美津子(コンサート・プランナー&司会)スケジュール/Mitsuko Yorichika ... 頼近美津子 プロフィール - goo ニュース
頼近美津子 とは


posted by ぴかまま at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。