2009年05月22日

日テレ宮崎宣子アナがフリー転身

日テレ宮崎宣子アナがフリー転身

 日本テレビ宮崎宣子アナウンサー(29)が同局を退社することが21日、分かった。すでに同局に退職の意思を伝えており、6月以降のレギュラー番組を降板している。

有給休暇を消化する夏ごろに正式に退社となりそうだ。宮崎アナは3月いっぱいまでの情報番組「ラジかるッ!!」のレギュラー司会として出演。何度も生放送に遅刻して、良くも悪くも注目を浴びる人気女子アナだった。現在は「ザ!世界仰天ニュース」のアシスタントや、「サプライズ」の火曜日などにレギュラー出演している。
 [2009年5月22日8時43分]nikkansports.com

宮ア宣子みやざきのぶこ 1979年9月4日- )は、日本テレビアナウンサー

宮崎県宮崎市出身。身長160cm、血液型B型。宮崎県立宮崎北高等学校、早稲田大学第一文学部(英文学専修)を卒業

高校1年生の冬、フジテレビの木佐彩子・TBSの雨宮塔子(いずれも当時)に触発され、アナウンサーを目指す。早稲田大学時代はアナウンス研究会(WAK)所属、同時に専門学校アナウンスセミナーにも通う(同窓に枦山南美がいる)。また女子アナにはミスの称号が必要と、ミス早稲田にエントリーするも最終選考でグランプリを逃す。なお、アナウンサーの第一志望局はフジテレビだったとの事[1]。

2002年4月、日本テレビに入社。日本テレビ入社後3年余りは、此れという番組の担当はなかったが、ラジかるッを受け持って以降は、主に情報・バラエティ番組やナレーションを担当。

2009年5月22日、今夏にも日本テレビを退社することが明らかになった

大の犬好きであり、愛犬のトイ・プードルは、本人と一緒にラジかるッにしばしば登場している。しかし2007年夏頃、彼女自身が犬アレルギーである事が判明した。

アルコール類には特に弱い体質だが、飲み会は嫌いではない

2005年夏 テレビ番組で取材したドバイの石油王に気に入られ、第二夫人にと求婚されたが断る。
お笑い芸人の小島よしおとは、早大時代に同じサークルに籍を置いていたが、会った回数が2-3回程度であった[6]。
2007年12月11日、ラジかるッに45分の遅刻。翌12日は遅刻を報じた東京中日スポーツを同番組内で自ら紹介した。この出来事はスポーツ新聞全6紙に記事が掲載された。
2008年2月17日、第2回東京マラソンに、同僚の日テレアナウンサー11人と苦手のフルマラソンに参加。大方の予想をくつがえし、6時間51分6秒で完走を果たした
宮ア宣子 - Wikipedia

日テレ:アナウンスルーム
YouTube - 宮崎宣子
livedoor ニュース - 日テレ・宮崎宣子アナが「ラジかるッ」に遅れた ...
宮崎宣子 女子アナ画像SP
YouTube - 宮崎宣子 東京マラソン
livedoor ニュース - 中山秀征が宮崎宣子アナウンサーにラブコール
宮崎 宣子/日本テレビ
宮崎宣子(みやざきのぶこ)アナが好き
宮崎宣子


★★女子アナの話題★★★

フリーアナ・山田玲奈、慶応先輩と結婚
女子アナ最新年収&潜在視聴率ランキング
「スパモニ」赤江キャスター、涙の披露宴
松本人志がパパに!19歳差、元タレントとデキ婚!!
サンド伊達が結婚 お相手はフリーアナ・熊谷麻衣子

元アナウンサーの頼近美津子さんが死去 中山秀征が宮崎宣子アナウンサーにラブコール

 天然ぶりで人気の高い日本テレビ・宮崎宣子アナ(29)。「ラジかるッ」の後続番組には出演せず、ファンをがっかりさせている。しかし、出演者からもカムバックコールがあるようで、復活の日も近いかもしれない。

 スタートから早くも1カ月が過ぎた2部構成3時間の大型番組「おもいっきりDON!」(日本テレビ)

 「司会は、それまで『ラジかるッ』を仕切っていた中山秀征と宮崎アナの名コンビが横滑りするものと見られていましたが、中山だけがそのままで、相手には宮崎アナの後輩の夏目三久アナが起用された。原因は宮崎アナの天然キャラと言われましたが、彼女はまったく気にしていません」(芸能ライター)

 今年も正月から宮崎アナの天然ぶりは全開だった。まず、「謹賀らじかるッ2009」では、“まりもっこり”の着ぐるみの股間部分をモミモミして「やわらか〜い」を連発。また成人の日の放送では、ヤンキーぽいマユと目つきでガンを飛ばしている自分の成人式写真を見せ、ほかの出演者からツッコまれた。

 「鎌倉時代の“尼将軍”といえば誰?という問題には“篤姫”と答え、周囲をドン引きさせていました。良くも悪くも存在感があるし、女子アナになるため、無理して健康な歯を抜いた根性の持ち主。きっと再浮上するはず」(芸能リポーター)

 そんな宮崎アナにラブコールを送っているのが中山だという。
 「丁々発止、ツッコミがいがあるのは、やっぱり宮崎アナだと中山は思っているようです。周囲のスタッフにも“宮崎とやりたい”と話しているようです」(芸能ライター)

 宮崎アナの方も同じ考えを持っているようだが、局アナゆえに、今はじっと我慢しているのだという。

 「下積み経験が豊富で、案外我慢強いのが彼女の特徴です。学生時代、女子アナへの登竜門というべき『ミス早稲田』や、かつてインリンや吉岡美穂が務めていた『マリオレーシングチーム』のオーディションで水着姿を披露してますが、グランプリには輝いていません」(同)

 さらに、今から9年前に発売された“18禁男性誌”にも水着姿で登場している宮崎アナ。

 「日テレ入社後も水着姿を披露している彼女は、女子アナという職業が好きで好きでたまらないのです。女子アナでいるためなら珍言も吐くというわけです」(芸能リポーター)

 これぞ女子アナの鑑!

堀越日出夫の「私、テレビの味方です」 日テレ「おもいっきりDON!」 夏目三久アナに違和感アリ
誰がファンなの!?」いつの間にか"テレビの顔"になった中山


posted by ぴかまま at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。