2009年06月06日

田中義剛さんの「花畑牧場」違反建築3棟、北海道が是正指導

田中義剛さんの「花畑牧場」違反建築3棟、北海道が是正指導6月6日3時10分配信 読売新聞

 タレントの田中義剛さん(51)が経営する「花畑牧場」(本社・北海道中札内村)で、生キャラメルを製造する工場など建物3棟が建築基準法に違反していることがわかり、北海道は3日付で文書で是正を指導した。

 関係者によると、違反が明らかになったのは生キャラメルやチーズ、アイスクリームなどを製造している中札内村の同社第1工房と第2工房、飲食店「ホエー豚亭」の3棟。

 同社は道の建築確認を受けないまま、建物の大部分を建設していた。道のこれまでの調査では、〈1〉防火壁や非常用照明装置の未設置〈2〉排煙設備の不足〈3〉廊下幅や天井の高さの不足−−などの違反があったことがわかっている。

 道は同社に対し、7月1日までに是正計画書を提出するよう求めている。

 田中義剛さんの話「この件に関しては、専門家に依頼し、その判断として問題はないとのことだったが、指導を真摯(しんし)に受け止め、設計変更などの対応を始めている」 最終更新:6月6日3時10分

生キャラメルの「花畑牧場」、銀座・渋谷・原宿に直営店
キャラメル味”続々登場 「キャラメル人気」の理由とは(花畑牧場

田中義剛「口溶け感が勝負!」 牧場スイーツPR(2007年)

捜査押収品からメラミン=「花畑牧場」生キャラメル模造か−県が調査へ・埼玉2008年10月

田中義剛「口溶け感が勝負!」 牧場スイーツPR・2007.6.13

★★★

1. 田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】

2. 【楽天市場】花畑牧場は、北海道発の牛乳にこだわった手造りブランド ...
3. 田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】
4. 花畑牧場 - Yahoo!ショッピング
5. 生キャラメルの作り方レシピの動画教室 花畑牧場テレビ紹介レシピの改良版

花畑牧場カフェ

田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】

田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝【花畑牧場】

生キャラメル

生キャラメルの作り方レシピの動画教室 花畑牧場テレビ紹介レシピの改良版

【楽天市場】口に入れた瞬間溶け出す、新食感の生キャラメル【 本日 15 ...

自分で生キャラメルを作ってみよう! - [料理のABC]All About

生キャラメルの作り方 -OKWave

田中義剛&花畑牧場株式会社 花畑牧場(はなばたけぼくじょう)とは、1992年(平成4年)に設立され北海道河西郡中札内村に本社を置く、牧場経営・食品の製造販売などをする企業である。代表取締役はタレントの田中義剛
経営する牧場は本店所在地と同じ場所にあり、十勝地方の観光地のひとつとなっている。

食品事業では、北海道内の観光地や百貨店等で、花畑牧場ブランドの生キャラメル・アイスクリーム・チーズ・プリン・ケーキ等を販売するショップを直接開設する。

「花畑牧場」ブランドの乳製品も多く発売されている。ただし、名義貸しの商品もあり、すべての原料がこの牧場から産出されている訳ではない。

2009年2月には夕張市・石炭の歴史村内にある旧サイクリングターミナル「黄色いリボン」の競争入札に参加し、同施設を3400万円で落札した。同施設では夕張メロンの果汁入り生キャラメルの生産をしており、地元の高齢者を中心に正社員50名、合計で約300名を雇用した。同施設は4月20日オープンし、売店・レストランも併設された。

さらに、2009年4月には東国原英夫 宮崎県知事からの誘致に応える形で宮崎県にも進出。宮崎県では、宮崎マンゴーを主原料とした生キャラメル「生キャラメルマンゴー」を販売する。なお「生キャラメルマンゴー」の生産は自社では行わず、同県の食品加工会社・米良食品に製造を委託する
花畑牧場 - Wikipedia

田中義剛(たなか よしたけ、1958年3月13日 - )は、青森県八戸市出身のタレント、シンガーソングライター、酪農家、実業家である。花畑牧場代表取締役。所属事務所はアップフロントエージェンシー(花畑牧場・所属事務所はいずれもアップフロントグループの子会社である)。

青森県立八戸北高等学校・酪農学園大学酪農学部卒業。理科(生物)の教員免許を持っており、母校の酪農学園大学では特命教授も務めている。身長184cm

高校卒業後、北海道へ 16歳の頃に親友で漁船のコック長が、オホーツク海で遭難死。襟裳岬まで哀悼の旅に出て、その帰路、紋別の牧場で馬の出産を目にし、牧場を開く事を夢に抱いて酪農学園大学へ進学。しかし、田中はクワで開拓すれば牧場が簡単に出来ると思っていた為、大学4年の頃先生に「牧場をやる」と宣言した際に「牧場をやるには最低2億(1970年代当時)の資金が必要である」と告げられショックを受ける。

大学時代よりシンガーソングライターとしての活動を開始し、1980年にはフレッシュサウンズコンテストで審査員特別賞を受賞。その後ラジオのオーディションを受けるも歌ではなくしゃべりで合格し、STVラジオ河村通夫のアタックヤング(深夜番組)内で「田中義剛の酪農根性」という5分間のコーナがスタートする

これ以降も北海道を中心に歌手・ラジオパーソナリティとして活動していたが、1987年に「オールナイトニッポン」のパーソナリティになったことをきっかけに東京進出。その際、同郷の吉幾三が「俺ら東京さ行ぐだ」のヒットによりブレイクした為、田中に「上京したら全部面倒見てやる」と言われたのを機に上京したものの、吉は「本当に来たのか?」と言ったまま地方巡業に行ってしまい、自ら所属事務所探しを始めるハメとなり、探し回った末に現在の所属事務所に何とか所属することが出来たという。

1990年前半にはテレビのバラエティ番組にも数多く出演するようになり、全国的な知名度を得るが、この時期から彼に近い芸能人からネタ的に語られるほど、プライベートの傲慢ぶりが噂された。またバラエティ番組への出演増加と反比例して歌手活動は低調となり、一時演歌歌手への転向を図ったものの失敗に終わったため、その後は歌手としての活動はほとんど行っていない

1994年、事務所からの借金により北海道河西郡中札内村に『花畑牧場』を開業した。開業当初はチーズなどの自家生産に失敗し、出荷したが返品されたこともあった。

また借金は合計4億円(2万坪の土地購入資金に銀行の融資が2億円、傾きかけた事業の再生に向けて所属事務所アップフロントエージェンシーから1億円、損失が1億円)となった。

30人いた従業員も続々と辞めて、田中と1人残った従業員の2人だけになり、一時は土地を売却し自己破産を迫られる危機的な状況に陥っていた。土地は査定の結果「資産価値無し」と審査された所、「トムチーズ」というチーズがラーメン屋のトッピングとして使われてヒット。

更に「カチョカヴァロ」というチーズや生キャラメルがメディアに紹介され大ヒット。これら商品群のヒットを以って、花畑牧場ブランドとしての地位を獲得した。

現在は年商120億円、従業員も1500人を超える(2009年5月現在)規模に成長した。

『週刊新潮』2009年2月5日号の記事によれば「商品のアイデアは他社のパクリ」との批判が噴出している他、経営方法、メディア露出、近隣とのトラブル等、批判の声も高まっている、と報じられている。テレビ出演もゲスト出演のはずが、結局自分の牧場のPR活動になっている等、「夕張の救世主の筈だったのに夕張を踏み台にした」等揶揄する声も出てきており、当人に対してのクレームやバッシングも徐々に強くなっている

田中義剛 - Wikipedia

田中義剛生キャラメル普通の味なのに売れるのはなぜ? - 教えて!goo

「生キャラメル」田中義剛って、地元では評判悪いんだよね。 by ...
[芸スポ+]【芸能】花畑牧場・田中義剛“みなパクリ、欲と金のためなら ...


posted by ぴかまま at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花畑牧場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。