2009年06月13日

木村拓哉に限界説

木村拓哉に限界説
2009年6月13日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 木村拓哉(36)にとって今週は“魔の週間”のようだ。

 テレビ界に激震が走ったのは8日。主演している「MR.BRAIN」(TBS)の視聴率が急落したのだ。初回24.8%、2回目22.0%、6日放送の3回目は16.3%。前回から6ポイント近くダウンし、初回と比べると8ポイント以上。

「まさか20%割れはないという声が圧倒的で、4ポイント近く割り込んだのは想定外」という声が出ている。このままなら平均視聴率が20%を切る可能性もある。

 また、6日公開の出演映画アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」もかなり厳しい。

上映館が100館超と多くないこともあるが、週末2日間の興収は6000万円ちょっとで最終予想では5億円程度とみられている。フランス映画でイ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネットとの共演で木村は傷だらけの熱演をし、舞台挨拶なども行った。それでこの程度とは――。

「TBSのドラマは局を挙げて大宣伝した結果の視聴率で、映画はテレビ局が噛んでいない。

テレビがPRしないとキムタクでも結果は出せないということだし、宣伝してもかつてのような勢いはないというなんとも痛い結果です」(事情通)

“キムタク神話”の崩壊か。

(日刊ゲンダイ2009年6月10日掲載)

<ドラマ視聴率>「MR.BRAIN」16.3% 亀梨出演も初の20%割れ

「MR.BRAIN」も「婚カツ!」もダメなのは製作者

キムタク出演 仏映画公開

<ドラマ視聴率>MR.BRAIN、今季最高の24.8% キムタク“視聴率男”の面目躍如

★★★

★★★テレビドラマ話題

深キョンまたセクシ〜!ドロンジョの次はエリートスパイ…長瀬と5年ぶり共演
草なぎ 黒木メイサと“任侠ヘルパー”対決
お笑いコンビ・はんにゃが“月9”ドラマで初レギュラー出演&本格俳優デビュー

☆☆☆

世界的大流行「3〜4年続くかも」…新型インフルでWHO
<新型インフル>警戒度6「世界的大流行」宣言…WHO

鳩山邦夫総務相が辞任

小倉キャスター&ナカミー デキちゃった!?
「父の日商戦」熱く キーワードは「脱メタボ」「家飲み」

★★★

新型インフル、第二波が怖い

「マスク買い集め」楽天謝罪



posted by ぴかまま at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木村拓哉 離婚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。