2009年07月15日

石田純一と東尾理子が交際、22歳差婚へ

石田純一と東尾理子が交際、22歳差婚へ
2009年7月15日(水)6時44分配信 日刊スポーツ

 俳優石田純一(55)とプロゴルファー東尾理子(33)が結婚を前提に交際していることが14日、分かった。

2人は4年前のゴルフ番組共演をきっかけに交流を深め、交際に発展したようで一緒にラウンドしている姿を何度も目撃されていた。理子は妊娠はしておらず、結婚後もプロとして活動する。石田はこの日のイベントで、3回目の結婚へ意欲を示していた。

 石田はこの日のイベントで俳優佐藤隆太(29)の結婚についてコメントを求められ「今年とか来年ぐらいに、佐藤君に負けないように」と結婚を意識する女性がいることを示しながら、結婚願望を明かしていた。前日の外国車メーカーのイベントでも「夏には助手席に乗せたい」とその存在を示していた。石田の所属事務所は「真剣に交際しているのは事実です。結婚の日程が決まっているわけじゃありませんが、温かく見守ってください」と話した。理子の事務所も「交際させていただいています」と認めた。

東尾理子ひがしおりこ、1975年11月18日 - )は、日本の女性プロゴルファーである。血液型はA型。プロ野球選手・監督の東尾修は父。2006年現在はリコーに所属している。

父・修が西鉄・太平洋・クラウンライターライオンズの投手だったため、福岡県で生まれた。

8歳でゴルフを始めた。ライオンズはその後西武鉄道が買収し、埼玉県へ移ったが、理子自身は中学入学時から上京。

帝京高等学校入学後、ゴルフ部を発足させてキャプテンを務める。2年生の時に日本女子アマチュアマッチプレー優勝。

1994年に日本大学へ進学。全米女子アマにおいてベスト8入りを果たす。

1995年にフロリダ大学へ留学。「アカデミック・オールアメリカン」、「ダイナ・ショア・アワード」を受賞。

1999年に日本のプロテストを合格。プロゴルファーとなる。 同じ1999年、アメリカフューチャーズツアー優勝。

2003年11月末、祖母の見舞いの帰りに駅の階段から転落し、両足の靭帯を損傷。全治3ヶ月の大けがを負いしばらく松葉杖での生活となる。 2004年から米LPGAツアーに本格的に参戦を開始している。

持ち前の明るいキャラクターと愛くるしいルックスがファンを魅了し、「芹澤信雄・東尾理子のゴルフショウダウン」をはじめ、テレビ番組にも多数出演。

2006年6月、腱板損傷と滑液嚢炎により痛めていた肩を手術。回復を待ってツアー参戦を狙う。

東尾理子 - Wikipedia

東尾理子オフィシャルブログ「Route-R」Powered by Ameba



posted by ぴかまま at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。