2009年07月22日

見逃せない!!水野美紀と吉瀬美智子の濡れ場バトル

見逃せない!!水野美紀と吉瀬美智子の濡れ場バトル
2009年7月21日(火)10時0分配信 日刊ゲンダイ

30代半ばの人気女優が近く公開される映画で濡れ場合戦を繰り広げるというので話題をさらっている。水野美紀(35)と吉瀬美智子(34)だ。

 水野は日本・香港合作映画さそり」(アートポート配給、8月8日公開)に主演。

167センチでB80・W58・H87という少林寺拳法で鍛えたバディーを初めて惜しげもなくさらしている。映画は梶芽衣子主演でヒットした「女囚701号 さそり」のリメーク。刺客として猛特訓を受けたヒロインが自分を陥れた者たちに復讐(ふくしゅう)を遂げていくという物語である。

 刑務所から出たヒロインの水野がかつての婚約者(“台湾のもこみち”といわれるディラン・クォ)と再会する。お互いを確かめ合うシーンは興奮ものだ。全裸騎乗位で髪を激しく左右に振りながら身もだえする。眉間(みけん)にしわを寄せ、あごを突き出し、腰を上下左右に揺すり立てるさまは本気モードというしかない。そして、男の手は水野の紡錘形(ぼうすいけい)乳房を揉み、乳首に唇を近づけていく……。


 吉瀬は「白夜」(ギャガ配給、9月19日公開)でEXILE眞木大輔を相手に濃厚なセックスシーンを見せてくれる。「an・an」で披露した166センチ、B82・W59・H86というナイスバディーをもう一度堪能できるのがいい。物語は吉瀬演じるOLが単身赴任した恋人に会うためフランス・リヨンを訪れ、そこで偶然出会った眞木演じるバックパッカーの青年と恋に落ちるというもの。

 吉瀬のイレ込み方はハンパではない。濃厚なキスでは舌が激しくからみ合う。男の手はついに釣り鐘形の乳房に……と官能シーンのオンパレードである。また、ホテルの一室でのシャワーシーンも見もの。服を脱いでキャミソール一枚になり、続いてブラジャーとパンティーに指がかかる。その時の乳房の深い谷間、波打つヒップは欲情的。私生活では噂の建築デザイン会社社長と結婚したいと漏らしているというが、むろん事務所は猛反対に違いない。電光石火の入籍もあるかもしれないが。

 脱がない若手女優が増えている中、この2人は大胆な“艶技”にチャレンジしている。

(芸能評論家・金沢誠)

(日刊ゲンダイ2009年7月18日掲載)

吉瀬美智子(女優)

. 水野美紀 - Wikipedia

水野美紀オフィシャルサイト/Miki Mizuno Official Web Site
水野美紀 Official BLOG/ウェブリブログ
YouTube - 水野美紀
水野美紀:タレントデータベース


posted by ぴかまま at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。