2009年07月25日

熟れた肉体と大胆な濡れ場に騒然 中山美穂

熟れた肉体と大胆な濡れ場に騒然 中山美穂
2009年7月25日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

●やっと日の目を見る

 アラフォーの大物が衝撃的な“艶技”を披露してくれそうだ。ある映画関係者はパリ在住の中山美穂の復帰映画を見て思わず、生ツバをのみ込んだそうだ。

「編集前のいわゆるラッシュ映像を見た人は“そこまでやるか”と思ったそうです。人妻の色気というか、フェロモンにノックアウトです」

 いや、実に楽しみではないか。この映画とは紆余(うよ)曲折の末にようやく日の目を見る「サヨナライツカ」。原作は美穂の夫で作家の辻仁成氏だ。

 最初に映画化が騒がれたのは7年前のこと。美穂が辻氏との電撃結婚で世間をアッといわせた時である。そのことで「サヨナラ」を映画化する予定だった行定勲監督が降板する騒動に。その後は立ち消え状態になっていたが、2年前に美穂がパリで映画のイベントに出席した頃から女優復帰の話が浮上。昨年、映画化が決定したのだ。

 その時は公開は今年といわれたが、再びアヤフヤになり、本当に公開されるか危ぶまれ、結局10年公開で決定した。監督は「私の頭の中の消しゴム」で知られる韓国のヒットメーカー、イ・ジェハン監督で昨年クランクインした。映画記者がこう言う。

「『サヨナライツカ』はタイ・バンコクが舞台。婚約者がいる男と年上女性が恋に落ち、やむなく別れを告げ、25年後にバンコクで再会するという大人のラブストーリーです。美穂が真っ白な肉体をさらけ出し、絡みありの大胆濡れ場を演じているというので、映画界はこの話で持ち切り。彼女は来年で40歳になる、まさにアラフォーの代表のような存在で、脱いだらセンセーショナル。美穂の女優生命をかけた作品に期待したい」

 配給はアスミックエース。担当者は「映画が完成していないので内容はわかりません」と言うが、中高年には見逃せない作品になる。

(日刊ゲンダイ2009年7月22日掲載)

中山美穂がCMで本場仕込みのフランス語を披露
夫・辻仁成氏の作品で本格復帰する中山美穂の周辺
中山美穂が料理の腕披露

YouTube - 中山美穂

★★★

ウッチー大胆CM出演の裏
もう一度見たい春ドラマ第1位は天海祐希の「BOSS」!キムタク主演の「Mr.BRAIN」は2位
「心から感謝」草なぎが“地デジ大使”復帰

堀越日出夫の「私、テレビの味方です」 深田恭子 コスプレありきのドラマ制作は大正解!


posted by ぴかまま at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。