2009年07月30日

石田純一 東尾理子はダミー 本命は安田美沙子!?

石田純一 東尾理子はダミー 本命は安田美沙子!?
2009年7月29日(水)15時0分配信 内外タイムス

 22歳差熱愛が発覚して、芸能マスコミに再び恋愛の話題を提供している石田純一(55)。

プロゴルファー東尾理子(33)との交際を認め結婚も視野に入れていると明かした石田だが、実は本命は理子でなく、アノ有名グラドルだというのだ。石田の本心はどこにあるのか?

 理子と結婚宣言したばかりの石田に、とんでもない噂が入ってきた。
 「理子ちゃんもかわいそうに…石田が今狙っているのは別の女性だよ」と耳打ちするのは、ある中堅プロダクションのマネジャーA氏だ。彼によると石田は理子以外にも2人懇意にしていた女性がいるという。そのうちの1人は理子とデートをした後で会ったという一般女性のB子さん。残りの1人もモデル風美女のC子さんだという。
 この中から理子を選んだ背景には、石田が公私に渡って相談に乗ってもらっている美人占い師・星ひとみの存在がある。
 「今年の4月ごろ、石田は星さんに今後の相談をしたところ、理子と結婚宣言したら運気が拓けると言われたのです。それを7月から8月くらいに正式発表すればベストだと。これに従い石田は3人の中から理子を選び、発表時期も星さんの言う通りにしたのです」(前同)という。

 もっとも、たかだか恋人が出来たくらいで記者会見まで開くのは、石田自身が恋愛ネタで食っている“恋愛ビジネスタレント”だからである。
 「普通はこの程度でいちいちマスコミの前に堂々と現れないよ。ただ、石田はそうすることによって、映画のPRや商品の宣伝をするときにクライアントから“石田さんが来てくれればマスコミが集まる”と思わせられると自信を持っているからだ。ワイドショーのリポーターからの最近の恋愛は順調ですか? の質問にイヤな顔をするどころか、むしろ待ってましたとばかりに答えて生き延びているタレントですからね」(前同)。
 それだけに表向きには、プロ野球の名球会入りを果たしている東尾修元投手(現評論家)を父に持ち、自身もプロゴルファーの理子さんを選ぶ方が「いろいろな意味で得」と判断したに違いない。
 こんな話を父・東尾修が耳にしたら現役時代同様にブラッシュボールが石田の顔面に炸裂することは想像に難くない。にもかかわらず、理子さんを踏み台にした石田の本命は誰なのか?
 「あ〜それね…ネタ元は隠してね」と言いながら事情通のテレビ関係者がこう明かした。

 「安田美沙子ですよ」。

 なんでも安田と某バラエティ番組に出演したとき、石田は終始、鼻の下を伸ばしっ放しで、ずっと視線を安田に向けていたという。
 「もう完全な口説きモード。それに気づいた安田も目でOKサインを出していたと番組スタッフが話していましたよ」(前出テレビ関係者)。
 収録後、連絡先を交換し合ったとの情報もあり、水面下で2人が会っている可能性は高いという。ただ、安田は城田優をはじめ、たくさんのセフレがいることもあり、石田が本命恋人として宣言するには色々なリスクがあるため、理子を隠れ蓑にしているようだ。
 「現在、石田と安田を写真週刊誌も狙っている」(前同)そうで、石田の恋愛騒動にはまだまだ波乱含みの展開が予想される。



posted by ぴかまま at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。