2009年08月04日

押尾学容疑者を逮捕 MDMA服用容疑

押尾学容疑者を逮捕 MDMA服用容疑8月3日23時26分配信 産経新聞

押尾学

 幻覚作用のある合成麻薬MDMAを服用していたとして、警視庁麻布署は3日夜、麻薬取締法違反(使用)の疑いで、俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)を逮捕した。同署によると、「昨日、知人からもらった固形物を飲んだことに間違いはないが、違法なものとは思わなかった」と供述している。

 麻布署によると、2日夜、東京都港区六本木のマンションで119番通報があり、署員が駆けつけると裸の女性がベッドで死亡していた。この部屋に出入りする関係者から事情聴取を進め、押尾容疑者に薬物の尿検査を実施したところ、MDMAの陽性反応が出たという。

 同署によると、押尾容疑者は「昨日、知人からもらった固形物を飲んだことに間違いはないが、違法なものとは思わなかった」と供述しているという。

 所属事務所のエイベックス・マネジメントは3日、公式ホームページ上で押尾容疑者との契約を同日付で解除したと発表。理由については「当社との契約に反する行為を行ったため」とし、「詳細につきましては、追ってご報告申し上げます」とした。

 所属事務所のホームページなどによると、押尾さんは東京都出身。平成10年に俳優デビューし、「ラブレボリューション」「クニミツの政」など人気ドラマに出演。ロックバンド「LIV」のボーカル兼リーダーとしても活動し、18年には女優の矢田亜希子さん(30)と結婚、1男をもうけた。

 MDMAは通称「エクスタシー」と呼ばれる錠剤型の合成麻薬で、服用すれば感覚や感情に影響を及ぼす幻覚・興奮作用があり、大量摂取で心臓発作や脳卒中を起こし死亡するケースもある。経口服用で抵抗感が少ないことから近年は若者の間での乱用が指摘されている。

押尾学、「契約に違反する行為」でエイベックスが契約解除

矢田亜希子復帰の裏事情
矢田亜希子が月9で3年ぶりに復帰!

押尾学(おしおまなぶ、1978年5月6日 - )は、日本の俳優、歌手であり、ロックバンド「LIV」(リヴ)のボーカル兼リーダー。東京都出身。血液型A型。妻は女優の矢田亜希子。身長184cm、体重80kg

X JAPANのファンであることを公言している[1]。他にニルヴァーナのファンでもあるがこれは誤解を与えた[2]。
不遜な言動が多く、周囲と軋轢を生む事が多い。又、度々舌打ちをする癖もある。
ニルヴァーナ絡みの発言や、「元暴走族のヘッド」等の発言などから、「虚言癖」と揶揄される事もあり、その発言の数々は2ちゃんねるをはじめとするインターネット上では「お塩先生語録」などと呼ばれ、注目を集めている。
所属事務所は研音からフリー期間を経て、エイベックス・エンタテインメントに移籍したが解雇された[3]。
2009年8月2日、禁止薬物LSDを使用していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕状が請求された[4]。また、マンションの同室に居た女性が死亡しており、この事件についても今後捜査が行われる模様である。

LIVとしてインディーズに移行後も、オリコンインディーズチャートで1位を獲得(総合チャートでは54位)するなど活躍を続けている。
現在は活動の拠点を米国に移している。
2007年7月2日、矢田が所属事務所を通じて妊娠4ヶ月である事を発表、自身のブログでも、結婚後初の3ショットを掲載するとともに、父になる喜びを綴った。
2007年4月、自身のブログにて、清水健太郎から格闘技対決を挑まれたことに対し「格闘技全般観るのは好きだが、出る根性はねえ(笑)」としている。格闘技、トレーニング用品を販売するボディメーカー社のイメージキャラクターとして活躍している

押尾学 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。