2009年08月13日

酒井容疑者、吸引法は「夫から教わった」

酒井容疑者、吸引法は「夫から教わった」芸能:スポーツ報知

 女優の酒井法子容疑者(38)=本名・高相法子=が、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、酒井容疑者が「吸い方は夫(高相祐一容疑者=41)から教わった」と供述していることが12日、分かった。自宅から押収された覚せい剤が微量なため、起訴猶予の見込みもある一方で、自宅以外で常習していたのではという見方も。潜伏中の足跡が明らかになってきた中、使用容疑で再逮捕される可能性も浮上している。

 調べによると、酒井容疑者は「吸い方を夫から教わった」と新たに供述しているという。

 これまで「昨年の夏頃、夫に勧められた後、数回使っていた」と供述していたが、高相容疑者から使用法もレクチャーされていたことになる。

 また、8日夜に出頭するまで空白の6日間の足取りについて、酒井容疑者は一時、亡き父の再婚相手である継母と、知人の女性と行動していたとみられている。箱根や東京の立川方面のほか新宿区、中央区、千代田区、港区、山梨県に立ち寄ったり、宿泊したりしたと供述していた。

 4日午前に、山梨・精進湖付近で酒井容疑者らしき人物を見かけたという新たな目撃証言も報じられている。道路の路肩で止まっていた乗用車の中に2人の女性の姿があり、助手席に座っていた女性が酒井容疑者に似ていたという。車のほかには一部、電車に乗って移動したとも伝えられている。

 この日も、都内にある継母の自宅マンションには報道陣が集まったが、玄関には報道関係者の立ち入りを断る張り紙が張られたまま。近隣住民によると、マンション周辺では、継母も酒井容疑者の姿も最近は見かけられていないという。

 酒井容疑者は、自宅に隠し持っていた覚せい剤が0・008グラムと微量なため不起訴、起訴猶予の可能性もあるが、一方では吸引用のストロー42本なども押収されており、自宅以外で常習していたことも考えられる。今後の捜査次第では、使用容疑での再逮捕もあり得る。高相容疑者は覚せい剤を「都内でイラン人から購入した」と供述。尿検査でも陽性を示したため、使用容疑での再逮捕は近いとみられる

酒井法子容疑者、逃げ得“無罪”!?立件困難で起訴猶予も

東京地検に入る車の中でうつむく酒井法子容疑者 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された女優・酒井法子容疑者(38)=本名・高相法子=が10日午前、送検された。警視庁組織犯罪対策5課は、夫・高相祐一容疑者(41)の逮捕で気が動転し、出頭を迷ったとの見方を強めており、積極的に逃げる意思はなかったとして取り調べを続けている。さらに、所持が微量(0・008グラム)であるため、起訴猶予となる可能性が出てきた。

 土砂降りの中、酒井容疑者は拘置されている東京・湾岸署から送検された。報道陣約50人から、無数のフラッシュを浴び、酒井容疑者を乗せたワンボックスカーが出ていった。

 警視庁によると、酒井容疑者は「昨年夏、夫に覚せい剤を勧められて以降、数回吸った」と供述。吸引用のストロー42本とガラスパイプ1本を押収、付着物のDNA型が酒井容疑者と一致したことも分かった。酒井容疑者が単独で使用していたかどうかも捜査している。

 空白の6日間の足取りも分かってきた。酒井容疑者はカップめんなど非常食を購入。4日、捜索願が出されていることは山梨県内でテレビで知ったという。知人に連絡したところ、夫の高相容疑者が逮捕された渋谷署と、捜索願が出された赤坂署には、報道陣があふれていることを知らされ、「パニック状態になって、どうすればいいか分からなくなった」と供述している。同庁は積極的に逃げる意思は強くなかったとみている。

 供述も状況証拠もそろってきたが、起訴猶予処分になる可能性が出てきた。専門家は「自宅から見つかった覚せい剤が微量で起訴できない」という。別居中の夫も「会うたびにやせていった」と酒井容疑者の覚せい剤常用を思わせる供述をしているが、6日間行方をくらましていた後に行った尿鑑定では覚せい剤反応が出なかった。覚せい剤の陽性反応は使用後4日程度で消えてしまう。また、ストローから採取したDNA鑑定や毛髪鑑定だけでは、使用の時期は特定できないという。

 所持での起訴も、多くは1回の平均使用量(約0・03グラム)以上の分量を所持したケースで、酒井容疑者は0・008グラムの所持だ。使用後に残った量という見方もあるが、警視庁の捜査幹部は「覚せい剤が微量の事件は検事が起訴したがらない。今回も難しいかもしれない」と、公判維持の難しさを語る。検察幹部も「鑑定に使うと、量がほとんど残らず、公判で鑑定の適法性などを立証するのは困難になる」と話した。

 また、高相容疑者が、所持していた覚せい剤について「都内で外国人から買った」と供述していることも判明。酒井容疑者は「夫と一緒に吸った」と供述しており、高相容疑者の覚せい剤が酒井容疑者に渡った可能性があるとみて、入手先を調べている。

 東京地裁はこの日、19日まで10日間の拘置延長を認める決定を下した。

 ◆警視庁組織犯罪対策5課 暴力団や来日外国人犯罪組織等による覚せい剤、大麻、麻薬等の薬物事犯や拳銃等の銃器事犯の取り締まりを行う。いわゆる「暴力団対策」の部署、マル暴とは異なる。

 ◆起訴猶予とは? 不起訴処分のひとつ。犯罪の嫌疑や証拠が十分あっても容疑者の性格、年齢、境遇、情状など諸般の事情から、検察官があえて起訴する必要はないと判断したときに下される処分。一般には「嫌疑なし」「嫌疑不十分」の時に不起訴が使われることが多いという。前科とはならない。最近では大麻取締法違反で4月に現行犯逮捕された俳優・中村雅俊の長男・中村俊太が初犯で「大麻が微量(0・03グラム)で反省している」として起訴猶予になっている。


posted by ぴかまま at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。