2009年08月24日

高相被告供述「妻と一緒に逮捕10日前に吸った」

高相被告供述「妻と一緒に逮捕10日前に吸った」8月23日8時0分配信 スポーツ報知

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された女優の酒井法子容疑者(38)=本名・高相法子=が、皆既日食の日に覚せい剤を使用していた可能性が22日、強まった。日テレによると、夫の高相祐一被告(41)が警視庁の調べに「最後に妻と一緒に吸ったのは、逮捕(3日)の10日ほど前だった」と供述。12日前の7月22日は皆既日食で、夫妻はこれを見るため鹿児島・奄美大島に滞在中だった。また、酒井容疑者は使用容疑での再逮捕も視野に調べが進められている。

 日テレによると、高相被告は「最後に妻と一緒に覚せい剤を吸ったのは、逮捕の10日ほど前だった」と話しているという。

 これまで、7月20〜30日の間、長男(10)も連れて奄美大島を家族で訪れた際に「妻と一緒に覚せい剤を使用した」と供述していた高相被告。具体的に逮捕の約10日前と絞られたことで、酒井容疑者が7月22日の皆既日食のときも、高相被告とそろって覚せい剤を使用していた疑いが強まった。

 夫妻は同20日には現地で行われた野外音楽イベントに参加。会場のど真ん中で、ハイテンションで踊っていたという。高相被告は持ち運びやすいように覚せい剤をストローに詰めていたとされている。

 また、毛髪鑑定で覚せい剤使用の陽性反応が検出された酒井容疑者については、使用容疑での再逮捕に向けても調べが進められている。

 千葉・勝浦の別荘、通称「ピンクハウス」からは、微量の覚せい剤や、使用済みとみられるストローなどが見つかっており、高相被告は所持容疑で再逮捕される見通し。同所に出入りしていた酒井容疑者は、共同所持容疑での立件もささやかれる。

 警察ジャーナリストの黒木昭雄氏は「所持での起訴が難しい現状では、共同所持で再逮捕するのがセオリー」と語る。一方で、使用容疑での立件については「毛髪鑑定だけでは難しい。世論も得た上で、警察としては勝負をかけたものになる」と指摘する。

 いずれにしても酒井容疑者は28日に拘置期限を迎える。黒木氏は「再逮捕するならその前だが、不起訴での釈放もあり得る」と見ている。

酒井法子の億単位賠償 一体だれが負担するのか


posted by ぴかまま at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。