2009年08月27日

最初の継母、酒井容疑者の複雑な家庭環境を告白

最初の継母、酒井容疑者の複雑な家庭環境を告白 2009.8.27 05:01 芸能 - SANSPO.COM

酒井容疑者が乳飲み子で実母に捨てられていた過去が分かった。27日発売の「週刊新潮」で、最初の継母、Aさん(60)が告白した。

 福岡県内の暴力団幹部だった父、三根城さんは最初の妻との間に酒井容疑者をもうけた後、離婚。その後再婚したAさんによると、酒井容疑者が乳飲み子だったころ、実母は若い男性と駆け落ち。その際、酒井容疑者は三根城さんの実家である佐賀県内の寺に捨てられ、刑務所に入っていた父の妹にあたる叔母夫婦に預けられ、埼玉・狭山市で過ごした。

 酒井容疑者が小学校低学年になった時、再婚した父とAさんに引き取られ、福岡で成長。親子3人の暮らしが始まってまもなく男児が誕生した。それが、7月に覚せい剤使用で逮捕された酒井健被告だという。Aさんが女児を出産した時期、三根城さんが浮気をして離婚。酒井容疑者を連れて父が再々婚した女性は、今回の逃亡に同行した継母(62)だった。

 トップアイドルが薬物常用へとのめり込んだ背景には、複雑な家庭環境もあったのか…。



タグ:酒井法子
posted by ぴかまま at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。