2009年09月11日

酒井法子被告を追起訴=奄美大島で覚せい剤吸引−使用認める、捜査終結・東京地検

酒井法子被告を追起訴=奄美大島で覚せい剤吸引−使用認める、捜査終結・東京地検9月11日14時14分配信 時事通信

 女優酒井法子被告(38)の覚せい剤取締法違反事件で、東京地検は11日、鹿児島・奄美大島で7月末に覚せい剤を吸引したとして、同法違反(使用)罪で酒井被告を追起訴した。起訴内容を認めている。
 夫の高相祐一容疑者(41)=同法違反罪で起訴、再逮捕=も同日、千葉県勝浦市の別荘で覚せい剤を所持した罪で追起訴。酒井被告をめぐる捜査は終結した。
 起訴状によると、酒井被告は7月30日ごろ、奄美大島のホテルの部屋で、覚せい剤若干量を加熱して吸引したとされる。
 捜査関係者によると、酒井被告は同月下旬、高相容疑者や長男と奄美大島へ旅行。「子供がいるから吸わないと約束していたが、最終日の30日に吸ってしまった」と供述している。
 高相容疑者も「島で拾った覚せい剤を使い、妻の分も用意した。妻もやったと思う」と話しているという。
 酒井被告は8月3日に高相容疑者が同法違反容疑で現行犯逮捕されると失跡し、同8日に出頭。失跡理由を「尿検査で覚せい剤反応が出るかもしれないと思った」と供述したため、警視庁が直前の使用を捜査し、同島での使用容疑で今月10日に追送検していた

シャバよりも快適!? 酒井法子被告、保釈拒否のワケ9月11日16時57分配信 夕刊フジ

酒井被告は早期保釈を敬遠した(写真:夕刊フジ)

 覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が「いま出ても騒がれる」と現時点での保釈を事実上拒否していることが分かった。警視庁が10日、同法の使用容疑で追送検し、11日にも東京地検が追起訴して一連の捜査は終結。保釈申請をすれば認められる可能性があるが、被告側の判断でシャバへの“復帰”は、しばらく先になるのか。

 追送検の容疑は7月30日ごろ、夫の高相祐一被告(41)=同法違反罪で起訴、所持容疑で再逮捕=と長男(10)とともに日食を見に訪れた鹿児島・奄美大島のホテル内で、高相被告から勧められて覚醒剤を火であぶって吸引した疑い。「子供が一緒だから吸わないと夫婦で約束していたが、最終日に吸ってしまった」と供述し、容疑を認めているという。

 捜査終結となると、酒井被告が保釈される可能性が高くなる。日大の板倉宏名誉教授(刑法)は「ほぼ容疑を認めている『完落ち』状態なので、被告側が保釈申請すれば証拠隠滅や逃亡の恐れもなく認められる可能性が高い」とみる。

 ただ、酒井被告は「いま出ても騒がれて、息子にもすぐ会えない。もうしばらく我慢して落ち着いたころに出たい」と、今いる東京湾岸署の女性専用留置場からシャバに出ることへの不安を漏らしているという

★★★

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー


タグ:酒井法子
posted by ぴかまま at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。