2009年10月03日

沢尻夫妻 復活大作戦を思案中

沢尻エリカ“解雇騒動”の真相
2009年10月2日(金)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 沢尻エリカ(23)の所属事務所解雇騒動で週末は大騒ぎ。これから一体どうなるのか。

 この騒動の発端は事務所に縛られずに仕事を再開させたい沢尻と、それを阻止したい事務所の綱引きが原因だ。一部マスコミで伝えられているような行為が理由ではないし、そもそも根拠がないのだ。なぜ、マスコミ報道が暴走気味になったか不思議である。

「実は沢尻の夫でクリエーターの高城剛氏は新ビジネスを展開する計画もあり、そのために動いています。それには沢尻の協力が不可欠で、事務所を円満独立後にバックアップする態勢まで考えていた。それを事務所は身勝手、契約違反と主張して双方が対立し、解雇騒ぎに発展したのが今回の真相です」(事情通)

 高城氏は2016年東京五輪招致運動に参加していて、26日に単身でロンドンに旅立った。帰国後に何らかの動きがあるといわれている。

(日刊ゲンダイ2009年9月29日掲載)

尻夫妻 復活大作戦を思案中

 エリカ様がついにクビとなった。所属事務所「スターダストプロモーション」との契約解除問題で揺れる女優・沢尻エリカ(23)が、昨30日に事務所公式HPから一切の情報が削除された。事実上の解雇と見られる。当の本人は海外に渡っており、夫でハイパーメディアクリエーターの高城剛氏(45)と合流し、“復活大作戦”を思案中という。

 まさに、星くずのように消えてなくなった。
 沢尻の所属事務所「スターダストプロモーション」の公式サイトには、29日までタレント一覧はもちろん、トップページにまで沢尻の笑顔があった。しかし、30日午後になって写真やプロフィルなど一切の情報は削除され、現在は閲覧不可能となってしまっている。
 沢尻と「スターダストプロモーション」をめぐっては26日に解雇問題が発覚。事務所側は沢尻が過去に起こした数々のトラブルや素行不良を契約違反と判断し、解雇を決断。すでに最後通告となる内容証明郵便を送付していると見られ、沢尻との契約関係を完全に断ち切るもよう。
 デビュー以来、沢尻のプッツンぶりは確かにすごかった。2007年9月の「別に」事件でミソをつけたのがお騒がせ史のはじまり。その後もゲイバーでのランチキ騒ぎが報道されたかと思えば、突如芸能活動を中断して、ロンドンへ語学留学をしたりと、やりたい放題。今年に入って事務所の了承も得ないまま、高城氏と結婚。さらに今夏、皆既日食鑑賞のため奄美大島に夫婦で滞在した際には公道で「フル電動自転車」を乗り回し、地元警察から事情聴取を受けている。

 「自由奔放でマスコミとしてはネタに困らない逸材でしょうが、行動を管理する事務所は大変。今回の解雇でも、いまだに『麻薬使用疑惑』まで指摘されていて、沢尻で得られるメリットよりもデメリットの方が大きいとの判断でしょう。当然です」(芸能プロ関係者)
 解雇問題に関して沢尻サイドは弁護士を立てて交渉中だが、当の本人はドイツに渡っているといわれる。現地で高城氏と合流し、今後の“作戦”を練っているという。
 女性誌デスクは「高城氏のもとで独立事務所を立ち上げ、芸能界に復帰するのがベストだろうが、そのためには今の事務所をきれいにやめるのが必須条件。沢尻にいくら話題性と実力があってもこの難所を越えなければ次はない。今が正念場です」と指摘する。
 自身のブログでは「see you at the next stage(次のステージで会いましょう)」という謎の言葉を残したままの沢尻。しかし、彼女が芸能界で次のステージを見つけるのはかなり難しいといえそうだ。

エリカ母引っ越し、本人はドイツに出国か

★★★

キャバ嬢原幹恵エロス全開

日テレ・夏目三久アナが『おもいッきりDON!』を“笑顔”で卒業
ヘッドライン岡田美里「バツ2」昨年3月に離婚していた
留年2度”八田亜矢子 東大大学院ハラハラ合格!
エリカ母引っ越し、本人はドイツに出国か

2016年夏季五輪はリオデジャネイロ 南米初 東京は第2回投票で落選


タグ:沢尻エリカ
posted by ぴかまま at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。