2009年10月04日

役の加藤清史郎が作家デビュー〜加藤清史郎はいくらもらっているのか

子役の加藤清史郎が作家デビュー
2009年9月30日(水)6時49分配信 日刊スポーツ

 NHK大河ドラマ「天地人」の主役直江兼続幼少期を演じ、子役として人気者になった加藤清史郎(8)が今度は“作家”デビューすることが29日、分かった。

タイトルは「こども役者 加藤清史郎のきもち」。小学館から10月16日に発売される。この中で「ぼくのきょうだい」など7つの自筆作文を書いた。出版関係者によると「小学生の書いたものが本になる例は非常に珍しい」という。

俳優、歌手の次は加藤清史郎作家デビュー
2009年9月30日(水)10時1分配信 日刊スポーツ

 NHK大河ドラマ「天地人」の主役直江兼続の幼少期を演じ、子役として人気者になった加藤清史郎(8)が今度は“作家”デビューすることが29日、分かった。タイトルは「こども役者 加藤清史郎のきもち」。

小学館から10月16日に発売される。この中で「ぼくのきょうだい」など7つの自筆作文を書いた。出版関係者によると「小学生の書いたものが本になる例は非常に珍しい」という。

 このほか、2歳下の妹、6歳下の弟とのプライベートショットや生い立ち、けいこ場での様子、出演中のトヨタ自動車のCM「こども店長」の収録風景など、公開されていない写真や、100の質問などが掲載されている。

 所属する劇団ひまわりやテレビ局の関係者の証言をまとめ、人気子役の成長の秘密がひもとける内容にも仕上げた。中でも評判になっている礼儀正しさについて「お母さんから、『ごあいさつ、お礼、おわびは、きちんとすぐに言いなさい。そして年上の人にはていねいなことばで話しなさい』といつも言われています」と、家庭でのしつけについて話している。

 俳優だけでなく、NHK「みんなのうた」8、9月放送分では「かつおぶしだよ人生は」で歌手デビューに続き活動の幅をさらに広げた。10月18日には東京・新宿の紀伊国屋書店新宿南店で、出版記念を兼ねた初の握手会も行う予定。劇団ひまわりによると、年末まで多くの出演依頼が寄せられている。

加藤清史郎はいくらもらっているのか
2009年10月1日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 NHK大河「天地人」の与六役でブレークした加藤清史郎(8)が、今月27日の放送でカムバックした。今回は直江兼続の長男の竹松役で、NHKは数カ月前から再出演のオファーをしていたという。

加藤は“こども店長”としてトヨタのCMにも出演中で大忙しだ。 この加藤に続けとばかりに最近は次から次に売れっ子の子役が出現している。今月30日のテレ東の単発ドラマ「白旗の少女」に主演する八木優希(8)、NHK大河スペシャル「坂の上の雲」に出演する吉田里琴(9)といった具合だ。

 さて、そんな子役たちがどれくらい稼いでいるのか。海外では、今年のアカデミー賞で8部門を制した英作品「スラムドッグ$ミリオネア」で主人公の少年時代を好演したスラム出身の少年が、約1000万円のギャラをもらえることで話題になったが……。

「はっきり言って、日本の子役のギャラは格安。成人の人気タレントの10分の1が相場といわれています。加藤清史郎クラスの人気者でも、民放の連ドラの出演料は1話につき5万〜7万円。NHKになるとさらに安く、大河ドラマでも1話あたり2万円以下といいます」(マスコミ関係者)

 これらは、リハーサル、本番を含めた数日間の金額。バラエティーでは交通費を含めて数千円に下がるケースも。

●出演ギャラは2万円?

 そんな中でうまみがあるのはCMの仕事か。

 メーンで出演すればギャラは30万〜70万円くらい。サブでも大手企業のCMなら2時間の拘束で6万〜10万円もらえる。加藤クラスになると数百万円にハネ上がるという。

「それでも、大人に比べると格段に安い。酒井法子がトヨタ自動車とCM契約していた際のギャラは4000万円程度といわれていました。“こども店長”の加藤の金額はその5分の1から4分の1程度でしょう」(広告代理店関係者)

“子役は安い”がテレビ、CM界の共通のキーワード。子役ブームは不況に咲いたあだ花か。

日刊ゲンダイ2009年9月28日掲載)

噂の深層 NHK大河撮影現場も巻き込む深キョンのマイペースぶり

(10/04)キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!
(10/03)<ベッキー>天海祐希と初の女性1位 イチローはV4 タレントイメージ調査


posted by ぴかまま at 04:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。