2009年10月18日

「帰って来たヨッパライ」「あの素晴しい愛をもう一度」の加藤和彦さんが首つり自殺

「帰って来たヨッパライ」「あの素晴しい愛をもう一度」の加藤和彦さんが首つり自殺

加藤和彦さん 

「帰って来たヨッパライ」や「あの素晴しい愛をもう一度」などのヒット曲で知られる音楽家の加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木=が17日、長野・軽井沢町のホテルで首をつって死亡しているのが見つかった。16日午後6時30分に死去。パソコンで打った遺書らしきメモがあり、軽井沢署は自殺とみている。加藤さんは事前に知人に自殺をほのめかしていたという。葬儀は近親者のみで営み、後日、お別れの会を開く。

 軽井沢署によると、加藤さんは16日に1人でホテルを訪れ、1泊2日の予定で宿泊。ホテルから17日午前8時半ごろ「客室の男性と連絡が取れない。室内を確認してほしい」と通報があった。

 17日朝に、知人女性(34)からホテル側に「加藤さんと連絡を取ったが、自殺するのではないかと不安にさせるような内容だったので、所在を確認したい」との連絡があったという。

 署員とホテル従業員が17日午前9時半ごろに部屋に入ったところ、浴室内で死亡している普段着姿の男性を発見。午後2時ごろ、同署で知人女性と事務所関係者が加藤さんであることを確認した。

 衣服に乱れはなく、部屋には、パソコンで打ったとみられる遺書らしきメモが2通残されていた。メモは音楽関係者とホテルあてで、音楽に対する悩みなどがつづられていた。

 加藤さんに近い関係者によると、関西に住む入院中の母親の介護に疲れていると漏らしたこともあったという。また、最近、連絡を取った別の人の話では、加藤さんは精神的に不安定な状態で、「音楽を書けない」と悩んでいたという。遺体は午後6時ごろ、事務所関係者が手配した車で同署を出た。

 加藤さんは3度結婚。70年に「サディスティック・ミカ・バンド」のボーカル・ミカと結婚も75年に離婚。77年、作詞家の安井かずみさんと再婚したが、94年に死別。95年に結婚したオペラ歌手の中丸三千絵とは2000年に離婚しており、都内のマンションで独り暮らしだった。近くには親しい親族はいなかったようだ。

 11月5日には東京・渋谷C.C.Lemonホールで、南こうせつ、葉加瀬太郎、渡辺美里と大腸がん撲滅キャンペーンコンサートを行い、12月4日から上演される舞台「パッチギ!」の音楽も担当する予定だった。舞台関係者によると、舞台のための新曲を何曲か作る予定だったが、志半ばで帰らぬ人となった。

 ◆加藤和彦(かとう・かずひこ)1947年3月21日、京都市生まれ。1968年、ザ・フォーク・クルセダーズの最初のシングル「帰って来たヨッパライ」が大ヒット。その後、南北分断の悲しみを歌った北朝鮮の曲「イムジン河」が政治的な配慮から発売中止に。ソロ転向後は北山修と連名の「あの素晴しい愛をもう一度」が大ヒット。ギタリストの高中正義らと結成したロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」で海外進出。作曲家、プロデューサー業のほか、スーパー歌舞伎の音楽担当など幅広く活動。06年には木村カエラを迎え、サディスティック・ミカ・バンドを再結成、07年にはアルフィーの坂崎幸之助とのデュオ「和幸」を結成した。

1. 加藤和彦 - Wikipedia

2. 加藤和彦 | Sony Music
3. SHINSEIDO SHOPPING SITE | 加藤和彦
4. Yahoo!ミュージック - 加藤和彦 - アーティスト情報
5. 加藤和彦師匠


posted by ぴかまま at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。