2009年10月26日

のりピー出るか離婚宣言 「夫婦で更生」高い再犯率…26日初公判

のりピー出るか離婚宣言 「夫婦で更生」高い再犯率…26日初公判

 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された女優・酒井法子被告(38)の初公判が26日午後1時30分から、東京地裁425法廷で開かれる。夫・高相祐一被告(41)の初公判では、同被告の母親への手紙で「家族3人でまた暮らしたい」と夫婦で更生する意思を伝えたとされたが、法廷でも離婚を否定するのか注目される。また、芸能界復帰など、今後の生活設計をどのように裁判官に訴えるかもポイントになりそうだ。

 この夏、芸能界の話題を独占した酒井被告の初公判が開かれる。

 注目は高相被告との今後の夫婦関係。酒井被告をサポートする都内の建設会社会長(72)によると、同被告は逮捕前、芸能界を引退し、夫とも離婚して、継母(62)と長男(10)と3人で暮らす意向を示したという。しかし、逮捕後の取り調べでは「ここを出たら、夫と息子と3人で静かに暮らしたい」と離婚を否定するなど二転三転。

 高相被告も21日の初公判で、親子3人での暮らしを「僕も望んでいます」と話した。

 ところが、酒井被告の周辺では、高相被告が初公判で「そうっすね」などと若者言葉を使い、反省の態度が見られなかったことで「覚せい剤に手を染めた夫婦が高い再犯の危険性を乗り越えてやっていけるのか」と心配する声が強まっている。酒井被告は、それでも法廷で夫婦での更生を誓うのか、それとも離婚を宣言するのか。

 また、芸能界復帰を希望するのかもポイントだ。まず、人定質問で「職業は?」と聞かれ「女優です」と答えるのか、押尾学被告(31)のように「無職です」と答えるのか。酒井被告に近い関係者は「仮に執行猶予3年なら、3年は芸能活動をすべきではない」と話しており、法廷では芸能以外の仕事や、社会奉仕活動を行う意向を示す可能性がある。

 ほかにも、高相被告の初公判で出た「沢尻エリカさんをご存じか」など、芸能界の交友関係に関する質問が飛び出すのか。高相被告は、覚せい剤を持ち歩いていた理由を「自宅に置いておくと、自分がいない間に法子が隠れて使用すると思った」と常習性をうかがわせる説明をしており、夫の初公判が妻の初公判に影響しそうだ。

 ◆相澤相談役は地裁行かない ○…酒井被告の芸能界における育ての父である前所属事務所「サンミュージック」の相澤秀禎相談役(79)は25日、酒井被告の初公判について「行っても(傍聴)券が取れないでしょう。テレビで見ることになると思います」と地裁には行かない考えを明かした。同被告に対しては「正直にちゃんと話してもらいたい」と希望した。相澤正久副社長(60)も傍聴しないという。同事務所社員が傍聴券確保のために動員されることもないという。

(2009年10月26日06時00分 スポーツ報知)

のりピー、継母が出廷 1か月前に肺がん手術成功、健康面クリア…26日初公判

 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された女優・酒井法子被告(38)の26日に行われる初公判に、弁護側の情状証人として継母(62)が出廷する可能性が24日、高まった。身元引受人でもある継母は肺がんを患っており、健康面に不安を抱えていたが、約1か月前に手術を受け、成功していたことがこの日、明らかに。酒井被告が実母のように信頼する継母だけに、更生を支える決意をどのように語るか注目される。

 史上最大の芸能人裁判といわれる酒井被告の初公判。覚せい剤に手を染め、清純派から一気に転落してしまった人気女優の更生を助ける証人は、継母になりそうだ。

 21日の夫・高相祐一被告(41)、23日の押尾学被告(31)の初公判には、ともに身元引受人である父親が情状証人として出廷。それぞれ息子が薬を断ち切るためのサポートをすることを証言台で誓った。

 酒井被告は9月17日に保釈された際、継母が身元引受人となり、保釈保証金500万円も負担。父・三根城さんは1989年に亡くなっており、継母が情状証人の最有力候補であることは間違いない。

 身元引受人については、継母から前所属事務所「サンミュージック」時代のマネジャーへの変更も一部で報じられた。しかし、酒井被告をサポートする都内の建設会社会長(72)はこの日、変更について「100%ない」と否定。現在も身元引受人は継母であるとした。

 出廷に関して、健康面の問題もクリアされている。継母は肺がんを患っており、8月に手術を受ける予定だったが、酒井被告の「薬を抜くための6日間の逃走」や逮捕騒動で、手術が延期になっていた。

 しかし1か月ほど前、肺を部分切除してがんを取り除く手術を受け、無事に成功。順調に回復に向かっているという。酒井被告も、拘置中に継母の病状を心配しており、手術成功に胸をなで下ろしているとみられる。

 同会長は継母の出廷について「分からない」とコメント。自身が情状証人を務めることは否定した。

(2009年10月25日06時03分 スポーツ報知)


タグ:酒井法子
posted by ぴかまま at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。