2009年11月08日

酒井被告あす判決 依存性どう判断

酒井被告あす判決 依存性どう判断11月8日7時56分配信 産経新聞

酒井法子被告

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元女優、酒井法子被告(38)の判決が9日午前、東京地裁(村山浩昭裁判官)で言い渡される。酒井被告は初公判で起訴内容を認めたため争点は刑の重さに絞られているが、判決では焦点の一つとなっている覚醒(かくせい)剤への依存性の有無がどう判断されるかも注目される。

 検察側は論告で、「数年間にわたって断続的に多数回、覚醒剤を使っており覚醒剤に対する依存性が認められる」として、懲役1年6月を求刑。弁護側は「常習性はなく、自分で覚醒剤を用意したのではない。再犯の可能性も低い」として、寛大な刑を求めている。

 酒井被告は夫の自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)=同法違反罪で公判中=の勧めで覚醒剤を始めたとされるが、10月26日の被告人質問で、離婚する意思があることを示し、高相被告と距離を置くことを強調。介護の勉強や仕事をしながら更生を図る計画を明らかにしている。

★★★

志田未来、ヤンキー演じたい


タグ:酒井法子
posted by ぴかまま at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。